人気ブログランキング |

じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 18日

2018年のアメリカのハーゲンダッツ事情

e0070787_19324181.jpg



先日スーパーに寄った際、アイスクリームのコーナーを覗いてみたら、
ハーゲンダッツがこのような新製品を出しているのを見かけました。
上記他にも、今年はお酒が入ったアイスクリームを展開しているらしく、
個人的にはラム酒はスイーツに欠かせない!と思っていて、
しかも先日、ラテンアメリカのスイーツである、
Tres Leche Cake(3種類のミルクのケーキ)の美味しさに感動し尽くした私は、
もうもう光速で(笑)こちらの新製品を購入して参りました。


※ちなみにTres Leche Cake(3種類のミルクのケーキ)に関しての記事はこちら(↓)

争奪戦勃発!ラテンアメリカのスイーツ・Tres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)を作る(2回目)
https://japolska.exblog.jp/28237676/



e0070787_19382832.jpg



蓋はこんな感じです。もうイラストが素敵すぎます(T_T)。



e0070787_19390021.jpg



中身はこんな感じです。ひと口味見してみた感想は、、、



ハーゲンダッツの今までの製品の中で最高に美味かった!!!



です(笑)。


確かに・・・あのめちゃくちゃ濃厚だけどなぜか食べやすい秀逸なTres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)に、
これまたスイーツに最高に合うラム酒なんてものを加えたら、
もう相乗効果でありえないほど美味しくなるのは間違いないわけで・・・。


という訳で、私はこの夏、この新製品が無くなってしまう前に(笑)、←定番になるかどうかは今のところ不明なので
安売りの間にできるだけお得に買い込んで(笑)、←セコビッチにとっては譲れない大事なポイント
我が人生に一片の悔いのないよう、思い切り楽しみたいと思います!!!



e0070787_19444421.jpg



ちなみに定番商品でのお気に入りは、こちらのラムレーズンと、



e0070787_19451147.jpg



こちらのパイナップルココナッツです。
両方とも本当に癖になる味です!!!



e0070787_19453251.jpg



あとアメリカでも数年前から抹茶味も発売されています。
これを店頭で見かけた時はやはり日本人として嬉しかったですね~(笑)。



e0070787_19463967.jpg


余談ですが先日こちらの本を読了しました。
アイスクリームの歴史がすごくよく分かる良本です。
この冷たくて甘い優雅なスイーツに、世界中の人々がどれだけ憧れ、
また誰にでも買いやすいようにと展開していった様子が詳しく書かれています。
上質な材料を使い濃厚な味志向でブランドを確立していったハーゲンダッツの出現は、
当時アイスクリーム界にかなりの衝撃を与えたそうです。


# by japolska | 2019-05-18 19:52 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 05月 15日

アメリカの職場で作ったパイナップルアップサイドダウンケーキ

e0070787_04202046.jpg



今日はアメリカの職場で、パイナップルアップサイドダウンケーキというスイーツを作りました。


実はこのケーキはこの職場で以前1度焼いたことがあり、
パイナップルの甘酸っぱさとケーキのふわふわ感が絶妙にマッチしていて非常に美味しかったので、
料理長に「パイナップルも沢山あるしそろそろ例のケーキ焼きませんか~?」とおねだりしてみたところ(笑)、←もう自分が食べたい一心からの行動ですw
実は料理長も大好きなケーキだったことが判明し、一発OKでゴーサインがでたので、
早速以前のレシピを引っ張り出して本日のデザートとして作ることになりました。


この職場で初めてこのパイナップルアップサイドダウンケーキを食べてから、
あんこ&甘さ控えめカルチャーの日本人にはちょっと思いつかないような、
ある意味スイーツの常識の斜め上を突き抜ける爽快さを感じた私は、
夫がパイナップル好きというのもあり、自宅でも何度か違うレシピで同じものを試作したのですが、
結局この現在の職場のサワークリームを入れる作り方が一番美味しかったことが判明。


という訳でその奇跡のレシピを職場からパクってきた 記念撮影をしてまいりました(笑)。



e0070787_04325011.jpg



詳しい作り方は省略しますが、大雑把に写真で説明しますと、
薄切りにしたパイナップルに溶かしたバターとブラウンシュガーを混ぜたものをまぶして、
油でコーティングした金属のパットの底にまんべんなく敷き詰めてから・・・、



e0070787_04350155.jpg



その上にバター、卵、中力粉、薄力粉、砂糖、サワークリーム、
ベーキングパウダー、バニラエッセンス、塩を混ぜた生地を載せて平らになじませます。



e0070787_04362738.jpg



そして325Fのオーブンに入れて約1時間程焼くと・・・、



e0070787_04370104.jpg



こんがりと焼けたケーキの出来上がりです!わーい!



e0070787_04372819.jpg



そして最後に粗熱が取れたら、その金属パッドをさかさまにして、
パットの底のパイナップル部分が上になるような形で中身を出せば完成です!
これがパイナップルアップサイドダウン(上下逆さま)ケーキと呼ばれる所以です。


今回は生のパイナップルを使ったので上記のような形になりましたが、
他のレシピ本を読むと、缶詰のドーナツ型の薄切りのパイナップルを使い、
金属パットの底に並べた時に、穴の部分にレッドチェリーを入れてから焼くと、
まるで黄色い花が咲いたような形になり、より華やかな感じになるそうです。



e0070787_04420388.jpg



正方形に切ってお皿に盛りつけてみた写真はこちら。
このケーキはこれだけで非常に美味しいので、
追加のソースや余計なトッピングは一切なしで、
もう素材そのままで勝負に挑みます(笑)!



e0070787_04425131.jpg



焼きあがった生地自体は非常にきめが細かくしっとりふわふわなんですが、
周りの縁部分がカリカリに焼けるので、そのおかげで意外に切りやすく、
あまり形を崩さないで小さく切り分けることが可能でした。
先日Tres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)を焼いたときにも思ったんですが、
ケーキの生地に牛乳やサワークリームなど、ちょっと液体っぽい物を加えるレシピだと、
焼きあがったときに、ケーキの中はとてもきめ細かくしっとりふわふわになり、
反対に周りはカリカリ&硬め気味に焼きあがるような気がしました。



e0070787_04490609.jpg


ランチタイムに並べてみた感じはこちら。
ちなみに下のお菓子はダイエット用のナッツ入りのクッキーです。
こちらのクッキーも私が作りました。



# by japolska | 2019-05-15 04:57 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 05月 02日

スーパーの店頭で見かけたちょっと珍しい花(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_10311169.jpg


先日、スーパーの店先で、
ちょっと見慣れない花を目にしました。


e0070787_10315098.jpg


色はピンクと紫の2種類で、
花びらの縁は白っぽく、
途中から中心に向かって色が濃くなっています。


e0070787_10331544.jpg


何だか小さいパンジーの花の1種が、
一生懸命憧れの薔薇になろうとしているような感じがして、
なんだかとてもいじらしくも可憐でした。



# by japolska | 2019-05-02 10:37 | アメリカ | Comments(0)
2019年 04月 27日

職場の入り口近くの植木にいた鳩の赤ちゃん

e0070787_07061548.jpg


私は毎日出勤時にこの植木の前を通るのですが・・・、


e0070787_07065994.jpg


ここに鳩の巣があり、2匹の赤ちゃんがいるのを発見!
(母鳥の写真は残念ながら上手に撮れなかったため保留)


e0070787_07081307.jpg


無遠慮に写真を撮る怪しいヤツに、
警戒のまなざしを向ける2匹(笑)。


e0070787_07093153.jpg


こんな事をしていたら、2週間ほど前に、
母鳥と一緒に巣立って行ってしまいました(涙)。

ちなみにこの巣の存在を教えたアメリカ人は、
「私が見た時は飛ぶ練習をしていたから、
きっと巣立つ時だったのよ~(笑)。」
と言ってくれました。

あとは、私が会話の中でずっと鳩の事を”pigeon”と言っていましたが、
そのアメリカ人は”dove”という単語を使っていました。

何はともあれ親子鳩が元気に楽しく毎日を過ごしていることを願います。



# by japolska | 2019-04-27 07:12 | アメリカ | Comments(2)
2019年 04月 26日

争奪戦勃発!ラテンアメリカのスイーツ・Tres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)を作る(2回目)

先日こちらにて(↓)


ラテンアメリカのスイーツ・Tres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)を作る
https://japolska.exblog.jp/27769894/


アメリカの職場にて非常に美味しいケーキを作る機会を得て、
また偶然にもそれに関わる本も同時に読んだことをご紹介させて頂いたのですが。


本日は約5か月振りにこちらのケーキを再度作るチャンスに恵まれました!


e0070787_06475025.jpg



1週間のメニューは料理長により上記のように細かく決められ、
毎週日曜日にその内容が施設内全員に向けて公式に発表になり、
これらのメニューを毎日、その日にいる厨房のメンバー全員で、
とにかく時間と闘いながら全力でガンガン作っていきます。



e0070787_06511422.jpg



そしてデザート担当の私が、今週一番興奮したメニューはやはりこれでした!
まずは週の早いうちから、24日と25日には休まずに職場に来れるように、
十分すぎる睡眠時間を確保&大好きな夜の晩酌は控え、体調を完璧に整えることから始めました(笑)。←このケーキ作りには絶対に誰1人として指一本触れさせません(笑)!!!


そしてこのケーキは作るのは難しくないのですが、ちょっと手間と時間がかかるので、
前日の24日に3つのホール型を使ってケーキ生地を焼き上げ、
そして当日の25日の朝一番から、3種類のミルク(生クリーム、コンデンスミルク、エバミルクの混合)を染み込ませる作業に取り掛かりました。



e0070787_06550717.jpg



めちゃくちゃふわふわなケーキ生地に3種類のミルクをたっぷりと染み込ませ、
最後に生クリームと砂糖を混ぜたアイシングを載せて、
ラテンアメリカのスイーツ・Tres Leches Cake(3種類のミルクのケーキ)の完成です。



e0070787_06571952.jpg



ケーキの中の様子はこんな感じです。
今回はいつもと違う生クリームを使ったせいか、
上にかけたアイシングがホイップクリームのような感じで、
比較的軽やかな印象のケーキができました。



e0070787_06585746.jpg



1ホールを12等分してお皿に盛りつけた様子はこちら。
このケーキは手間がかかる分ものすごく美味しく、
もう素材だけで100%勝てる勝負ができるので(笑)、
今回は余計なトッピングや飾り等は一切加えませんでした。
(逆にケーキ自体に少しでも自信がないと、私はトッピングや飾りに走ります・笑)



e0070787_07005453.jpg



ケーキ1切れ分のアップはこちら。
このケーキ生地の中には3種類のミルクを混ぜた液体がたっぷり染み込ませてあるのですが、
全くべとつかず、むしろ逆にしっとりして、きめ細かいスポンジケーキみたいになっています。
ちなみに3種類のミルクを混ぜる前のケーキ生地の味は日本のカステラにそっくりです。
そのカステラの香ばしく柔らかな生地に、不二家のミルキーのような濃厚なミルクの味をたっぷり加えた、というのが、
味の説明としては一番しっくりくるような気がします(これに甘いホイップクリームが上からプラスされる感じです)



e0070787_07084941.jpg




カウンターに並べた様子はこちら(ちなみに下段はダイエット用のデザートのゼリーです)
私は一番最初の段階で、上記写真のように10個並べておいたのですが、


ランチタイムが始まる11時半前には既に10個中6個が無くなっており、
慌てて補充をするにも、置いた端からどんどんケーキが消えていき、←わんこそばですか?
あっという間に2ホール分24個が売り切れ御免の状態に!!!



しかも私が自分用にと一番大きい(ように見えた)1切れを、
厨房内の冷蔵庫に奥の方に巧妙に隠していたのにも関わらず、
誰かがそれを目ざとく見つけて奪っていたことも後に判明(号泣)!!! 
↑ 実は今日これが頭の中が真っ白になったくらいめっちゃショックだったことです・・・(T_T)。誰だ黙って取っていったヤツは・・・もうもう絶対に許さんぞ(T_T)!!!



そして最後の1ホールは、従来の12等分ではなく、
「とにかくできるだけ小さく切って皿数を増やせ!」作戦になり
料理長自らの手によって「12等分と比べるとその半分の薄さ」に切り分けられたのですが ← ワタクシ見ていましたがその薄く切る技術にもう爆笑でした!プロってある意味えげつないです・・・
この味を知ってしまった新規顧客による「もっと食べたい!」という再襲撃をくらい、
全部で3ホール36人分で昼食&夕食のデザートを賄う予定のはずが、
ランチタイムで全て無くなってしまうという新記録を樹立することと相成りました!!!



そしてこれを食べた皆さん方からは、



「本当に美味しかった!!!」

「こんなの食べたことない。もっと頻繁に作って!!!」



と、嬉しいお言葉を沢山頂きました!!!わーい!!!



残念ながら自分自身は、ケーキ生地を切った際に出た小さなカケラに、
ボールの底に余ったミルクやアイシングを付けただけの、
本当に余り物で味見程度のものしか口にできませんでしたが、



「わが人生に一片の悔いなし!!!」(byラオウin北斗の拳)



と思えるような充実感が得られたので今日は1日とても楽しかったです。



# by japolska | 2019-04-26 07:43 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 04月 20日

Goodwillでレトロなミニパフェグラスを買う

e0070787_06303306.jpg


先日、アメリカにある中古品販売のお店のGoodwillで、
レトロな感じのミニパフェグラスを2つ購入しました。


以前から現在の職場で上記写真と同じような形及びサイズの器を、
様々なテイストのデザートに使用していて、これが非常に使い勝手がよいので、
プライベートでも同じようなものを持つことができないか、と思い、
今年に入ってからずっと中古品販売店を回って探していました。
そして今回やっと!!!私の希望にかなったグラスを見つけることができました。
価格も1個税抜@USD$0.59だったのでもう大満足でした(笑)。


e0070787_06362433.jpg


早速購入したグラスを利用して、ヨーグルトパフェを作ってみました。
まずは細かく刻んだ苺を器に入れ、その上からヨーグルトをかけ、
ポーランドからの蜂蜜で甘みを加えてから、最後にグラノーラを載せて完成です。
ものすごく簡単なデザート(というか朝食だなこれは)ですが、
器のおかげで立派なスイーツに変身しているような気がします(笑)。


e0070787_06403687.jpg


早速甘い物好きの夫のために、食後のデザートとして提供してみました。
使われている材料は普段口にしているものと同じなのに、
ちょっと特別感を醸し出している器のおかげでゴージャスに見えたらしく、
私が思っていたよりも大変喜んで食べてくれました。よかったです。


レトロなスプーンを使えば、懐かしい子供の頃に戻ったような気がして、
このミニパフェグラスはここ最近購入したものの中での1番のお気に入りです。


# by japolska | 2019-04-20 06:50 | アメリカ | Comments(0)
2019年 04月 19日

アメリカの職場で作ったチョコカップケーキ

e0070787_12480949.jpg



今日はアメリカの職場でChocolate Cup Cake(チョコカップケーキ)を作りました!


e0070787_12490213.jpg



昨日に引き続き、生地は業務用のDevil Cake Mix(デビルケーキミックス)を使用したのですが、
やはり少しでも+@の手を加えたくて、生地の中にはたっぷりのチョコチップと少しの洋酒を入れてから焼きました。
トッピングには粉砂糖に削ったチョコレート(チョコレートを削る際、くるくる巻いたようにまだ上手に削れないのが残念です・・・T_T)
そして昨日のオレンジケーキと同じく、ケーキの周りには砕いたロースト胡桃をばらまき、
最後にケーキの一番上に、絞った生クリームとスライスアーモンドを作って白い薔薇の花を施してみました。



e0070787_12562451.jpg



カウンターに並べてみた様子です。
限られた材料と時間の中で、また基本的に自分1人だけで、←初めて作るお菓子のレシピ提供と最後の味見だけ料理長がしてくれる
どれだけ美味しくまた見栄えの良いケーキが作れるかという事に、
今の私は大変やりがいと生きがいを感じています(笑)。←私のオタクマインドが毎日ここでフルスロットルかましてますw





# by japolska | 2019-04-19 13:13 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 04月 18日

アメリカの職場で作ったオレンジケーキ

e0070787_03314854.jpg



今日はアメリカの職場でOrange Cake(オレンジケーキ)を作りました!



e0070787_03322082.jpg



今日はいつもより多めのデザートの量が必要だったので、
業務用のYellow Cake Mix(イエローケーキミックス)を使ったのですが、
少しでも風味を良くしようと、水の代わりに100%オレンジジュースを使用し、
生地の中にはフレッシュなオレンジの皮の擦りおろしをも加えました。
仕上げにお皿にオレンジソースを敷いてから切り分けたケーキを置き、
最後に新鮮なオレンジの飾りを上に載せて完成です。
ケーキの周りにはアクセントとしてかなり細かく砕いたナッツを、
ケーキ全体を囲むようにして少しだけ撒いてみました。



e0070787_03375007.jpg


並べてみると暗いカウンターにまるでほんのり灯りがついたような優しい色合いでした。
春になって暖かくなってきたせいか、こんな果物を使った爽やかな味わいのお菓子が喜ばれています。


# by japolska | 2019-04-18 03:41 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 04月 17日

アメリカの職場で作ったレモンミニパウンドケーキ

e0070787_03514056.jpg



今日はアメリカの職場で、レモン味のミニパウンドケーキを焼きました。



e0070787_03530639.jpg



このケーキは以前にも2回ほど焼いたことがあるのですが、
大きなパウンド型で焼くと、業務用のオーブンの火力が強いせいか、
内側に火が通るまでにどうしても外側が焦げてしまう、
という不具合が発生してしまうことが分かり、
また上記の写真のように、飾りつけ後の見た目はまあまあ綺麗でも、
切り分けてお皿に盛りつけた際に形が崩れてしまう事も判明したので、
今回は三回目の正直!ということで、前回までの反省点をしっかり踏まえ、
同じケーキでも全く別の方法を使って作ってみることにしました。



e0070787_03583541.jpg



今回一番変えたのは焼く際のパウンド型でした。
調理場の焼き菓子のコーナーを探してみたら、
上記写真のような手のひらサイズのパウンド型があったので、
こちらを使ってまずは小さなパウンド型のケーキを焼いてみたんですが、
これだと短時間でもふっくらとしかも丁度いいキツネ色に仕上げることが出来ました。



e0070787_04013732.jpg



そしてその小さなパウンドケーキを、
今度は真ん中から横に2つに切り、
1ローフで2人分として提供してみました。
上記写真ではちょっとぼやけて分かりづらいのですが、
今回のレシピにはたっぷりとバターミルクを投入したので、
ふんわりときめ細かくまたとても柔らかく焼き上がりました。



e0070787_04041430.jpg



真上からみた写真です。
レモン味のアイシングとスライスアーモンド、
そしてレモンの皮を削ったのを少しと、
飾りとしてスライスして4分の1に切ったレモンを載せました。



e0070787_04052335.jpg



こちらは後ろから見た図です。



e0070787_04061357.jpg



せっかくなのでパウンドケーキらしい切り口を手前にして並べてみました。
このパウンドケーキには、ポーランド人が大好きなポピーシードを入れるバージョンもあります。
ポピーシードを入れると、プチプチとした食感と、ちょっと蠱惑的な風味が加わります。



# by japolska | 2019-04-17 04:11 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2019年 04月 16日

アメリカ・ケンタッキー州ルイビルの上空に現れたハート形の飛行機雲

e0070787_06084882.jpg


2019年4月13日(土)にアメリカのケンタッキー州ルイビルにて開催された航空ショーでの1枚です。お見事!


# by japolska | 2019-04-16 06:10 | アメリカ | Comments(0)