じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 16日

ギリシャヨーグルトチョコチップ&ナッツ入りバナナケーキを焼く

e0070787_00034213.jpg



セールで卵とヨーロッパスタイルのバター、
及びギリシャヨーグルトチョコチップが半額だったのと、
見切り品の熟したバナナとダークブラウンシュガーが激安だったので、
家にあった胡桃やマカダミアナッツも使い、
ギリシャヨーグルトチョコチップ&ナッツ入りバナナケーキを焼いてみました。


e0070787_00071767.jpg




基本のパウンドケーキ生地(卵3個、バター/小麦粉/砂糖 各120グラム)から、
バナナとチョコの甘さを考慮して、砂糖を半分の量に減らし、
上記4種類の材料をボールに入れよく練りあげてから、
荒く刻んだバナナ4本分とチョコチップ及びナッツを適当に投入。
全体をさっくり混ぜたら、クッキングシートを敷いた型に流し込み、
飾り付けとして上からバナナのスライスを並べてみました。


e0070787_00104731.jpg



約380Fのオーブンで焼く事約30から40分。
しっかり焼色が付いた手作りバナナケーキが出来上がりました!


e0070787_00121126.jpg



断面はこんな感じです。
まーお世辞にも美しいとはいえませんが(笑)、
口にしてみると周りのカリカリ部分と、
たっぷりと入れた中のバナナのねっとりした食感の対比が面白く、
また砂糖控えめ&バナナのあっさりした自然な甘さと、
グリークヨーグルトチョコチップの爽やかな酸味、
そして2種類のナッツの香ばしさの組み合わせが絶妙に合っていて、
手前味噌ながらも大変美味しいケーキに仕上がっていました。
あっという間に2人で半分くらい簡単にぺろりと食べてしまいました。





HOTな食べ物教えて!






ほっとフォトコンテスト





[PR]

by japolska | 2018-02-16 09:02 | 世界のテーブルから | Comments(6)
Commented by Saki at 2018-02-17 01:20 x
めっちゃおいしそうです~!!バナナ好きの私のハートに激しく刺さりました~~!!!
因みに、この間は「パプリカの肉詰め」をコピーさせて頂きました。我が家の肉詰めは、鶏ひき肉を使用、フライパンで甘酢にからめる手法を取っているのですが(大げさな・・・)、japolskaさんのをマネて、野菜とハーブを混ぜたひき肉を投下して、オーブンで蒸し焼きにしてみたら、うちの夫にかなりウケました!!
晩御飯のおかずがマンネリ化し続けてたので、とても助かりました~~!!有難うございます!!

p.s. アマゾンをチェックしてたら、狙ってた「湯神くんには友達がいない」の中古12巻セットが、¥600の破格で出てたので、うっかり購入してしまいました。(笑)
Commented by japolska at 2018-02-19 23:47
Saki様>

おおおおお~!Saki様もバナナ系のお菓子、お好きでしたか~!
でもこのケーキ、あっさりといくらでも食べられますし、栄養もあるかと思いますが、体重増加がヤバイです(笑)!!!

肉詰め、甘酢バージョンも美味しそうですね!
ちなみに「パプリカ/ピーマンの肉詰め」を初めて知ったのは、かの懐かしの少女ギャグ漫画・室山まゆみ氏著の「あさりちゃん」からでした・・・主人公のあさりちゃんはピーマンの肉詰めが大好きで、美味しそうに食べているのを見て、あの頃ピーマンが苦手な私は肉詰めから好き嫌いを克服しました(笑)。今ではピーマン、大好きです!

おおおおお・・・・漫画買われておりますね~♪
確かに!アマゾンのマーケットプライスは、時々超破価値でセット漫画が売られていますよね!あそこは結構穴場だと思います(笑)。
私は少し前に、これまた古い漫画なのですが、弓月光先生著の「ボクの婚約者」全7巻を600円で、秋里和国先生著の「それでも地球は回ってる」の文庫版3巻をなんと1円で入手しましたよ(ただし送料257円は払った)!

余談ですが「湯神くんには友達がいない」セットを今アマゾンで検索しましたが、価格が2倍になっていましたよ!とっても買い物だったと思いますよ!
ここ数年ひしひしと感じることですが、やはりどの中古書店でも、売り出し価格や送料が微妙にどんどん上がってきているし、また最近では郵便局も海外への発送に別に手数料を取るようになってきましたので(私は前回の里帰りで今までなかった通関手数料2800円払わされた!)、欲しい本が手頃な価格で市場に出ていたら「今すぐに」手に入れたほうがいいと、最近しみじみ思います・・・。

という訳で、これからもお財布が許す範囲でどんどん漫画を買っていきましょう!
Commented by Saki at 2018-02-21 01:29 x
め~~っちゃおいしそうですよね!私も食べてみたい!!てか、作れたら・・・・・!!!←(お菓子作りの才能、この世の底辺)

なんと!!ピーマンの肉詰めは「あさりちゃん」からでしたか!!・・・・結構あの当時としては、衝撃的な漫画でしたよね。くくく…(笑)

えぇ!?湯神くん、2倍になってましたか!?・・・・・実はあの値段・・・・・エラーかなんかだったんじゃないかと思ったりしてるんですよね・・・・・だって、「600円」で出してるところが3,4件あって・・・・・しかもコンディションも「良い」「非常に良い」だったんですよね・・・・・今チェックしてみたら、「600円」なんて値段、まったくないですよね!!もしかして私、めっちゃラッキーだったかも・・・・・

弓月光!!懐かしい!!絵がめっちゃキレイですよね、あの人の漫画!内容も面白いですけど。(笑)「それでも地球は回っている」はなんかタイトルは知ってますけど、読んだことはないけど・・・・でも、1円とは!!!送料257払っても、全然OKですよね!!!

郵便局って今、そんなにセコイことになってるんですか!?私は今回も湯神くんの出荷は、「Buyee」にお世話になりました。漫画600円+日本国内の送料350円+本体の料金が安かったので、Buyeeの手数料150円(2-3000以上でこれは無料になったような・・・)+検品/保険500円+SAL小型便2090円ほどになりました~!Buyeeは作業も速いし、配達方法も色々選択があって、めっちゃおススメです!

今回の「湯神くん12巻セット600円」で、マジ、手ごろな価格でほしい作品を見かけたら、「すぐに」手に入れるべし!を痛感しました。これからも頑張りましょう!!(え?)
Commented by japolska at 2018-02-22 01:19
Saki様>

書き込みありがとうございます!

Buyee、かなりいいお仕事されるんですね~。
もう10年前とは考えられないくらいのサービス内容になってきましたね。

そうなんですよー。郵便局での2,800円はかなり痛手でした(涙)。
でもこれは「船便で20万以上の価値がある物を1回で送る場合」だったので、
それ以下だったら手数料は掛からないんですよ。
私は今回、本が詰まった30キロの箱を11箱送り、それぞれの品物の価値金額を、
万が一紛失されても無料で保険が受けられる最高額の約32,000円に設定したので、
合計20万超えになっちゃって、それでひっかかっちゃったんですよね・・・。
今までそんな手数料なんて全然請求された事がないのでかなりショックでした。
(それぞれの箱の価値金額を下げてもよかったのだけれど、
紛失された時の保険金も下がってしまうので今回はやめました。)

でも(私が船便を利用し始めてから)10何年も船便の値上げがないので、
郵便局も頑張ってくれてるんだ・・・と思うことで溜飲を下げる事にしました。

でも金券ショップでの切手の販売金額率も上がってきているし、
何年も前にアメリカ→日本の船便も「突然」なくなったし、
何と言っても配送業者が人手不足のために色々と利用金額を上げてきているみたいなので、
この先郵便料金が上がる事は必須!という気がするので、
もーホント私は今ほしい物は「今年中に絶対手に入れる!」気持ちでいます(笑)。←ってちょっと考え過ぎかしら(笑)。
Commented by Saki at 2018-02-22 06:26 x
ああ~、そういう経緯があったのですね!!
でもやっぱ、荷物に保険は大事ですよ・・・特に船便!!
私こちらに引っ越してきた時に、船便を利用して私物を6箱くらい送ったんですけどね・・・・・
そのうちの一つが・・・・・半分のでかさになって届いたんですよ・・・・・(驚愕)
そして、もっとショックだったのが・・・・・
お気に入りのミュールが・・・・・
片方だけ届いたと言うね・・・・・どうせなら、両方とも海の藻屑として消えてほしかった・・・・・
片方だけ届いたお陰で、余計に辛さが増しましたよ・・・・・そして、保険かけてなかったって言うね・・・・・
人間って、辛い目に遭うまで、なかなか学ぼうとしない生き物なんですね・・・・・←(お前だけだ)

郵便料金が上がっても、ビックリしないですね・・・ホント、どうっしてもほしいものは今年中にゲットですね!!!
Commented by japolska at 2018-02-22 23:47
Saki様>

たびたびの書き込み、大感謝です(T_T)!!!

うおおおお~、Saki様はそんな悲しい事件があったのですね~(涙)。
日本からの物資、特に、自分の思い入れがある私物は、海外移住者にとっては「プレミア付きのお宝」ですからね。
しかもお気に入りのミュールが片足分だけなくなったって・・・どんな嫌がらせよ!!!って感じっすよね。

でもSaki様、荷物が半分になって届いた時、こちらのUSPSで損害賠償金を請求されましたか?
郵便局の船便は、例え私達から+@の保険金をかけなくても、送った時の重さによって損害賠償金を請求できるんですよ(↓くわしくはこちら)。

http://www.post.japanpost.jp/int/service/damage.html

ちなみに私は2回丸ごと紛失&1回開けられて中身が減っていたので、アメリカの郵便局・USPSに届け出て損害賠償金を小切手で支払ってもらいました。
USPSの窓口の人は手続きの仕方をよく知らないし、小切手送付まで時間がかかりましたけど、ダメージを写した写真や商品リスト、及び経緯等を記載した書類を提出したらなんとか通じて無事手続き完了することができました!

でもまるっと船便2回なくされたときはショックでしたね・・・。
どれも古本ばかりで1箱30キロぎりぎりで、損害賠償金も1箱に付き約$300戻ってきたのですが、絶版本もあったし、また買い直す手間や、紛失されてから保証金受け取りの間にぐーんと値段が上がってしまっていた本もあったので、ホントにあの時は大変でした・・・。

でもしらべたらやっぱり郵便局の船便って、扱いがかなりひどいらしいですね。
でも安いので急がない本に関してはどうしても使っちゃうんですよ~(汗)。
時間を気にせず無事に届けばこんなに安く使えるサービスはないので・・・。

あああああもうロトでも当たんないかな~!!!そうすれば日本からどんな物でもEMSでガンガン注文できるのに~!!!
セコビッチの相変わらずセコさ極まりない心の雄叫びでした(笑)。


<< 2017年12月25日 さいた...      アメリカで9種類の唐辛子を使っ... >>