じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 28日

ポーランドに関する本を読む 18

e0070787_23121356.jpg



ピーター・ダフィー著/赤根洋子訳”ビエルスキ・ブラザーズ”読了しました。
こちらは第2次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下のポーランド東部において、
ユダヤ人のビエルスキ3兄弟を中心に構成されたパルチザン組織の戦いの様子と、彼らによる同胞のユダヤ人救出劇、
そして約1200人にも及ぶ当時のユダヤ人共同体の生活振りを紹介したノンフィクション作品です。



e0070787_23211285.jpg


内容的にはどの描写も非常に衝撃的で、とても読み応えがある1冊だったのですが、
個人的には、複雑な内容の海外作品に時々見られる翻訳時における直訳の堅さのようなものを感じてしまったのと、
もともとの文章が「警察に提出するような詳細な事件報告書」のような書き方をしている印象があり、
正直なかなか読み進めることができず、1日にせいぜい2ページから4ページくらいを読むのがやっとで、
実はこの本の読了には約4ヶ月ほどかかってしまいました(汗)。


感想は、あの大変厳しい戦時下で、よく1200人ものユダヤ人の同胞を守り通していけたと、
彼らの大変な努力と
屈強な精神力及びリーダーシップに目を見張る思いがしました。
けれど同時に
ビエルスキ3兄弟の、よく言えば豪傑、悪く言えば短気で激怒すると見境がなく行動する様子を読んで、



結局、権力というものは、
駆け引きや取り引きが無意味な状況下では、
圧倒的な脅しと暴力を使える者だけが握れるものなのか(T_T)。




と、ちょっとさみしい気持ちにもなりました。



でも、当時のユダヤ人の迫害の様子や、
彼らに対するポーランド人パルチザンやポーランド人農民の態度が詳細に書かれており、
「ポーランド/ポーランド人=第2次世界大戦で甚大な被害を被った可哀想な国/人々」という、
私の中で何となくぼんやりと存在していた意識が少し変わりました。



この本を読んで私の中で樹立された理解とは、


・第2次世界大戦での一番の被害者は「ポーランド人」ではなく「ユダヤ人」(ポーランドはただ平坦な土地で、位置的にも場所的に戦争がしやすかっただけ)。
・私が一方的にただの被害者だと思い込んでいた一般のポーランド人でさえ、”ポーランド系ユダヤ人”に対しては冷酷な態度や
残虐な行動を繰り返していた。
・ただ、全ての非ユダヤ系ポーランド人が
ポーランド系ユダヤ人に対して敵対していたのではなく、自らの意思で彼らの味方につく人々も稀にだが存在していた(ちなみに作品中に出てくるその稀有な人物は、偶然にも我が家と同じラストネームだった。ちょっと嬉しい!)。


の3点でした。



まあ、本来なら仲良くするべきはずの
同胞同士なのに、
蓋を開けてみると実は確執があり色々ないざこざがある、というのは、
当時のポーランドの中に限ったことではないのですが、
ただあまりにもひどいと、まるでこの世の終わりのような感じがしますね・・・。
というか、当時のヨーロッパは既にこの世の終わりに近いものがあったのですが・・・。


何はともあれ、夫の出身国であるポーランドへの見方を変えてくれた、
(というより、今更ながらに第2次世界大戦を学びなおしている、と言った方が正しい・笑)
私にとってはかなり意味のある1冊でした。

[PR]

by japolska | 2018-02-28 09:11 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 02月 27日

面白かった本 10 内山晟氏著 毎日おいしい男の料理

e0070787_23315180.jpg


内山晟氏著”毎日おいしい男の料理”読了しました。


この本は動物写真家の内山氏が仕事の為世界中を旅した際に、
日本から持参した調味料や乾物等と一緒に、
現地の食材を使って海外で何とか日本食を作って食べた話が掲載されていて、
1話約3ページ程度の短編のエッセイをまとめたものですが、
どのお話もユニークですらすらと大変読みやすく、
また海外で日本食を作るいいヒントも沢山書かれていたので、
週末、家にいる時に、ふと手にとって読み始めた1冊なのですが、
あまりにも面白くてそのまま一気に読破してしまいました。


どれも比較的簡単に作れそうで食欲をそそられる内容ばかりだったのですが、
私にとって特に美味しそうだったのが、
”アメリカ人も喜んだ味・大根と鮭缶の煮物”のお話でした。
(↑)しかもエッセイ中の皆さんはこれをごはんの上にぶっかけて「ぶっかけ飯」として食べていました!!!あーもーたまらんです(涎)!!!


大根はいつもアジア食材店で買い求めて冷蔵庫に常備してあるし、
こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルではまだまだ寒い日が続いているので、
近々ぜひ鮭缶を購入してほかほかの日本の煮物を作り、
炊き立ての白いごはんと一緒に堪能しようかなと思います。
(↑)ああ書いていたらめっちゃお腹が減ってきました・・・自分で自分に飯テロ状態です(笑)。




ほっとフォトコンテスト








HOTな食べ物教えて!



[PR]

by japolska | 2018-02-27 09:30 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 02月 24日

佐野サービスエリアで見つけたペットボトル製の花挿しと冬の花

e0070787_23291233.jpg


2017年の12月に佐野インターチェンジに立ち寄ったのですが、
その際女性用の休憩室で、こんな素敵な花挿しを見つけました。
ペットボトルを横にして穴を開け、そこに水と椿が生けられていたのですが、
私には全くこういう発想がなかったので、何だかとても感心してしまいました。


e0070787_23312334.jpg


こちらはペットボトルを縦に半割りしたバージョン。
まだ固い蕾の椿の花の紅がなんだかとても初々しく感じられます。


ちなみにこの上記2つの椿の生け花は、
2017年12月14日の午前に見つけたものです。


e0070787_23340600.jpg


そしてここからの4枚は、翌日の2017年12月15日の午後に、
同サービスエリアの同休憩所にて見つけたものです。
まだ1日しか経過していないのに、既に新しい花が生けられてありました。
右側の針葉樹の小枝が、これから迎えるお正月を感じさせてくれました。


e0070787_23391699.jpg


ペットボトルの横バージョン。生け方が見事です!


e0070787_23400836.jpg


既に開花した山茶花の花。
ふわふわしてまるで羽が重なっているみたい。
2色のコントラストがとても愛らしいです。


e0070787_23410795.jpg



再びペットボトルの横バージョン。
蔓系の植物も上手に使って丁寧に生けられてありました!
ピンクの山茶花が本当に可憐です。


ここからは私の憶測ですが、これらの生け花は、
おそらくこちらの休憩室の清掃担当の方がお花好きで(もしくは家にお花が沢山咲いている?)、
完全にその方のご好意で飾って下さっているのだと思いました。


でも実は私が一番感動したのは、花の美しさや生けられた方のご配慮よりも、
捨てられるはずのペットボトルを大変上手に再利用されていたことでした。
わざわざ花瓶を購入するでもなく、また重い空き瓶をリサイクルするのではなく、
透明で軽量なペットボトルを使用することで、気負いなくまたさりげなく、
このサービスエリアを訪れた沢山の人に爽やかな癒しを与えてくれた、
これらの生け花を用意された方の知恵とスマートさに私は大変感銘を受けました。
柔軟さがある、とか、教養がある、とか、細かい気配りができる、というのは、
きっとこういうことが出来る人のことなんだろうなぁ・・・と、私はしみじみ思いました。



ほっとフォトコンテスト








小さい春、みーつけた!






こーるどふぉとこんてすと



[PR]

by japolska | 2018-02-24 09:27 | 日本 | Comments(0)
2018年 02月 23日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。その4

引き続き、さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」さんで撮影した美猫軍団のお写真をば~♪


ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ < 俺様の美猫フォルダが火を噴くぜ(笑)!!!

e0070787_23270924.jpg
e0070787_23271977.jpg
e0070787_23272980.jpg
e0070787_23273951.jpg
e0070787_23275064.jpg




ほっとフォトコンテスト








小さい春、みーつけた!



[PR]

by japolska | 2018-02-23 09:23 | 日本 | Comments(0)
2018年 02月 22日

久しぶりの散歩

e0070787_00234195.jpg


ここ2日ほど、こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルは、
まるで春のように暖かかったので、
久しぶりに外へ出て散歩をしてみました。

冬になって木々から葉が落ちると、
逆によく目に付くのがヤドリギです。
私はこのヤドリギの存在が何だか好きで、
例え車の運転中でも、路肩の木々にそれらが生えていると、
何となく視界に入れて見てしまいます。


e0070787_00263316.jpg


そして久々に見たレアキャラ、黒猫様です!
この黒猫様は私の散歩コースに極たまに現れて下さるのですが、
もう遠目からでも毛皮がまるでビロードのようにつやつやしているのが分かります。


e0070787_00300931.jpg


この黒猫様は、気が向けば、こちらから呼べば近づいて触らせてくれます。
ただ残念ながら今回はご機嫌斜めだったのか、そのままどこかへ行かれてしまいました(涙)。





小さい春、みーつけた!






ほっとフォトコンテスト








[PR]

by japolska | 2018-02-22 09:23 | アメリカ | Comments(0)
2018年 02月 21日

北国の人たちに関する本を読む 36

e0070787_23252406.jpg



船山馨氏著”お登勢”読了しました。
こちらの本は一昨年ブックオフオンラインにて@108円で購入しました(超破格値です!やったー!)。



e0070787_23282989.jpg



あらすじに関しては、裏表紙の説明文を読んで頂いた方が早いかも!



こちらの作品は、船山文学を敬愛して止まない、及び、
一昔前の北国/開拓史系の大河小説が大好物な私にとっては、




まさにどストライク!!!





な内容でした(笑)。




つーか、お登勢さん・・・あなたは女性ですが、




漢の中の漢!!!




でしたよ(号泣)!!!マジで!!!



個人的には、今まで読んだ船山作品の中では、
一番好きなのは”石狩平野”なのですが、
この作品は船山文学の中で、
一番熱くて行動力がある女性が描かれていると思いました。
おかげさまで順位的には”石狩平野”の次に好きな作品になりました!!!



ちなみにこの作品で一番男らしかったのは、
お登勢の最愛の夫である貢でもなく、
旧徳島藩で北海道へ移住した元士族たちではなく、



紆余曲折あってお登勢の手に落ちた、
北海道原野を自由に走り回っていた、
元・野生馬のオテナでした!!!

(↑)この馬とならワタクシ結婚してもいい!!!と本気で思えるくらい、もうもうめっちゃカッコよかったです!!!



この他にも、しみじみと感動させられたのは、
やはり船山氏の並々ならぬ文才力及び表現力でした。



特に私が感銘を受けたのは、
意に沿わない北海道移住を強いられ、
士族としての特権や温暖な故郷での生活を捨て、
移住後は失火で財産全てを失った上に、
裸同然で北国での想像を絶するような過酷な生活に耐えなければならず、
しかも開拓使本庁からも殆どサポートも受けられず、
体も心もプライドもボロボロになってしまい、
心底故郷に戻りたいと思い行動に移し始めた帰脱者たちのことを、



彼らは凍てついた不毛の沼地に、
飢えながら羽を寄せ合っていた南の鳥である。
何羽かが飛び立てば、浮き出したって算を乱し、
陽ざしの豊かなふる里の空へ向かって、
一斉に飛び去ろうとするのは当然であった。




と比喩されていた部分です。
この2文を読んだ時、私は膝を折って何かに祈りたくなるくらいの、
静かで満ち足りた気持ちになることができました。



それにしても、こんな素晴らしい本がたった@108円で読めたなんて(号泣)!!!


というか、船山馨先生、、、
本当に本当に大好きじゃー(T_T)!!!





私の中では今のところ世界で一番愛して止まない小説家です。
ああもう恋して止まず超片思い状態で毎日がごっつ切ないです(笑)。


ちなみにこちらの”お登勢”を読み終わった直後から、
”続・お登勢”も既に読み始めています。
こちらの作品についても、読み終わったら感想(というか雄叫び・笑)をこちらに記載していきたいと思います。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る

[PR]

by japolska | 2018-02-21 09:24 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 02月 20日

北国の人たちに関する本を読む 35

e0070787_03091441.jpg


講談社 青い鳥文庫 バーネット著 ”小公女” 読了しました。
こちらの本も某図書館から無料♪でお借りする事ができました。
o(≧▽≦)o <関係者の皆様、いつも素晴らしい本をありがとうございます!


このお話は、インドからイギリスの学校に入った少女の、
潤沢で豪華な身の回り品に囲まれて過ごしたプリンセスと呼ばれた時期から、
父親の死去によって無一文になり、全てを取り上げられ学校の小間使いとして酷使された2年間を経て、
ふとしたきっかけから、また莫大な財産を引き継いでまたプリンセスに戻るといった、
もーどう短くまとめても波乱万丈すぎる人生を描いた児童向けの1冊だったのですが・・・、




。・゚゚・ヽ(≧Д≦)ノ ・゚゚・。 < もうね、号泣モンですよ(涙)!!!





つーかワタクシ、今までの人生で、世界の名作読まなすぎですわ(汗)!!!



でも日本語の本がたやすく手に入らない状況になって、
日本語の本を心から愛して止まない者として、
今回は身を切られるように気がつかされましたね・・・。



無料で世界中の名作が借りられる、
学校や街中の図書館というものが、
子供の学習&教育及び大人の心の拠り所として、
どれだけ貴重な存在なのか!!!




ということを・・・(T_T)。 



えー、なにはともあれ話を戻すと(笑)。
このお話も世界的に超☆有名なので、
あらすじや詳細は省かせて頂きますが、
主人公のプリンセス・セーラは、このお話の中では、
まだ幼さが残る10歳前後の設定だったにも関わらず、
例え目上の敵対する相手にでも、
自分が真実だと思ったことは恐れずに口に出して主張し、
また逆に、自分より恵まれない人たちには、
自分が不利益を被ることになっても、
温かく優しい気持ちと深い敬意を持って施しをするといった、
いい意味で揺るぎなくまた誇り高い女王様の精神に、
私は大変感銘を受けました。


[PR]

by japolska | 2018-02-20 09:41 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 02月 17日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。その3

年末年始の里帰りの際、
地元の猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきたのですが、、、



憧れの美猫軍団に囲まれたおかげで、
ひとりで感動の変な嗚咽声を上げながら、
ただただひたすら写真を撮りまくっておりました(笑)。





いやもうよかったよ私が女でA○Bとか好きな男子じゃなくて・・・。




もしそうだったら、私は間違いなく、
下手すると警察に通報されかねないほどの、
めっちゃ濃いカメラ小僧
になっていたことだと思います(汗)。




えーなにはともあれここからは、



丸1時間かけて撮りまくった美猫様たちのお写真を貼り、
黙ってその崇高な美しさを鑑賞するコーナーになります!
※このシリーズは写真が無くなるまで続けられます。



e0070787_00314705.jpg

e0070787_00321431.jpg

e0070787_00322790.jpg

e0070787_00323952.jpg

e0070787_00325105.jpg






ほっとフォトコンテスト





[PR]

by japolska | 2018-02-17 09:21 | 日本 | Comments(0)
2018年 02月 16日

ギリシャヨーグルトチョコチップ&ナッツ入りバナナケーキを焼く

e0070787_00034213.jpg



セールで卵とヨーロッパスタイルのバター、
及びギリシャヨーグルトチョコチップが半額だったのと、
見切り品の熟したバナナとダークブラウンシュガーが激安だったので、
家にあった胡桃やマカダミアナッツも使い、
ギリシャヨーグルトチョコチップ&ナッツ入りバナナケーキを焼いてみました。


e0070787_00071767.jpg




基本のパウンドケーキ生地(卵3個、バター/小麦粉/砂糖 各120グラム)から、
バナナとチョコの甘さを考慮して、砂糖を半分の量に減らし、
上記4種類の材料をボールに入れよく練りあげてから、
荒く刻んだバナナ4本分とチョコチップ及びナッツを適当に投入。
全体をさっくり混ぜたら、クッキングシートを敷いた型に流し込み、
飾り付けとして上からバナナのスライスを並べてみました。


e0070787_00104731.jpg



約380Fのオーブンで焼く事約30から40分。
しっかり焼色が付いた手作りバナナケーキが出来上がりました!


e0070787_00121126.jpg



断面はこんな感じです。
まーお世辞にも美しいとはいえませんが(笑)、
口にしてみると周りのカリカリ部分と、
たっぷりと入れた中のバナナのねっとりした食感の対比が面白く、
また砂糖控えめ&バナナのあっさりした自然な甘さと、
グリークヨーグルトチョコチップの爽やかな酸味、
そして2種類のナッツの香ばしさの組み合わせが絶妙に合っていて、
手前味噌ながらも大変美味しいケーキに仕上がっていました。
あっという間に2人で半分くらい簡単にぺろりと食べてしまいました。





HOTな食べ物教えて!






ほっとフォトコンテスト





[PR]

by japolska | 2018-02-16 09:02 | 世界のテーブルから | Comments(6)
2018年 02月 15日

アメリカで9種類の唐辛子を使って日本の北国の発酵調味料・三升漬けを作る 仕込み編

e0070787_23325051.jpg



アメリカで9種類の唐辛子を使って日本の北国の発酵調味料・三升漬けを作るプロジェクト2年目&第2弾!
今回は唐辛子の他に準備した材料及び仕込みの方法のご紹介です。


調べてみると三升漬けという名称は、
唐辛子醤油をそれぞれ1升づつ合わせて漬け込んだ事が由来とのこと。
たった3つの材料と十分な時間そして清潔な環境さえあれば、
ただ放置しておけば非常に美味しい調味料の出来上がりなので、
ズボラで楽が大好きだけど美味しいものに目がない私にまさにぴったんこの方法だと思いました(笑)!
(↑)こういう手間がかからず長期保存が出来る食材大好きです!!!



という訳で今回は、前回の里帰り時にインターネットで取り寄せた乾燥麹に、
頂き物の(我が家にとっては)超高級生醤油を惜しげもなく使って仕込みます。
(↑)せっかくの機会なのでこういうお金は惜しみません(笑)!!!



e0070787_23412655.jpg




えー去年の手痛い失敗を踏まえ、今回何よりも気をつけたのは、





雑菌の混入





でした!!! 



去年はこれによる失敗により、
ある意味まる2日寝込んだので、←1日目:素手で唐辛子を扱い手が大火事に。2日目:失敗のショックで撃沈&沈没☆。
年齢を重ねて日増しにダメージに弱くなってきているワタクシにとって、
もう同じような失敗は許されません(T_T)。



という訳で今回は、たまたま我が家にあった薄手の布手袋と、
100円ショップで購入してきたゴム手袋を2重に装着して作業に取り掛かりました。



e0070787_23453776.jpg



徹底的に熱湯消毒したまな板、包丁そしてボールを使用し、
これまた全体に軽く熱湯消毒した唐辛子を細かく刻みました。
全部刻んでボールに入れた様子が上記写真です。
ちらちら垣間見える赤とオレンジの唐辛子の色が大変愛らしいです。



e0070787_23472607.jpg




そしてこの刻み唐辛子軍団に、
前述の乾燥麹と生醤油を加えた様子がこちら。
うーん、ちょっと生醤油が少なかったかなー(汗)。
というより、ちょっと唐辛子の量が多かったかもしれません。←調子に乗って買い過ぎましたw



e0070787_23494274.jpg



そしてビニール袋に入れた姿がこちら。
前回は熱湯消毒した瓶に入れたら、消毒のレベルが甘かったせいか、
残念ながら雑菌が混入して失敗してしまったので、
今回は過去の成功率100%の未使用のビニール袋に入れて保存&発酵させることにしました。


ビニール袋の中で熟成していく様子については、
また後日ご紹介させて頂きます。





HOTな食べ物教えて!



[PR]

by japolska | 2018-02-15 10:32 | 海外和食事情 | Comments(0)