人気ブログランキング |

じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 15日

日本から海外へ発送した船便を極力税関で開封されず&搬送途中で紛失されずに無事に目的地まで運んでもらう方法について 絶対にやってはいけない事編 その2

日本から海外へ発送した船便を、
極力税関で開封されず&搬送途中で紛失されずに、
無事に目的地まで運んでもらう方法についての、
「絶対にやってはいけない事編」
その第2弾(笑)!!!


2:食品を送る際、船便伝票やインボイスには、絶対に”FOODS(食べ物)”と書かない事!!!




「・・・・・・・・・・」




p(≧□≦)q < じゃあ、何て書けばいいんだよ!!!




ということになるかと思いますが・・・。




この場合の正解は、それぞれの食材の名前を書く、ということになります(汗)。



e0070787_22094741.jpg



たとえば、今回の私の船便の場合、

乾燥した海藻類を沢山送ったんですが、

上記写真のように”DRIED SEAWEEDS"と記入しました。



ただ単に”FOODS(食品)”とだけ記入してしまうと、税関の方では、



「一体どんな食品なのか?」



という疑問にぶち当たるらしく、



これまた迷いなく荷物を開けて検査してきやがります。←ああもうちょっと気を許すと昔の恨みが・・・(汗)。



ちなみに私は以前、規制されている食品を入れなかったにも関わらず、

いちいち食品名を書くのが面倒くさかったので、

伝票に全部まとめて”FOODS(食品)”と記載してしまったら、、、



見事に税関で開封され、箱の中の物が半分紛失&食品類は破壊されて届きました(T_T)!!! 

↑つーか、書いてて思ったのですが、こんなアホな事すんの私だけ・・・(涙)?



ですので、どんなに面倒くさくても、

例えば、お煎餅ならRICE CRACKERS

醤油ならSOY SAUCE

七味唐辛子ならHOT PEPPER七味の部分は省略OK)など、

出来るだけ原材料名を入れた英語表記で書いておくことをお勧めします。




by japolska | 2018-03-15 08:29 | Wonderful Books | Comments(4)
Commented by Saki at 2018-03-15 06:27 x
その1、その2と読ませて頂きました~~!
「野菜の箱」は盲点でした!!・・・私の荷物が半分になって届いた時の箱は、引っ越しやさんから買った無地の段ボールだったんですけど、もしそれがなかったら、絶対その辺のスーパーでもらってきた野菜の箱なんかを使ってたと思いますよ・・・・・そして、「野菜」の事実を包み隠そうともせず、まんまと素で送ってたと思います・・・・・無知って恐ろしいですね。

そう言えば、イギリスに住んでた時、母が送ってくれた日本食が届かず・・・・・私的にはその当時フラットシェアをしていたんで、フラットメイトのどいつかがパクったと思ったりもしていたのですが・・・・・「その2」を読んでいて、「・・・紛失だったのかも・・・」と今更ながらに思いましたね。

何も考えず、雑に送るのは命取りになると言うことがよくわかりましたよ・・・・・( ̄▽ ̄;)・・・・・
Commented by japolska at 2018-03-15 23:57
Saki様>

書き込みありがとうございます!

実はこんな風に私の船便の悲劇&そこから学んだ事を、僭越ながらこちらのブログで、私の阿鼻叫喚の雄叫びという余計なおまけ付きでご紹介させて頂いているのですが、書いていてふと、

「これってもしかして、アメリカから日本にいる誰かに依頼して物を梱包してもらって、それから取り寄せているという形をとっていらっしゃるSaki様にはあんまり関係の情報かも・・・(汗)。」

と思ったんですが・・・でも少しでも誰かの何かのお役に立てれば、私は飛び上がって喜びますよ(笑)!!!

いや、引越し屋さんから買ったダンボールは大正解だと思います!!!
私は今回DIYショップで、大きさだけに注目して、ダンボール箱をいくつか購入してきたんですが、
買ってきて梱包しているうちに「これちょっと薄目かも・・・」と実は心配になったくらいでした。

おおおおおー、イギリス在住中に日本食が届かなかったなんて!!!それは悲しい出来事です・・・。
ちなみに私は10年以上前にイスラエルにいたことがあって、あまりにも日本食材が恋しくて、その時に日本の母に手紙を出して、カレールーを送ってもらった覚えがあります(笑)。
あの時は航空便だったので結構早く到着しましたねー。
「やっぱり金を掛けるとこれだけ確実か!」とも同時に思いました(笑)。←残念ながら最終的に確実性は掛けた金額に比例するのかもしれません・・・。

基本的に税関で開けられるor開けられないは、ほんっと運だとは思います。
でも、例え搬送に多大なお金を掛ける余裕がなくても(=船便)、発送前の荷物にきちんと工夫すれば、紛失の確率はぐんと下がる事も判明したし、色々ネット検索をして、体験談を乗せてくれた人たちの記事はものすごく私を助けてくれたので、私も誰かに役に立つ情報を与えられるよう、このシリーズは最後まで熱く続けていく予定です(笑)!

Commented by Saki at 2018-03-16 08:06 x
いえいえ!!私が実家に帰った折りに、こちらに本を送ったり、またはおかんに何か送ってもらう時に、「野菜はあかん!」と言う知識、絶対に役に立つはずですよ~!!

この間ちょろっとここにドサクサに紛れて書いた、「樹なつみ」さんの「朱鷺色三角」と「パッションパレード」を実家に送り付けて、自分が行った時に船便で他の本と一緒に送ってやろうかな・・・・・等と、おかんと妹に断りもなく考えてる次第ですからね・・・・・ふふふ・・・・・

続き、めっちゃ楽しみにしています!!
Commented by japolska at 2018-03-16 22:09
Saki様>

書き込みありがございます!

あれから私は白泉社花とゆめシリーズのひかわきょうこ先生の昔の漫画を読んだらすっかりはまってしまいまして、底値を狙ってコツコツと未読の作品を集めておりまする(笑)。

余談ですが先日HontoさんにSAL便で発注を掛けましたので、現在SAL便はどれくらいの速さで届くのかも後程レポートさせて頂きます!


<< 日本から海外へ発送した船便を極...      北国の人たちに関する本を読む 38 >>