じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 31日

2年目に突入!BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(ホテルエピナール那須編)

e0070787_00201289.jpg



ホテルエピナール那須での絶品朝食をたらふく頂いて、
帰りの支度が済んでチェックアウトの時間になったら、
今回宿泊した部屋から見ることができたこの絶景ともお別れです。


しかし私には出発前に、この素晴らしいホテルにて、
成し遂げなくてはならない小さなプロジェクトがひとつありました。


それは、ブッククロッシングに登録した本を旅立たせる事でした(笑)!!!




※ブッククロッシングプロジェクト(←いつからミッション扱いに?)に関する記事はこちら(↓)

BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(前編)

http://japolska.exblog.jp/25370000/

BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(後編)
http://japolska.exblog.jp/25470914/

2年目に突入!BOOKCROSSING(ブッククロッシング)を使って本に旅をさせてみたお話(旅立ち編)

http://japolska.exblog.jp/26556991/



e0070787_00272319.jpg



先ずは出発前、バスの待ち合わせまでの空き時間を使って、
ホテルエピナール那須さんの施設内をうろうろと歩き回ること約10分。
2階の渡り廊下のような場所の一角に、
子供向けの絵本を沢山置いてあるプチ図書エリアを発見。


この場所を発見したとたん、ワタクシの典型B型の本能が、


「こ、、、この場所ほど、このホテルエピナール那須さんの施設内において、
本を旅立たせるのにうってつけの場所はないだろう!!!」



と瞬時に判断しました(笑)。



e0070787_00320316.jpg



今回は旅立ち予定の6冊の中から、
この場所にふさわしい児童書(中級向け)を選択!


ちなみにこの本は、戦後の下町の子供達の様子が、
子供達からの目線で描かれていて、大人の私が読んでも結構読み応えがありました。
特に昭和レトロ好きの私にとってはたまらない内容でした。


e0070787_00325356.jpg


という訳で、アメリカ・ケンタッキー州ルイビルから持ってきた本の中の1冊は、
こちら日本の栃木県・那須塩原にある、ホテルエピナール那須さんのえほんコーナーから、
ブッククロッシングのプロジェクトの一環として無事旅立つ事に成功致しました!!!

(↑というか、相手の迷惑も考えずにただ置いてきたともいうw。ホテルエピナール那須のこちらのコーナーのご担当者の方すみません・・・。)



今回旅立ち予定の本は、あと残り5冊!!!
それぞれの旅先は後程またご紹介致します(笑)。





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by japolska | 2018-01-31 09:19 | Wonderful Books | Comments(0)


<< ポーランドの市販の即席スイーツ...      2017年12月14日~15日... >>