じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

e0070787_00354848.jpg


先週は、日本から海外へ発送した船便を、
極力税関で開封されず&搬送途中で紛失されずに、
無事に目的地まで運んでもらう方法についての、
「絶対にやってはいけない事編」をご紹介させて頂きました。


今週からは、同シリーズで、
「更なる梱包の工夫編をお送りしていきたいと思います(笑)。


まずは船便の梱包の前に、
以下の3種の神器の入手が必要です。


******* 3種の神器の内容 *******



・可能な限り分厚くてしっかりしたダンボール箱 

理由:海外での荒くれ者達からの扱いに耐えうるために出来るだけ丈夫なものが必要のため。

・100円ショップの梱包用の太いOPPビニールテープ

理由:上記ダンボール箱の更なる補強&武装後の情報紛失を防ぐため。←※この武装後の情報に関しては後程ご説明します。

・100円ショップのPPバンドとストッパー
理由:配送業者の皆様が簡単に荷物を持ち上げられるように。特に重い荷物には必須!!!ちなみにこれらは上記写真内で各荷物に2本ずつ掛けられている青い紐とそれを止めるプラスチックの留め金の事です。


******* 3種の神器の内容 終わり *******


上記3つのアイテムが用意でき、
また梱包する内容物も全部そろいましたら、
一応それはそれでまとめておいて、
以下の作業に進みます(笑)。


とにかく、荷物発送者が、絶対に避けたい事は、
税関にて荷物を開封&海外で荷物を紛失されてしまうことなので、
それを発生させる確率をほぼ0%まで引き下げるために、



手に入れたダンボール箱の外側の4側面全てに、
様々な注意書きや情報を記載した紙を貼り、
「この荷物の発送者はかなり注意深い&敵に回したら面倒なことになるぞ~★」
というのが、どの国の配送業者から見てもすぐに理解できるように、
完☆全☆武☆装 を施します(笑)。




その 完☆全☆武☆装 のための様々な注意書き及び情報の書き方については、
次回からまたご紹介させて頂きます。



[PR]

by japolska | 2018-03-21 09:45 | Wonderful Books | Comments(18)
Commented by Saki at 2018-03-23 06:40 x
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
『3種の神器』!!中でも、「PPバンドとストッパー」これ!これスゴイ!!これって箱の崩壊を防げるばかりか、開けられることも防げますよね!?後、「注意書き」!!
私も次回は、絶対やってみます~~!!

因みに、さっきヤフオクをフラフラしてたら、ナント!!「朱鷺色三角」文庫全3巻と「パッションパレード」文庫全3巻の『セット』が出品されてて、気が付いたら即決価格で落札してました・・・・・(笑)
読めればOKだったので、重量を下げるために、文庫を狙ってたんですよ!そしたら、もう、何、この神出品!!!
ついついBuyeeさんをまた利用してしまいました・・・・・
実家に送ってから・・・・・とかって思ってたのに・・・・・おかしいなぁ・・・・・でも、この6冊で1400円弱だったので、まあ良しとします!!あああ~~~やってもた~・・・・・
Commented by japolska at 2018-03-23 08:37
Commented by japolska at 2018-03-23 08:41
Saki様>

ああもう長すぎて1回の返信じゃ文字制限に引っかかったので、
引き続き書かせて頂きまっする!

ちなみに駿河屋さんでは、他の本もまとめて大体1,300円から1,500円になるようにして購入すれば送料は無料ですし、
注文→発送までに約10日ほどかかるのがネックですが、本当にびっくりするほど安い価格で出ている事が多いので、
こちらでの海外発送に関しては全然調べていないのですが(あればいいな~♪)、
こちらの情報も少しでもSaki様の漫画人生のどこかで何かのいいヒントになれれば幸いです!

樹先生のコミックが届きましたら、Saki様のブログでぜひ記事にしてくださいね~!
私も昨日hontoさんから発送連絡を受けたので、新刊が届いたらこちらでまた報告いたします~!
Commented by japolska at 2018-03-23 08:43
Saki様>

間違い訂正です(汗)。

>私は問題なくアメリカのCCで決済して自宅に郵送してもらってますし、

「自宅」ではなく「埼玉の実家」でした・・・すみません(汗)。
Commented by Saki at 2018-03-24 07:28 x
お母様、スゴイ!!PPバンドとストッパー!私も次回は是非、活用させて頂きますですよ!!
あ~、ありますよね・・・・・よく使うのに名前知らない物って・・・・・今日社長とウェアハウスに行って、パレットに乗った荷物を移動させてもらったんですけど、その時に使った、パレットの下に突っ込んで、グッと持ち上げることの出来る機械・・・・・私も社長も名前わかんなくて、「え~っと、あの、ホラ、ガコガコってやるヤツ!」「そう!ガコガコやるヤツ!!」・・・・・で、お互い話が通じてました。(笑)今だに名称は謎のままです。(笑)

樹先生の作品、実はあれ、本だけ(6冊)の値段なんで、あれプラスSALの料金がつきます~!!(><)何分文庫6冊だけなんで、1000円前後で収まってくれることを祈ってます・・・・・

「文庫で『朱鷺色』と『パッション』両方入ったセット、出てねぇかな~・・・・』と思ってヤフオク行ったら、マジあったんで、舞い上がって我れを忘れてしまった愚か者が、こちらになります。(笑)

Commented by Saki at 2018-03-24 07:41 x
ふふふ・・・・・私もコメント、文字制限で送信できませんでした・・・・・(笑)

古本屋さんのリンク、有難うございますぅぅぅ~~!!早速にチェックしてみました!!!激安っ!!!『朱鷺色』とか、コミックバージョンですけど、1冊100円とかで出てましたよ!!待てるものは今後、こちらでお世話にならせて頂きます~~~!!!貴重な情報、有難うございました~~~!!!!小説系文庫でほしいものが山ほどありますので、密かに少しずつ実家に送っておこうかと思います!!(笑)

Commented by Saki at 2018-03-24 07:42 x
大和和紀先生の漫画って、今読んでも話、全然古く感じないですよね!!はいからさんとか!!ホンット、物語の構築がしっかりしてて、サクサク読めますよね!!はいからさん、スゴイ好きだったなぁ~・・・・・
私もこれを機に、昔の樹なつみ先生の作品、集めてみようかなぁ~・・・・・

Commented by Saki at 2018-03-24 07:48 x
なんか何度も小分けにして投稿して、すいません!(><)エキサイトブログで禁止されてるキーワードが含まれているらしく、投稿できなくて・・・・・小分けにして、何がいけないのか分析しようとした結果、こんなことに・・・・・

届いたら、またブログに書きますね~~!!今日は出版社に直接リクエストまでした、斉藤倫さんの「路地裏しっぽ診療所」6巻セットがAmazonから出荷になりました!!ちょっと送料が痛かったんですが(6冊で2600円ほどかかりました・・・・・火曜日に着くらしいんで、そこそこ良心的ではありますが)、Amazonでしか1巻と3巻が手に入らないので、仕方なく・・・・・どうしてもほしい漫画だったんで、また我を忘れてしまいました・・・・・←(最近こういうのホント、多い!!)これ、japolskaさんもきっと好きですよ!斉藤倫さんらしく、アニマルレスキューの話盛りだくさんで、決してカジュアルな題材じゃないんですけど、絵のかわいらしさと、話をちゃんと「少女漫画」として、重くならないようになっています。でも、絶対泣きますけどね。(笑)

japolskaさんもまた、漫画をゲットされたらレビューお願いします~~!!読むの、めっちゃ楽しみにしていますから~~!!
Commented by japolska at 2018-03-24 07:52
Saki様>

書き込みありがとうございます!
最近ではSaki様からの書き込みを心待ちにしているワタクシです!

あー名前の分からない商品、分かります分かります!!!
私は最近では、大事な得意先に手紙を送る際、封筒内で濡れないように、2辺が閉じてある2枚重ねの薄い透明なプラスチックのシート(=シートの間に手紙を入れる)の事を英語でなんて言うかさんざん探しましたよ!
今ちょっと度忘れしているんですが、結局はなんとかSleeveとかいう名前で、無事購入できたんですが、
日本じゃぺらっぺらに薄くて安く売られているシロモノなのに、アメリカだと結構分厚くて高いんですよね~。
まあ、会社のお金だからいいか~、と思ってしまうテキトーな自分もいるんですけどね(笑)。

でも普段の生活の中で、昔から普通に使っている物なのに、結構名前を知らないのってたくさんありますよね。
しかもこれを英語で・・・となると、もう知恵袋あたりに投稿して誰かの教えてもらわないと撃沈☆彡のレベルで(苦笑)。

話は変わりますが、自己保身に走るわけではありませんが、
日本語の本に掛けるお金は、何とか余裕があるうちは、惜しまなくて全然いいと思いますよ!
特に紙ベースの本は、1回手に入れてしまえば、手放さない限りは死ぬまで同じ情報をこちらに何度も提供してくれますからね。
これが電子書籍だったら、リーダーも必要だし、もしそのサイトでしか読めなくてそのサイトが閉鎖されたら、支払ったお金は無駄になりますからね。
逆に紙の本だったら、希少価値は上がるし、プレミア価格もつくし!絶対にこれは「資産」だと思います!

Commented by japolska at 2018-03-24 07:57
Saki様>

おおおおお~!もしかして私たち、同じタイミングで書き込みをしていませんかっ(号泣)!!!

駿河屋さんの情報、少しでも何かのお役に立てれば幸いです!!!
そうなんですよ、ここは、消費税分の8円が付かない、とっても切りがいい価格で出してくださっているんですよ!!!

今まではずっとブックオフ&ネットオフで買っていたんですが、
駿河屋さんを知ってからは、まずここでチェックして、無かったら他のウェブ中古書店・・・という流れになっています。

あーでも調べていたんですが、ここ海外発送してくれないんですね・・・まあ予想通りでしたが・・・。
しかもBuyeeさんも調べてみたんですが、あそこはBuyeeさんのサイトで「落札する」というか「購入する」のが条件なんですね~(汗)。
駿河屋さんで買った商品をBuyeeさんへ転送して、そこで手配をしてもらえるようだったら無敵だったのに・・・。

私もいつ転送業者さんに頼ることになるか分からないので、色々と勉強している最中です・・・。
Commented by japolska at 2018-03-24 08:02
Saki様>

私は駿河屋さんで樹先生のお名前で検索をしていたら、
昔のLaLaの雑誌も販売されていて「おお!」となりました!
ああいう雑誌の表紙が見られるのってすっごく貴重、というか、
「ああ!そいえばこういう作家さんもおったわ!よっしゃコミック買ってみるか!」と、
めっちゃいいヒントになったりするんですよね~。

ちなみに昔の少女漫画や懐かしのアイテムを、
めっちゃ愛を込めて紹介してくださっている、
私の大尊敬するゆかしなもん先生の素敵なサイトをご紹介させて頂きます。

昭和ガーリー的文化研究所
https://lineblog.me/yukacinnamon/

私は初めてこちらのサイトを訪れた時、
あまりの内容の濃さに鼻血がまるで噴水のように飛び出しました(笑)。
よろしかったらこちらもどうぞ~♪

Commented by japolska at 2018-03-24 08:14
Saki様>

>火曜日に着くらしいんで

おおおおおー!さすが天下のアマゾン!到着日も分かるなんて心強いですよね!

6冊で2,600円ですか・・・どうかSaki様ご心配めさるな~(涙)!!!
私もhontoさんからのSAL便で、9冊で2,856円かかりましたから・・・(笑)。
ドル安もかぶり、合計金額見た時ぶったまげましたよ・・・でも止められないからしょうがない(笑)。

最近ではこの送料の事を「SAL便」ではなく、
「可愛い天使のお運び賃♪」と考えることにして、
運んでいるのがけなげで可愛い猫様だと思う事にしています(笑)。
こう考えると少し溜飲が下がりますw。←つーか、もう付ける薬ないですね・・・。

なにはともあれ、Saki様のブログ、楽しみにしておりまする~!←最近毎日お伺いさせて頂いています!
Commented by Saki at 2018-03-24 08:15 x
今、ゆかしなもん先生のブログにお邪魔してきたのですが・・・・・・ヤバイ!!ヤバいです!!!
まず、「バイキンくん」で絶叫しそうになり、悶絶しながら自分の頭を机の上に抑え込んで、絶叫を阻止しました・・・・・←(会社で仕事中)
あまりにもヤバイので、家でゆっくり見せて頂きます!うわぁ・・・・・こんなスゴイブログがあったのですね!!教えて頂き、有難うございました~~!!!ありがたや、ありがたや・・・・・
Commented by japolska at 2018-03-24 08:23
Saki様>

うおおおおー!チャット状態じゃないですかー!
この偶然に神様に感謝☆彡感謝☆彡ですよ!!!←ちなみにこちらは既に夕方7時過ぎで、ワタクシ一杯飲んで酔っておりますすみません・・・(汗)。

”昭和ガーリー・・・”のサイト、Saki様に喜んでもらえて幸いです!!!
あれ読み進めていってみると、もうマジでいい意味でアブないですよ(笑)。
あのブログからワタクシ、欲しい昔の少女マンガ本の世界が恐ろしく広がりましたw。

特にゆかしなもん大先生が訪れた、少女コミックだけを膨大に扱っている私設図書館の存在を知った時には、

「私が日本で大震災にあった時に死ぬ場所はここだ」

と勝手に決めつけたくらいですから(笑)。←図書館長に大迷惑です!

・・・ぬぁ~んて書いていたら、ゆかしなもん先生のブログを久しぶりに読みたくなってしまいました(笑)。
わたしもちょっくら80年代のラブリー乙女の世界に逝ってまいります(笑)。
Commented by Saki at 2018-03-24 08:23 x
そうなんですよね~~。Buyeeさん、めっちゃくちゃ使い勝手はいいんですけど、使えるオンラインリテールが限られているという難点が・・・・・
私も、更に使い勝手の良い転送やさんを探す旅に出ようと思います。(笑)

「可愛い天使のお運び賃♪」・・・・・私もそのようにポジティブに考えることにしますよ!!送料に罪の意識を感じたり、見なかったことにするのはもうやめます!!!(イヤ、見なかったことにするなよ、私・・・・・)
喜びをもたらしてくれる天使へのお駄賃だと思えば・・・・・くっ!!!

私もjapolskaさんのブログ、読書感想文も含め、めっちゃ楽しみにしてます~~!!
Commented by chiquita-angel at 2018-04-25 05:07
Commented by japolska at 2018-04-25 15:35
Commented by chiquita-angel at 2018-04-26 14:05
330キロだったんですか?すっごい!運搬してくれたお兄さんも偉い!我が家の辺りだったらどうなっているやら、考えるだけでも怖いです。配達状況自体が悪いんですよ。誤配はあるし、小包を無くされたこともあります。我が家は1725番地なのですが、半年に一度は1752番地に荷物を届けてあげています。正直、追跡の無いSAL便が無事に届くのか不安です。不在票をよその家に入れる可能性もありあり。。。

特別郵袋はそれほど安くなる訳ではないんですね。知りませんでした。

駿河屋さんの情報、ありがとうございます。利用できるようでしたらしてみます!お金の事はおいといて、うちはアパートなので本の置き場が限られてるのが辛いです。この間ベッド下収納ケースを漫画用に買いました。

一条ゆかり先生みたいな絵柄・作品を描く漫画家はいなくなりましたよね。有閑倶楽部とかは、今見ても全く古さを感じさせない絵。素敵です。

330kgって本当にすごい!あと2回同じ重さで配送したらほぼ1tですよ!!思う存分読書を楽しんで下さいね^^


<< 北国の人たちに関する本を読む 39      面白かった本 11 窪美澄... >>