じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 25日

2年目に突入!BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(渋谷駅編)

e0070787_23065458.jpg



年末年始の里帰りの際、アメリカから持ってきた本を、
BOOKCROSSING(ブッククロッシング)というサイトに登録してから、
私が訪れた関東平野内の各地に放流しました。


BOOKCROSSING(ブッククロッシング)に関しての詳細はこちら(↓)

BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(前編)
https://japolska.exblog.jp/25370000/



5冊目は日本でも屈指の有名駅である渋谷駅からになります。



e0070787_23080216.jpg



放流したこの日はクリスマス・イブもあってか、
午後の渋谷駅周辺は大変な混雑振りでした。
特にこのハチ公の銅像には、沢山の外国人が、
記念写真を撮影するために長蛇の列を作っていました。



e0070787_23102644.jpg



早速手持ちの本の放流場所を探してみたのですが、
防犯上の理由もあるのか、よくよく観察してみると、
駅の周りは各方面に人々が行き通いやすいようにきちんとした歩道は整備されているものの、
例えば、人々がゆっくり座って何かが出来るようなしっかりしたベンチ等は皆無でしたし、
植え込みの縁なども斜めになっていて、人々が荷物等を置けないように作られていて、
残念ながら駅前で人々が長居できない絶妙な作りになっていました。


なので今回はハチ公側の、人々がちょっと腰を掛けて小休憩できるような、
植え込みに沿うように張られたバーの上にバランスを取らせつつそっと置いてきました(笑)。←絶対落ちるだろこれw



e0070787_23280844.jpg



今回放流した本は、あの天下の渋谷駅からの旅立ちということで、
放流予定の中で一番面白かった本を選びました(笑)。←自己満足ここに極まれりですw
個人的には上記の江戸川乱歩の本はかなり面白かったです。
機会があったら他の作品もぜひ手にして読んでみたいと思います。



[PR]

# by japolska | 2018-05-25 10:05 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 05月 24日

アメリカのアマゾンにて、自分のお財布の中身を全く傷めないで、実質USD$0で日本語の本を購入し、日本からアメリカまで送ってもらう方法について(事前準備要&各種制限アリ)現物編

先週よりこちら(↓)の記事から、



アメリカのアマゾンにて、自分のお財布の中身を全く傷めないで、実質USD$0で日本語の本を購入し、日本からアメリカまで送ってもらう方法について(事前準備要&各種制限アリ) 導入編
https://japolska.exblog.jp/27280501/



アメリカ在住者が少しでも安く、紙ベースの日本語の本を入手する方法の新シリーズをご紹介させて頂いていますが、



今回はその現物編となります!!!



e0070787_23193230.jpg





今回私がアメリカのアマゾンから、
日本の個人商品手配業者に発注を出した、
日本語の紙ベースの漫画本は上記2冊でした。


なぜ上記2冊を注文したかというと、
前回の里帰りで、安かったから試しに購入してみた、
上記作品の1~3巻が私にとっては非常に面白く、←これ読んだら間違いなくハンバーガーを食べたくなります!ハンバーガー好きにぜひお勧め!
「ぜひ続きが読みたい!」と思って検索してみたら、
5巻まではアメリカのアマゾン市場に出ていた上(※日本語検索OK)、
この2冊分の本体価格及び送料を無料に出来る方法を既に入手していたので、
今回発注してみる事にしました。


発注日はアメリカ時間で4/26で、
アマゾンの画面上で確認できた発送日は4/30。
でも実際にパッケージがSAL便として郵便局に持ち込まれた日は5/1で、
最終的に私が住むアメリカのケンタッキー州ルイビルの自宅のポストに入れられたのは5/16でした。
なので注文ボタンを押してから実際に荷物を受け取るまで合計21日かかった事になります。


でもアマゾン上ではもっと遅く、6月上旬から7月上旬の間に届く予定が表示されていたので、
今回の到着はかなり早い方だと思います。



e0070787_23315634.jpg



封を開けてみたら、このように2冊に重ねられ、
そのままビニールの袋に包まれていました。
特に緩衝材とかは入っていませんでしたが、←コスト重視の私は入っていなくても全く気にしない
元々この本が入っていた封筒が厚紙でできていたので、
特にダメージも損傷も無く無事に到着しました。



e0070787_23340584.jpg




今回も2冊とも、1円でも出費を抑えるために、
新品ではなく中古本を購入したのですが、
2冊の内の1冊は帯までついていて新品同様でした。
もう1冊も非常に綺麗な状態で、品質に関してはパーフェクトです!
もちろんこの後楽しく読みました。大満足の注文内容でした。



「アメリカのアマゾンにて、自分のお財布の中身を全く傷めないで、
実質USD$0で日本語の本を購入し、日本からアメリカまで送ってもらう方法について」
の今回私が取った具体的なプロセスに関しては、次回から少しづつご紹介させて頂きます。



[PR]

# by japolska | 2018-05-24 09:15 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 05月 23日

5月の新緑と庭に現れた雌の鹿(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_23111610.jpg



今朝、ふと裏庭を見たら、
どうやら雌の鹿と思わしきお方がいらっしゃっていました。



e0070787_23131211.jpg


カメラを向けたらさっさと逃げ出してしまったのですが、



緑のものなら何でも食べてしまう食欲旺盛な彼らのおかげで、
我が家の庭には夏野菜等の苗を植える事ができません(涙)。


[PR]

# by japolska | 2018-05-23 10:10 | アメリカ | Comments(0)
2018年 05月 22日

車のナンバープレート周辺からの主張(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_23455103.jpg



ある雨の日の夕方、信号待ちをしていて、
ふと目の前の車のナンバープレートを見たら、
ちょっとお茶目なものを発見しました。



e0070787_23475996.jpg




ナンバープレートの下にはこんな素敵なメッセージが!



”I (ハート)MY WIFE  = 奥さん大好き”



これに気が付いた瞬間、私の心の中では、



O(≧∇≦)O < きゃー!!!かわえー!!!




という素直な感情と共に、




(★ ̄∀ ̄★)< 早速我が家もこれと同じものを購入して、夫の車に付けなくては!!!





という まるで悪魔のような考え も同時に発生致しました(笑)。←いや実際には買いませんけどね(汗)。






いやー、それにしても、これを発見した瞬間に、




”I (ハート)MY HUSBAND = 旦那さん大好き” 




を買って自分の車に付けるというこっ恥かしいアイデアは全く浮かばなかったという事は、



世の中のこの手のメッセージ入りのシロモノは、
実際に使用している本人ではなく、
メッセージに書かれている名称の人物が購入し、
その対象者に無理矢理使わせている可能性の方が高い






という気がしてきました(笑)。





【結論】
もし外でこの手のシロモノを持っている人がいたら、
背後の人間関係及びそのパワーバランスに関して、
心の中でそっと手を合わせて同情しておくべし☆



[PR]

# by japolska | 2018-05-22 23:44 | アメリカ | Comments(0)
2018年 05月 19日

近所の池にすむカナダガンの大家族(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_23143211.jpg



近所の池に住まわれているカナダガンの大家族です。



e0070787_23165939.jpg


(↑)こちらが約20日前に撮影した、同じご家族の写真なのですが、
ぱっと見だけでも明らかにお子様たちが急成長されているのが分かります。



e0070787_23180995.jpg



大興奮で写真を撮りまくる私をやはり不気味に思ったのか(笑)、
皆様おもむろに腰を上げ、岸辺でひとしきり水を飲んだ後・・・、



e0070787_23193273.jpg


私の手の届かない所へ、ゆっくりと泳いで去っていかれてしまいました(T_T)。
引き続きこのご家族のお子様の成長過程を見守っていきたいと思います。←もはやストーカー状態w


[PR]

# by japolska | 2018-05-19 10:13 | アメリカ | Comments(0)
2018年 05月 18日

アメリカのアマゾンにて、自分のお財布の中身を全く傷めないで、実質USD$0で日本語の本を購入し、日本からアメリカまで送ってもらう方法について(事前準備要&各種制限アリ)導入編

e0070787_23112516.jpg



昨日(5/16)、自宅のポストを開いてみたら、
日本から上記のようなSAL便が届いていました。わーい!


実はこちらの封筒に入っているものは、
先月の末に、アメリカのアマゾンから日本の個人業者に発注をかけた、
2冊の日本語の中古の漫画本なのですが、、、、



実はワタクシ、この2冊分の漫画本の代金と、
それに掛かったSAL便の送料に対する支払いに関しては、
自分の財布の中からUSD$0.01も出してはおりません(笑)!!!
 ←注意:もももももちろん全て合法です!!!









つまり、実質USD$0で全てを手配してしまった訳です!!!

※(↑)念の為に上記写真の注文の際に撮っておいたスクリーンショットからの証拠写真を貼っておきます。




今回新しくチャレンジしてみたこちらのプロジェクトは、
この記事のタイトルにも注意書きしておいたように、
若干の事前準備と各種制限があるのですが、
それらは両方とも比較的ハードルが低いですし、
多少時間が掛かるかもしれませんが、誰にでも出来る事ですので、
今回の私の体験談及び詳しい方法に関しては、
「海外でお得に日本語の本を手に入れる方法」の新シリーズとして、
また後日こちらで少しづつ紹介させて頂きます。

[PR]

# by japolska | 2018-05-18 09:10 | Wonderful Books | Comments(4)
2018年 05月 17日

北国の人たちに関する本を読む 47

e0070787_21525051.jpg



広岡まり氏著”ニューヨーク乞食物語”読了しました。



e0070787_21552235.jpg




内容はこんな感じです(↑)。
この本は約40年前の、1975年に発行された作品で、
ニューヨークで不法移民として滞在する事になった、
アカハタという日本人男性の一生について書かれていました。



最初はこの本を、寝る前に少しづつ読み進めていく1冊にしようと思って、
ベッドの中でぱらぱらと捲り始めたのですが、、、




O(≧∇≦)O < これがもうめっちゃくちゃに面白くて(笑)!!!





気が付けば徹夜して最後まで読んでしまったという、
とんでもなく魅力的な作品だったのです!!!





キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!! < おかげで次の日は1日中眠かったけど、うははははーーー!!!こういう本を待ってたのよーーー(笑)!!!






ということで、もう少しこの作品の解説をば(笑)。




日本からアメリカへと密航により辿り着いた主人公は、
自分を載せた船がニューヨークのブルックリンの貨物船の港に近付いた時、
もう1人の仲間と一緒に脱出し、泳いでアメリカに上陸しようとするのですが、
途中で他の船に見つかってしまい、無我夢中で逃げてみると、
一緒に泳いでいたはずの仲間はいなくなってしまい、
主人公は1人でニューヨークの街に辿り着く羽目になってしまいました。




見知らぬ土地で、右も左も分からなければ、
知り合いとていない状況に陥った主人公ですが、
ふとしたきっかけで、植木屋と称する、
広瀬というホームレスの日本人男性と出会います。




その広瀬氏と一緒に数日過ごす間に、主人公は彼から、
「時効が切れる20年間は、ニューヨークにある”乞食の町”に住んで、そこから出ないこと。」
「現金を持っていると危ない。銀行口座を作ってあげるので、手持ちの金を自分に預けること。」

というアドバイスを与えられます。




素直で真面目な主人公は、広瀬氏から贈られた当座の生活用品と、
3本の高級なスコッチウィスキーを手にすると、
広瀬氏に自分の所持金3千ドルを全て預けて、
単独でその”乞食の町”へと足を踏み入れます。
そしてここから彼の新しいアメリカでの人生が始まるのと同時に、
広瀬氏に渡された3千ドル(おそらく今の感覚で3千万円くらいかも・・・)が、
主人公の知らないところで思いも寄らない動きをして、
色々な人をいい意味でも悪い意味でも劇的に変えていったのでした・・・。




とにかく作者の広岡氏の手によって、登場人物の全てが非常に生き生きに描かれていることと、
物静かでおっとりとした主人公が、多種多様な人々がいるニューヨークの中で、
思いがけない縁の連続で様々な経験を繰り返していくその内容に、
もう続きが気になって気になって仕方が無く、とても途中で止める事ができませんでした。


[PR]

# by japolska | 2018-05-17 10:06 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 05月 16日

Williams SonomaでLe Creusetのソースパン(片手鍋)を購入したお話

e0070787_23371372.jpg



昨日の夕方に自宅に戻ったら、
玄関前に私宛の荷物が1つ届いていました。



e0070787_23374998.jpg



まあ、自分で注文したものなので、中身は分かっているのですが、
アメリカでキッチン用品を扱っているWilliams Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)というお店から、
フランスのLe Creuset(ル・クルーゼ)というブランドのソースパン(片手鍋)を購入してみました。



e0070787_23425118.jpg



今回こちらのソースパン(片手鍋)を購入してみた理由は、
まず最初のきっかけは、Williams Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)から誕生日のプレゼントとして届いたUSD$25分の商品券だったのですが、
少し前から、少量の野菜を茹でたり、1人分の即席麺を作れるような、
小さめの片手鍋があれば調理が便利になるだろうなぁ~、と感じ始めていたのと、
Williams Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)のウェブサイトを覗いてみたら、
上記の色のソースパン(片手鍋)が期間限定で20%引きになっていた上、
ちょうどなかなか使い切れない同店のギフトカードが何枚かあったので、
せっかくだからこの際、商品券と共にきれいにそれらも使い切ってしまおう!と決断できたからです。
(余談ですが最近ルイビル内の同店では ”まるで捨て値の超お得!!!セール” をちっともやらなくなってしまいました・・・涙。
なので事前にRaiseというギフトカード売買サイトで割引して買ったWilliams Sonoma(ウィリアムズ・ソノマ)のギフトカードが全然使えないという何とも悲しい現象が発生していたのです・・・T_T。)




という訳で、今回実際にお財布から支払った金額は約USD$25程でした。
Le Creuset(ル・クルーゼ)の鍋はLife Time Warranty(永久保障)が付いているので、
これで私は一生ソースパン(片手鍋)で悩まなくて済む事になります(笑)。いえーい!



*******

Le Creuset(ル・クルーゼ)の永久保証の受け方に関する記事はこちら(↓)

アメリカでLe Creuset(ル・クルーゼ)のLife Time Warranty(永久保証)を利用してみた経験談

https://japolska.exblog.jp/24935372/

*******




e0070787_23523315.jpg



中を開けてみると、綺麗なコバルトブルーの可愛らしい鍋がちょこんと入っていました!
これからの季節にぴったりの色だと思いました!



e0070787_23533065.jpg



実は2年程前にも、その当時の限定発売だった、
上記写真右にあるLe Creuset(ル・クルーゼ)の赤いソースパン(片手鍋)を購入していたのですが、
これが中年の2人暮らしに非常に使えるサイズという事が判明しまして、
あまりの便利さにそれこそ毎日のように使っていたのですが、
ぐーたらな私はこの鍋で調理して食べきれない分は、
その鍋ごと冷蔵庫に入れて保存してしまうタイプの上、
この右側の限定発売の鍋は、持ち手が木でできていて、
残念ながら食器洗浄機に入れて気軽に洗えなかったので、



「気軽に食器洗浄機に入れてガンガン洗えて、
尚且つできたら今持っているのより一回り小さ目の鍋があれば、
ワタクシの ズボラ 台所 状況もかなーり改善されるんでね?」




という事情もありました(笑)。 



なにはともあれ、念願の2つ目のソースパン(片手鍋)を手に入れることができて嬉しいです。
今年の夏はこれを使って、また元気になれるような料理をどんどん作っていきたいと思います。


[PR]

# by japolska | 2018-05-16 09:35 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2018年 05月 15日

ルイビル初夏の週末

e0070787_23282784.jpg


天気のいい日曜日に庭の芝刈りをしていたら、
庭にあるこんな花をさかせる木が、
花びらをピンク色に変えていく姿を発見。

3日前までは花は真っ白だったので、
いきなり自らピンク色に染まっていく姿に驚きました。

先週末は、だいぶルイビルも暑くなってきたので、
戸棚の奥からガラスの水筒を取り出し冷たいお茶を作り始め、
洋服ダンスの中から夏物のシャツ数枚を出してアイロンをかけ、
久しぶりに肉じゃがを作り、冷えたギネスの黒ビールで乾杯しました。

こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルの天気は、
どちらかというと春というよりもう初夏に近い印象です。

[PR]

# by japolska | 2018-05-15 10:27 | アメリカ | Comments(0)
2018年 05月 12日

面白かった本 15 唯川恵氏著 あなたへの日々

e0070787_22041460.jpg



唯川恵氏著”あなたへの日々”読了しました。




e0070787_22044532.jpg


あらすじはこちら(↑)です。
読んだ感想は、山本文緒氏著の”恋愛中毒”に、「救い」や「逃げ口」を足して、
マイルドに仕上げた感じというのが第一印象でした。


唯川氏の本との出会いは、幸運にもアメリカで無料で手に入れることができた、
”ベターハーフ”という1冊から始まりました。←今でもこの作品が一番好きです。
私にとっては唯川氏の作品はどれも面白く、読みだすとなかなか止める事ができず、
いつもあっという間に読み終えてしまいます。


私自身は個人的にあまり恋愛小説は読まない方だと思うのですが、
時々、女性心理が巧みに描かれていて、
尚且つ伏線の張り方が上手な作家さんの本が無性に読みたくなります。
主人公に思い切り感情移入できるせいか、
読了後はいつも気持ちがすっきりとするからです。


唯川氏の他に同ジャンルで好きな作家さんは、鎌田敏夫氏と山本文緒氏です。

[PR]

# by japolska | 2018-05-12 09:03 | Wonderful Books | Comments(0)