じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 28日

日本から海外へ発送した船便を極力税関で開封されず&搬送途中で紛失されずに無事に目的地まで運んでもらう方法について 更なる梱包の工夫編 シリーズ完結

e0070787_22010563.jpg



2018年度に突入してから、私のつたない経験を元にして、
日本から海外へ発送した船便を極力税関で開封されず&搬送途中で紛失されずに、
無事に目的地まで運んでもらう方法についてこちらで紹介させて頂いていましたが。



今回が全てのシリーズの最終回になります!!!

(T_T) < 今まで読んでくれた方、本当にありがとう!!!




えー前回までで紹介している、




海外の配送業者&税関職員に対して、
下手にお願いしている内容だが、
実はこちらからの無言の威圧が伝わる張り紙




を各種作り上げましたら、
最後はお守りのような、以下の2枚の張り紙を作成します。



e0070787_22022764.jpg



1枚目は受取人の住所・氏名・電話番号・メールアドレスが記載された張り紙です。


まあ、船便伝票は例え乱暴に剥がされても、粘着部分が相当強力に出来ているので、
最悪のケースでも一番下の紙が荷物にしっかりへばりつき、
配達先及び発送先が分からないということはないと思いますが、
やはり何かあった時の為に、私は毎回これをでかでかと荷物に貼り付けています。
これは船便に限らず、里帰りを終えて日本からアメリカに戻ってくる際の荷物にも大きく貼っています。
※ちなみに私は出来るだけ荷物を極力軽量化するために、日本→アメリカ間で荷物を運ぶ際は、スーツケースは使わず段ボール箱をいつも使用しています。



e0070787_22110210.jpg




そして2枚目は、荷物のナンバリングをした張り紙です。
以前これを貼らないで船便で数箱送ったら、2回に分けて配送されてしまったので、
できるだけ1回で受け取れるようにこの張り紙を施しています。


あとは全ての張り紙を荷物全体に貼り、
ダンボール箱の一番上に船便伝票を貼るスペースを空けたら、
あとはひたすらOPPテープで荷物を何重にもきつくぐるぐる巻きにして再度補強します。
「荷物の間に隙間のない&外側もがっちり固い岩石状の何か」が出来上がりましたら(笑)、
最後にPPバンドとストッパーで2箇所くらい留めたら完成です。


という訳で、日本から海外へ発送した船便を極力税関で開封されず、
また搬送途中で紛失されずに無事に目的地まで運んでもらう方法
、及び、
日本から海外へ大量の本を出来るだけ安く送る方法、そして、
海外で紙ベースの日本語の本を出来るだけ安価に手に入れる各種方法に関して、
今日現在までの私が持てる技術及び知識は全てこちらのサイトに書き残しておきました。
私はもういつ死んでもいい位の充実感でいっぱいでございます(笑)←自己満足ここに極まれりですw


何はともあれ、何らかのご縁でこちらのサイトに訪れて下さった、
海外在住の紙の本をこよなく愛する方々にとって、
これからも素晴らしい読書ライフが訪れますよう心からお祈りしています。


[PR]

by japolska | 2018-04-28 10:00 | Wonderful Books | Comments(4)
Commented by chiquita-angel at 2018-04-30 10:14
とても素晴らしい完璧なマニュアルです!ありがとうございました。届いた本の写真も興味深く拝見させて頂きました^^
Commented by japolska at 2018-05-01 00:15
chiquita-angel様>

書き込みありがとうございます!
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します!
Commented by Saki at 2018-05-03 07:35 x
おおお~~~!!!とうとう完結!!!
素晴らしいお知恵を、色々と有難うございました!!
最後のこの、”9 of 11”とか、番号つけるの、めっちゃいいアイディアですね!!番号書いてあったら、一箱抜けてたりしたら絶対「あれ?」って思ってくれそう。(笑)
これは是非、パクらせて頂きますとも!!

そうそう。この間、フランス在住の友人がアトピーに効くクリーム等を送ってくれましたので、そのお返しに、「はいからさんが通る」の文庫全巻(4冊)を、hontoさんから送りました。(笑)友達、めっちゃ喜んでくれましたよ。(笑)大和和紀先生、偉大なり!!
フランスはSALが使えないので、ちょっと送料かかりましたが、喜んでもらえて良かったです。(^^)
Commented by japolska at 2018-05-04 00:46
Saki様>

書き込みありがとうございます!
おかげさまでシリーズ、完結致しました(号泣)!!!

>番号書いてあったら、一箱抜けてたりしたら絶対「あれ?」って思ってくれそう。(笑)

いやー、私も同じ事を思ったんですけどね(笑)。
でもこの頃のこちらでのアメリカ人の対応とか見ると、もしかしたら日本人が気にする程はこういう事は気にしないかも・・・と思いはじめておりまする・・・(汗)。

でもおそらく、インボイスを書く必要がある場合だと、この番号表示は見やすくていいのかな、と、頑張って自己満足をしております(笑)。

おおおおおー!hontoさんでご友人にギフト!すんばらしいアイデアですよ!
大和和紀先生の作品は今現在私の手元には「あさきゆめみし」しかないので、来年の今頃は他の作品も読めていることを想像しつつ頑張って働きますわ!←余談ですが日本ではGWなんですよね・・・めっちゃうらやましい・・・というかアメリカ休日少なすぎだよ!!!


<< 本州初上陸!船山馨氏著”蘆火野...      北国の人たちに関する本を読む 43 >>