人気ブログランキング |

じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日本( 190 )


2018年 06月 30日

天然温泉 花咲の湯へ行ってきました(埼玉県上尾市)

e0070787_01354560.jpg



昨年の年末年始の里帰りの話題で恐縮ですが。


日本へ行ったら、とにかく温泉に浸かって身も心も癒されたかったワタクシ(笑)。
でも長期で温泉旅行に行ける程の財政的余裕など全く無く、
だけど少しでも旅気分を味わいたい!ということで、
訪れる人が少ないであろう平日の午前中を狙って、
実家から通える範囲にある数件のスーパー銭湯に行って参りました。


その中の1件がこちら、埼玉県上尾市にある、天然温泉 花咲の湯 です。



e0070787_01403493.jpg



道路側から見た出入り口です。
見た目は何だかインド料理屋さんっぽい印象を受けるのですが・・・、



e0070787_01465237.jpg



でも実際の建物への出入り口の表示はこんな感じで、
ちょっと高級感溢れるスパリゾートみたいでした。



e0070787_01474674.jpg



中に入ると、オリエンタルというかアジアチックというか、
若い女性に好まれるようなすごく素敵で綺麗な造りになっていました。
これだけでも海外旅行気分が十分味わえてお得な気分になれました(笑)。



e0070787_01492856.jpg




お風呂場での出入り口はこんな感じです。
さすがに中の撮影は出来ませんでしたが、
色々なお風呂があって十分楽しめました。



e0070787_01501770.jpg




受付周辺はこんな感じです。
若い女性のスタッフの方が感じよく接客してくれて、
とても気持ちよく利用することができました。



e0070787_01510517.jpg



私は今回何も食べなかったのですが、
軽食&食事処で提供される食事のメニューの中には、
東南アジアっぽい料理も沢山あり、
どれもとても美味しそうでした。


また清潔で安心して仮眠ができる休憩室もあり、
無料でゆっくり横になることができました。
ちなみに私はこの休憩室で2時間ほど熟睡したのですが、
去年1年間でこの時が一番心から安らげた時間でした(笑)。


東南アジアへの海外旅行気分が味わえて、
しかも1日中お風呂が入り放題&昼寝し放題の楽園が、
なんと850円で堪能できる最高の場所でした。
これがアメリカだったらゆうに10倍はするでしょうね・・・(苦笑)。
次回の里帰り時でもぜひまた訪れたいと思いました。


天然温泉 花咲の湯
http://hanasakispa.jp/


by japolska | 2018-06-30 09:33 | 日本 | Comments(0)
2018年 06月 21日

2017年12月25日 来生たかおさんのコンサートへ行ってきました(日本・渋谷)

e0070787_23152684.jpg



半年ほど前の話題で恐縮ですが、2017年12月25日(月)に、
東京・渋谷にあるBunkamuraというコンサートホールで開催された、
私の心から敬愛して止まない作曲家&歌手の来生たかおさんのコンサートへ行ってきました。


さすがクリスマス当日とあって、渋谷駅周辺は大変な盛り上がりでした!
上記写真はデパートの前に飾られてあったクリスマスツリーです。



e0070787_23185791.jpg




東京・渋谷にあるBunkamuraコンサートホールの入り口です。



e0070787_23195669.jpg




中に入って掲示板を見て、念の為に詳しい居場所の確認です。
もうこの表示が私を既に幸せにしてくれます(笑)。



e0070787_23205750.jpg



私は数年前から、アメリカからの年末年始の里帰りの際、
来生さんのクリスマスコンサートが都内で開催されるなら、
出来る限り日程を調整し、チケットを予約して、
来生さんの素敵な歌声及びチャーミングなトークを聞くようにしています。
これが私の1年間の中で何よりも楽しみにしているイベントなのです。



e0070787_23255633.jpg



オーチャードホールの入り口です。
開場の20分くらい前に到着したのですが、
既に長蛇の列が出来ていました。



e0070787_23271943.jpg



受付を済ませてホールを見回すと、
こんなナイスな大看板が立っていました!
私はもうこのCDは持っているし、
CD&DVDの販売ブースにある商品も既に全部入手しているので、
今回は何も買わなかったのですが、
この日にCDを購入すると、おまけでポストカードがもらえたようです。
うわー、ポストカード、めっちゃ欲しかったです(涙)!


実際のコンサートは、正直毎年ほぼ同じ感じなのですが、
やはり素晴らしい歌声とおっとり優しいトークに大変癒されました。
特に印象に残ったのは、今回のコンサートでは、
「コンサートで歌うのはこれで2回目」という、
南野陽子さんに提供した「さよならのめまい」を歌って下さっていました。
非常にレアな曲を生唄で聴けてとっても嬉しかったです。



e0070787_23340722.jpg



今まで足を伸ばした来生さんのコンサートのチケットは、
当日もらったフライヤー等と共に大切に保管してあります。
数えてみると2007年から2017年の間の10年間で、
来生さんのコンサートに5回行った模様です。
その中でも2015年に同じくBunkamuraオーチャードホールで行われた、
デビュー40周年を記念して開催されたフルオーケストラのコンサートは、
私の人生至上最高に素晴らしいコンサートでした。←もちろんこのコンサートを収録したDVDも速攻購入しました!


ちなみに上記写真の真ん中にある封筒は、
前回の里帰り時に、アメリカに帰国する直前に、
来生さんに出したファンレターのお返事です!


実はこちらからのお手紙の中に、


「図々しいお願いというのは百も承知なのですが(汗)、
切手貼付済みの返信用封筒を同封させて頂きますので、
お手数ですが来生さんの周りにある適当な紙で結構ですので、
何か一言書いて送って頂けますでしょうか。
私はそれをアメリカで宝物として大切にします。」


と書いてポストに投函したら、
何と今年の2月14日のバレンタインデーに、
来生さんからのお返事が我が家のポストに届きました!
ポストに封筒を見つけた瞬間、頭の中が真っ白になり、
その夜は嬉しすぎてなかなか寝疲れなかったのを覚えています(笑)。


余談ですが、来生さんに手書きのファンレターを送る際、
一体どこに送っていいのか分からなかったので、
来生さんと関連のありそうなウェブサイトにある連絡先に片っ端からメールしてみたのですが、
唯一返事があったのは、来生さんのご子息の孝平様からでした。
ご子息の孝平様は非常に丁寧にご連絡をくださり、
「自分のところに送ってくれれば父に渡す」との事だったので、
そのご好意に甘えてお手紙を送らせて頂きました。


この孝平様からのご連絡も含め、手元にある来生さん関連のものや、
コンサートに関する思い出は、私の中ではかけがえのない一生の宝物です。




by japolska | 2018-06-21 09:13 | 日本 | Comments(0)
2018年 05月 09日

空港内でのちょっとしたマイブーム

e0070787_23370349.jpg


成田空港第1ターミナルにて。


出国手続き窓口及び税関等も全て通り抜け、
あとは飛行機に乗るだけ、という段階になると、
お土産屋さんや本屋へ立ち寄る前に、
私にはちょっとしたお楽しみが2つ程あります。



e0070787_23391588.jpg


まずは上記写真の海外感染症情報ブースです。
こちらにて最新の海外感染症情報を知るのがまずひとつ。


e0070787_23402194.jpg



そしてもうひとつが、税関から提供される、
「こんなもの持ち運びしたらアカンよ!」の展示ケースです。


e0070787_23402969.jpg


うーん、この展示されている偽物のバックは、
どう見ても手を抜いて作られた感が強いので、
さすがに偽物だと見分けがつきやすいですが・・・、


e0070787_23403525.jpg


こちらのグッチの財布は、もう私には見分けが付きませんね(汗)。


e0070787_23404319.jpg


こちらにはアオウミガメのギターも展示されていました。
ギターの本体がなぜ亀の甲羅である必要性があるのか、私には全く理解が出来ません。


e0070787_23405027.jpg


そしてその他にも、絶滅危惧種を利用して作られた剥製品も多数展示されていました。


それにしても、家にワニなんて飾って楽しいものなのでしょうか・・・。
また、大蛇の皮を使った楽器なんて、常識で考えたら不気味で使えんでしょうに・・・。


でも、私がこういう物を扱う税関の展示コーナーになぜか強く惹きつけられるのと同様に、
昔から引き継いだ人間の古い価値観というものは、なかなか変わらないものなのかもしれません。



by japolska | 2018-05-09 09:36 | 日本 | Comments(0)
2018年 05月 02日

久しぶりの実家の猫のかあちゃん

e0070787_00414977.jpg


自分の中の猫度がかなり低くなってしまったので、
去年撮影した実家の猫・かあちゃんの写真を掲載しておきます。
やっぱりこの目つきの悪さは私にとってはたまらなく可愛いです。


by japolska | 2018-05-02 09:40 | 日本 | Comments(0)
2018年 04月 06日

ラーメン巡礼記 その7(喜楽/東京都渋谷区)

e0070787_22300286.jpg



久しぶりのラーメン巡礼記は、東京都渋谷区にある喜楽です。
日本への里帰りの際、渋谷駅周辺に行く予定があったので、
今回は遅いお昼ごはんを取る形で、こちらのお店に立ち寄りました。



e0070787_22315097.jpg



渋谷駅周辺に数あるラーメン店の中から、なぜこのお店を選んだかというと、
インターネットで「渋谷 ラーメン お勧め」と検索してみると、
殆どのお勧めサイトでこのお店を上位に上げていた事と、
創業から半世紀以上の歴史を持つ東京を代表する老舗ラーメンとの事だったので、
それならせっかくなのでぜひその味を堪能してみたいと思い、
この日は朝から何も食べずに思い切りお腹を空かせてやってきました(笑)。←いじきたなさMAXですw



e0070787_22365701.jpg



お昼もだいぶ過ぎていたにも関わらず、
お店の外には私の他に男性が3人並んでいましたが、
回転が早いのかあっという間に自分の番が来て、
お店の人に2階の席に着くように案内されました。


店の中には日本人だけではなく、
外国人観光客の姿もたくさん見受けられました。
どうやらかなりの有名店な模様です。


今回私は数あるメニューから、
多くのラーメンお勧めサイトで紹介されていた、
もやしワンタン麺をチョイスしました。
たっぷりのもやしが嫌が応にも食欲をそそります。



e0070787_22460557.jpg



麺は私好みの食べ応えのあるもちもちタイプの太麺でした。
さすがに老舗&評判だけあって大変美味しかったのですが、
個人的にはラーメンの太さに対して、ちょっとスープ、というか、
全体の味付けがあっさりしすぎてしているような気がしました。←私はどちらかというと豚骨や味噌が好きなので。
この麺だったらさっぱりの東京醤油味ではなく、もう少しパンチの効いた濃い目の、
北海道系味噌味だったらもっと自分の好みなんだけどなぁ~、と思いました。


渋谷で東京を代表する美味しいもやしワンタン麺が食べられる老舗のラーメン屋さんはこちら


中華料理 喜楽
東京都渋谷区道玄坂2-17-6
03-3461-2032
https://tabelog.com/en/tokyo/A1303/A130301/13001705/




by japolska | 2018-04-06 09:28 | 日本 | Comments(0)
2018年 04月 03日

海鮮亭・高はしへ行ってきました(埼玉県さいたま市 大宮魚河岸卸売市場内)

e0070787_21533044.jpg


去年の年末年始の里帰りの際、
近所のスーパーの店頭にあった無料冊子の中に、
上記のようなクーポンが入っていたので、
新鮮で美味しい海鮮物に飢えていた私は、
弟を誘って早速行ってみることにしました。


e0070787_21551463.jpg


こちらが埼玉県さいたま市の大宮魚河岸卸売市場内にある海鮮亭・高はしさんの店頭です。
美味しそうなサンプルがこれでもか!と並んでありました(笑)。


e0070787_21564133.jpg



私達は今回クーポンを持参したのですが、
どうやらクーポンが無くても上記のランチメニューは注文できるらしく、
店頭には分かりやすいようにきちんとディスプレイが施されてありました。


e0070787_21582619.jpg


こちらが今回私が注文したランチセットです。
アジフライが2枚に鮪の中落ち丼、そしてお味噌汁と香の物がついて@1,000円(税別)でした。
クーポンを提示する事でもらえるソフトドリンクのサービスは、お店の人に頼んだら、
「あそこにあるサーバーから好きなのをどうぞ」と言われたので(笑)、私は野菜ジュースを1杯頂きました。


e0070787_22004158.jpg


こちらが弟が注文したランチセットです。
大きな牡蠣フライと3色丼で値段は同じの@1,000円(税抜)でした。
ちなみに弟が注文したソフトドリンクはウーロン茶です。


私達が訪れたのは週末の土曜日だったので、
店内は座る席が無い程に混雑していました。
メニューの内容は全体的に若干量は抑え気味という印象がありましたが、
食べ終わってみるとちょうど満腹になるくらいでした。
男性でも普通に満足できる量ですし、女性でも残さずに完食できるかと思います。


埼玉県さいたま市でお得に美味しいフライ魚鮮丼のセットを堪能できるお店はこちら


大宮市場 海鮮亭 高はし
埼玉県さいたま市北区吉野町 2-226-1
048-653-8899
http://kaisentei-takahashi.com/




by japolska | 2018-04-03 09:51 | 日本 | Comments(2)
2018年 03月 31日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。超個人的感想&総括

e0070787_00300939.jpg


ここ数週間にかけて、去年の年末に訪れた、
さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」さんで撮影した、
それはそれは愛らしい美猫軍団様のお写真を掲載させて頂きました。



今日は生まれて初めて猫カフェという場所に訪れて感じた、
超個人的な感想と総括を書かせて頂きます。



まずは総括としては、



「珍しくて可愛らしい高級猫様たちに触れ合えてすごく楽しい1時間だった!
でもこの先私が猫カフェに再訪するかどうかと問われたら、
もうこの1回で十分という気がするので、誰かに誘われない限りもうないかな。」




という感じでした。
こう思った理由は以下の3つです。





1:思ったより仔猫が近くに来てくれない!!!




e0070787_00370809.jpg



私は猫が大好きなのですが、普段の生活では殆ど猫に触れ合えるチャンスがないので、
この機会にきたら小さくて可愛らしい仔猫たちに囲まれてウハウハしてみたかったのですが(笑)、
蓋を開けてみると仔猫達は実に注意深くて、殆どの仔猫上記写真のように物陰に隠れてしまい、
カメラを片手にギラギラと己の欲望を超丸出しした見るからにアブない人間の側にはちっとも近づいて来てはくれませんでした・・・(涙)。



e0070787_00420601.jpg



まあ、よく考えると、仔猫が見慣れない人間に対して臆病になるのは当たり前なんですけどね・・・。
その代わりに上記写真のお方のような、百戦錬磨と思われる大人の美猫様たちの何匹かが、
積極的に膝の上に乗ってきて、私が今まで見た事がないくらいの甘えっぷりで接してくれたので、
「こ、こんなに人懐っこい猫が地球上に存在したのかぁぁぁぁ~!」とめっちゃ感動させられました(笑)。
※我が家で歴代飼っていた猫はどれも非常にクールなお方ばかりだったので、甘え上手の猫というのには出会った事がなかったのです。



2:動物系酢的刺激香がすごかった!!!




えーこれは完全に個人差がある感じ方だと思いますが、
今回私は上記の現象に大変驚かされました・・・(汗)。



まあ、考えてみれば、猫という比較的匂いの強い生き物が、
かなり限定されたスペースに多数存在するという事実を踏まえると、
まあ、自然な現象かもしれませんし、当然と言えば当然なのですが、
お店の扉を開けて中に入った瞬間、



!!!!!←あまりの強烈な香ばしさに反射的に息を止める
え、な、何でこんな強い匂いがするの!?
うわー、私、来なけりゃよかったかなぁ。
つーか、私、こんな中でお茶なんか飲めるんか?
その前にこんな匂いの中1時間もいられるか?」




と、思ってしまいました・・・(涙)。



これは本当に慣れの問題だとは思いますし、
私もしばらくしたら鼻が慣れてきて大丈夫になったんですが、
でも、、、正直自分の本能がどこかで、
違和感というか残念な気持ちというか、
何となく不安を覚えるような意識を感じたのは事実でした。



3:ホームページに記載されていた料金よりも多い支払いを求められた!!!




これは未だに私の中でも、どうしても計算的に合わずに、
納得できない気持ちでいるというか、もんもんとさせられているのですが、
事前に調べた金額よりも多い代金を請求された印象がどうしてもぬぐえずにいるのです。



e0070787_02263162.jpg



こちらが猫の部屋・セイワさんのホームページです。



私は今回、午後から予定があったので、
開店の11時半ちょうどからきっかり1時間だけこちらに立ち寄って猫と遊ぼう!と思い、
お店が開く10分くらい前に到着し、開店時間を待ち、
開店と同時にお店の中に入れてもらい、受付を済ませてから、
12時半少し前に部屋から出て清算をしてもらったんですけどね・・・、



e0070787_02275138.jpg





ホームページ上には、1時間800円と書いてあったので、
上記の料金を支払おうとしたら、レジの方から、


「1,300円です。」







とのお答えが。




つまり、私が想像していた料金より500円高い料金を請求されまし




まあ、私もその時、すぐにでも、




「あれ、ホームページには800円と書いてあったと思うんですが・・・?」




と確認すればよかったんですが、電車の時間が迫っていたし、
私も自分で勘違いしていたのかもしれない、と思い、
そのまま1,300円を素直に支払ってしまいました。
(ちなみに領収書も発行されませんでした。後から考えてみたらこれもきちんと渡してもらえばよかったです。)



でも後程改めてホームページを確認してみたら、
ホームページ上の表記をそのまま素直に解釈すると、
私の頭ではどうしても、やはり1時間の滞在は800円としか理解できず・・・(涙)。



「うーん、ホームページの内容をもっと深読みすると、
最初の30分は500円で、その後の1時間は800円、
だから1時間滞在だと1,300円かかるという風に計算も出来ないことはないんだけど、
でもそれならそうともっと誰の目にも理解できるように分かりやすく記載するべきだと思うし、
お店の人も最初にそういう風に説明して客に理解してもらう義務もあったと思うんだよね・・・。
でもそういう事が全く無く、帰りがけにさらっとこの金額を請求されたということは、
もしかして私、初めての客だということで、上手く○ったくられた(笑)!?



という気持ちが未だに自分の中に残っていて、この楽しかった時間を思い出す度に、
同時に何とも愉快なような、でも何だか物悲しい気分にもなってしまうのです・・・(T_T)。
※私の解釈に間違いがあるかもしれません。こちらを読んだ数学に強い方で、この問題を解ける方がいらっしゃいましたら是非正しい計算方法のご教授をお願い致します(笑)!!!




何はともあれ、これからの私の猫ライフの結論としては、相も変わらず、



・里帰り時に実家のかーちゃんを可愛がりまくる
・猫がいる家にお邪魔する機会ががあり、飼い主さん及び猫本人の許可を得られたら、常識の範囲内で触らせてもらう
・外を歩いている猫に何とか相手にしてもらう




の3つの方法のみとなりそうです(笑)。


by japolska | 2018-03-31 09:46 | 日本 | Comments(0)
2018年 03月 24日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。その8

引き続き、さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」さんで撮影した美猫軍団のお写真をば~♪


(๑• ̀д•́ )✧ < そろそろマイ美猫写真フォルダの勢いが衰えてきたので、来週当たり感想&総括をまとめマッスル!!!


e0070787_22514869.jpg
e0070787_22521855.jpg
e0070787_22522979.jpg
e0070787_22524019.jpg
e0070787_22524929.jpg



by japolska | 2018-03-24 09:48 | 日本 | Comments(0)
2018年 03月 17日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。その7

引き続き、さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」さんで撮影した美猫軍団のお写真をば~♪


ヾ(*ΦωΦ)/ < 寒い季節の週末はお部屋の中で温かい飲みものと本と猫でまったりニャー♪

e0070787_21555045.jpg
e0070787_21561190.jpg
e0070787_21562663.jpg
e0070787_21563659.jpg
e0070787_21564654.jpg


by japolska | 2018-03-17 09:51 | 日本 | Comments(0)
2018年 03月 10日

2017年12月25日 さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」へ行ってきました。その6

引き続き、さいたま市東大宮駅近くにある猫カフェ「猫の部屋セイワ」さんで撮影した美猫軍団のお写真をば~♪

(●ↀωↀ●)✧ < この世で一番美しい動物・猫様のお姿を見る時は、襟を正して刮目せよ(笑)!!!

e0070787_23120268.jpg
e0070787_23121891.jpg
e0070787_23132915.jpg
e0070787_23134218.jpg
e0070787_23135101.jpg




ほっとフォトコンテスト








小さい春、みーつけた!




by japolska | 2018-03-10 11:09 | 日本 | Comments(0)