じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 14日

ポーランドのスープ・ズッパ・グジボヴァを作る

e0070787_01261889.jpg


先日、ロシアのスープ・ボルシチを作った時に参考に読んだ冊子の中に、
ポーランドのスープ・ズッパ・グジボヴァ(キノコのクリームスープ)が掲載されていました。



なので、念の為ポーランド人の夫に、


「ズッパ・グジボヴァを知っているか?」


と訊いてみたところ、

o(≧◇≦)o<「おおおおおーーー!ズッパ・グジボヴァーーー!」



と、大変激しい反応が見られたので、
材料も殆ど全て冷蔵庫にあったので作ってみる事にしました。



e0070787_01311774.jpg

e0070787_01323648.jpg


主な材料は、マッシュルーム、玉葱、バター、ブイヨン、チーズ、薄力粉に牛乳です。
冊子の中にはエリンギを使用すると書いてあったのですが、
残念ながらなかったので、代わりに乾燥しいたけを使用しました。


e0070787_01351148.jpg


まずは鍋でみじん切りにした玉葱をバターで炒めます。
もうこの時点で大変美味しそうな匂いが台所に漂ってきます(笑)。


e0070787_01364948.jpg


玉葱がしんなりしたら、輪切りにしたマッシュルームを加え、
しんなりするまで炒めます。


e0070787_01373961.jpg


マッシュルームのかさが減ったら、この時点で薄力粉を投入します。
おそらくこの薄力粉はとろみ付けだと思うのですが、
私はいつも仕上げに入れていたので、この時点で入れるというアイデアが目から鱗でした。


e0070787_01385468.jpg


小麦粉は調理の途中で入れたほうが、
だまにならなくていいみたいです。
とても良い発見でした。


e0070787_01393764.jpg


薄力粉がなじんだら、水とブイヨンを投入し、
一旦沸騰するまでかき混ぜながら温めます。
この時点で乾燥しいたけをそのまま加えました。


e0070787_01411125.jpg


沸騰したら牛乳を加え、チーズもたっぷり加えます。
かき混ぜつつ更に温めて、チーズが完全に溶けたら完成です。
私はこの後、あら引きの胡椒と塩も少し加えました。



e0070787_01421521.jpg



こちらが昨夜の夫の夕食です。
ポーランド人が大好きな固いパンと、
あとは栄養のバランスをとるために、
冷蔵庫の中の残り物を別皿に綺麗に並べてみました(笑)。



e0070787_01432844.jpg


スープのアップ写真です。
最後に飾り付けで冷凍のパセリを載せましたが、
もしあったらディルの方がポーランドのスープにより近くなると思います。

夫が食べた感想は、すごくポーランドの味がするのでぜひまた作って欲しいとの事。
ポーランド人が大好きなキノコにたっぷりの乳製品が使われているのが彼の心の琴線に触れた模様です。




[PR]

by japolska | 2017-01-14 08:23 | ポーランド | Comments(0)


<< 北国の人たちに関する本を読む 3      埼玉県で唯一、無殺菌牛乳が買え... >>