じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 19日

トリアス久山へ行く

今日は夫の同僚の方に、トリアス久山
というショッピングモールへ連れて行ってもらいました。
洋服の靴のアウトレットから食料品、レストラン街にダイソー、
アミューズメントパークまで揃っていて、とても楽しい場所でした。

その帰り、とてもおいしいシュークリーム屋さんに寄って来ました。
まるでパイのような外側に、濃厚なカスタードクリームがたっぷり入っていて、1つ105円。
質の割には、信じられないくらい安かったです!
他にも、桜のロールケーキや苺たっぷりのミルフィーユ、
絶品オペラケーキなどが並んであって、どれも宝石みたいにすごくきれい。
小さいお店だったのですがすごくおしゃれで、ひっきりなしにお客さんが来ていて、
店内はずっとひしめき合っているような感じ。
一目見て人気があるのとその理由が分かるような気がしました。

写真を撮ろうと思ったのですが、あまりのおいしさにすっかり我を忘れ、
あっという間に食べつくしてしまいました(汗)。すみません。
場所はJR箱崎駅の近くです。

お菓子工房オペラ
福岡市東区筥松新町4ー12南里ビル フローレンス1F
092-611-1197
[PR]

# by japolska | 2006-03-19 21:48 | 日本 | Comments(2)
2006年 03月 16日

価値のある小銭

先日、小銭への愛を打ち明けた私ですが(笑)、
今日はその小銭で、こんな出来事がありました。

現在私は職場の最寄の駅まで、回数券を購入して通っています。
(※JRの回数券は1度買う6枚発券され、1枚につき20円、通常より値引きになります。)
そして今日、回数券が切れてしまったので、
いつものように改札横の自販機にお金を投入して買おうとしたんですが、
投入した数枚の10円の内の1枚が、何度入れても自販機に受け入れられず戻ってきてしまうのです。

不思議に思いながらも、急いでいたので、その10円玉をポケットにしまってから、
適当に違う小銭を投入して切符を購入。
家に戻ってから、その問題のある10円玉を調べてみると、
横にギザギザがついた、昭和33年の10円玉でした。

e0070787_2265666.jpgさらにインターネットで調べてみると、
現在流通している小銭の中でも、発行年度によって微妙に付加価値がついているようで、
こちらのサイトによると、この昭和33年の10円玉は、
何と(?)6倍の価値の60円の値打ちがついているそうです。

たいした金額ではないけれど、自販機に何度もはじかれて私の手元に来た事から、
なんだかこの10円に付加価値以上に愛着が持てそう(笑)。
福岡で過ごした思い出として、記念に取っておこうと思いました。
[PR]

# by japolska | 2006-03-16 22:17 | 日本 | Comments(5)
2006年 03月 15日

本日的波蘭語講座 5

今晩のあなたはどちら?

Tak(タク):  はい
Nie(ニェ) : いいえ


ところで、他の国にも「Yes/No枕」というものはあるのでしょうか。
初めてこの枕の意味を知った時、あまりの合理性に感動したものでした(笑)。
※分からない人はお父さんやお母さんに聞いてみましょう!
[PR]

# by japolska | 2006-03-15 19:40 | 本日的波蘭語講座 | Comments(4)
2006年 03月 14日

てりたまバーガー

ここ2、3日、福岡は真冬並みの寒さです。ぶるぶる。

昼間から何となく気分が優れず、料理をする気力がなかった私。
先日、こちらのエキサイトブログに登録させて頂いている、
今日も、暮らそう。のエリさんのブログで、
てりたまバーガーの記事を読み、なんだかむちゃくちゃ食べたくなってしまいました。

たまたまその前に寄った本屋で、偶然にもマクドナルドの割引クーポンをゲット。
「これはきっと神様が今日食べなさいと言っているに違いない!」と思い、
その教えに素直に従い(笑)、その足で直接マクドナルドへ。
てりたまバーガー(190円)3つとポテトのM(120)を3つ購入。合計930円でした。

家に帰り、夫と一緒に、夕べの残りのサラダと白ワインと共に食べました。
久しぶりにハンバーガーを食べたので、とってもおいしかった。
てりたまバーガーの、ほくほくした卵と甘い照り焼きソースの組み合わせが最高でした。

こちらのサイトで、マクドナルドのクーポンのダウンロードができます。
てりたまバーガーの包み紙には桜が描かれていて、とてもラブリーでした。
[PR]

# by JAPOLSKA | 2006-03-14 20:43 | 日本 | Comments(4)
2006年 03月 13日

派遣期間延長

えー、先日、今の仕事が24日で終わると書いたのですが、
今日、派遣会社の人から、

「24日までと言う事をお伝えしてあるのですが、
(注:派遣スタッフは誰一人としてこの情報を派遣会社からの公の情報として聞いていない。)
仕事が増えてきたそうなので、31日までして頂く事になりました。」

と言われました。

・・・・・・・いやぁ、仕事があるということはいいんですけどね。
でも、もっと早くにきっちり知らせて欲しかったです。
3月1日でこの情報を手に入れられていたら、とっとと定期を買って、交通費がかなり節約できたのにー(T_T)
何だか知りませんが、めっちゃがっくりきてしまいました。

ちなみに定期を買うのと回数券を買うのでは約2000円弱の差。
隣の派遣スタッフに思わず愚痴ったら、こんな風に返されました。

「何言ってるの、収入が5日分も増えるんだよ
仕事ちょろいし(しかも日増しに簡単なものになっていっている)、
お菓子も沢山もらえるし(女性ばかりなのでいつも何かしらおすそ分けが回ってくる)、
座ったままの仕事でおしゃべりも出来るんだし、
交通費なんて、そんなことは忘れてしまいなさい!

・・・・・・・確かにごもっともでございます(笑)。
でもどうしても、そういう目の前の小銭程度の損得に目をやりがちで、
大きなことになかなか目を向けられないのが私なのです。
確かによく夫にも「もっと大きな金額で損得を見ろ!」と言われるんですがね。

しかし、どんなに頑張っても、例えどんなにお金持ちになっても、
やっぱり私は、心のどこかでこんな風に小銭を気にしながら生きていくような気がします。

アイラブ小銭。
[PR]

# by japolska | 2006-03-13 21:18 | 日本 | Comments(3)
2006年 03月 12日

陶芸体験へ行く

もはやどこに出しても恥ずかしくないくらいの引きこもりに育ちつつある私達(笑)。
このままじゃいかん!と毎週末外出を試みるのですが、
どうも怠けモードが先に立ってしまい、結局出かけず終い。
どうやら私達は、他人を巻き込んだり何か予約か何かして、
自分達を追い立てないと外出しないことに気がつきました。

ということで今日は、先日フリーペーパーで見つけて電話予約をしておいた、
天神にある陶芸教室へ足を伸ばし、電動ろくろの半日体験をしてまいりました。

今回のこのろくろ体験は、私自身以前からぜひやってみたいと思っていたし、
繁華街・天神方面へ行くいい理由になると思ったからですが、
(しかも陶芸教室がキャンペーンをしていて、格安で体験ができると言う事もあった。)
完全右脳派文系アート人間の私に、120%左脳派理系サイエンス人間の夫
この両極端な全くの初心者2名が「陶芸」に挑戦してみたらら果たしてどんな作品が出来るのか、
ちょっと見てみたかったのもありました。

はっきり言って、自信満々だった私。
「理系人間の夫より絶対いい作品が出来るはず」と、自分を信じて疑いませんでした。

雨が降る中傘を差し、地下鉄に乗り、午前10時過ぎに到着。
インストラクターさんからの説明を聞きながら、
電動ろくろを回し、格闘すること約1時間。


・・・・・・・・・・・・結果、こんな感じになりました(↓)。


e0070787_20284612.jpg左が夫、右が私の作品です。
くやしいのですが、夫の方がはるかに上手いのです!!
夫はインストラクターさんからも「スジがいい」と褒められる反面、
私は何度も何度も失敗して、思い切り手間をかけてしまいました。
どうやら夫は、粘土に手を当てながら、自然と力配分と角度を頭の中で計算していたようで、
じっくり対象物を観察しながら、牡牛座の特有ののんびりさを生かし、ゆっくり丁寧に作り上げた模様。
一方私は、突発的な事に弱い山羊座、目の前でくるくる勝手に動く粘土玉になかなか対応できず、
その為手の位置を正しく置く事が出来なくて、壊してばっかりいる始末(T_T)。
実は左の写真の私の作品も、ほとんど先生にやってもらったようなもの。
そういえば私、ミシン使えないしなぁ。シューティングゲームとか全然ダメだしなぁ。
少し哀しい気持ちになってしまったのですが、なんか、納得してしまいました(苦笑)。


後でインストラクターの方に聞いてみたところ、
このような物作りには、やはりある程度作品に性格が出てしまうようで、
既に作るところからその人の意外な一面を覗く事ができるそうです。
ちなみに夫の場合は、初めてでも1回で作品をすんなり形にすることができたこと、
そして作る器が自然と大きくなってしまうところから、性格的には大らかで素直なのだとのこと。
ちなみに私に対しては、ノーコメント
なぜか、さりげなくかわされてしまいました・・・(遠い目)。

でも、何はともあれ、とても充実した時間を過させてもらいました。
特に夫はものすごく楽しかったようで、終わってからもずっと笑顔。
色を塗って焼きあがるまで約1ヶ月かかるそう。今から完成が楽しみです。

陶芸教室の連絡先は以下の通りです。
※ちなみに3月末まで、電動ろくろ体験が無料(色&焼き代金1050円別途必要)、手ひねり体験900円でできるそうです。

陶芸広場 赤ぴーまん 天神本校
住所:福岡市中央区大名1-10-5 マックス天神ビル5F
電話:092-722-3211
[PR]

# by japolska | 2006-03-12 21:09 | ハンドメイド | Comments(7)
2006年 03月 11日

食わず嫌い選手権(夫 / ポー人の場合) 答え

「食わず嫌い選手権(夫 / ポー人の場合) 」答えは以下の3つでした。

・グレープフルーツヨーグルト和え
理由:牛乳やヨーグルトなど「ミルク系」の味が苦手だから。
けれどケーキ類やコーヒーに入れるクリームは大好物。
グレープフルーツも大好きです。
(私にしてみては同じようなものなのに・・・どう違う?)

・さつまいもとかぼちゃの煮物
甘くほくほくした野菜の風味が嫌いだから。
ちなみに人参も同じ仲間に入るそうです。

・お寿司のウニ
なぜだか分からないけれど、イヤ。
ちなみにお寿司で一番好きなネタはマグロです。
妻に取られないように最初に選びます。

これ以外の食べ物は大好き。よく食べます。
[PR]

# by japolska | 2006-03-11 21:45 | ポーランド | Comments(3)
2006年 03月 09日

食わず嫌い選手権(夫 / ポー人の場合)

以下のメニューの中で、ポーランド人の夫が絶対に箸を伸ばさないものは何でしょう。

・からみもち(おもちを大根おろし&醤油とあえたもの)
・ひじきの煮物
・グレープフルーツヨーグルト和え
・レバにら
・さつまいもとかぼちゃの煮物
・キムチ
・お寿司のウニ

ちなみに夫の味覚は以下の通りです。
・甘いもの&フランスパン&動物性脂肪が大好き
・味や匂いに敏感

答えは明日。よい週末を!
[PR]

# by japolska | 2006-03-09 18:10 | ポーランド | Comments(5)
2006年 03月 08日

お弁当が好き!

会社の帰り道、本屋に立ち寄ったら、こんな雑誌を見つけました(↓)。

季刊うかたま

背表紙に書かれたサブタイトル「今日はお弁当!」。
この1文に吸い込まれるようにして中を開いてみました。
見てみるといろいろな人の手作り弁当の中身や外国の人達のお弁当メニュー、
お弁当の歴史、素敵なお弁当箱の特集、コンビニ弁当やお弁当の達人のブログ紹介まで、
ありとあらゆる楽しい記事が目白押しだったので、
またまた即購入してしまいました(笑)。
この頃はじけるように衝動買いをしてしまっている私です。
うーん、だって、春だもん、と、季節のせいにしてみましょうか(笑)。

お弁当が大好きです。
お母さんのお弁当からコンビニ弁当、ほっかほか弁当や自分で作ったお弁当も、
みんな抱きしめたいくらい愛してます(←つぶれるつぶれる・笑)。
なので、短期の仕事をしている今でも、毎日手作りのお弁当を持参しています。
でも、あまり工夫ができない性格らしく、メニューはいつも同じような感じ。
いつもは日曜日の夕方にある程度まとめていくつかおかずを作っておいて、
1週間かけてちまちま入れながら減らしていく、というパターンです。

ちなみに夫は、あまりお弁当には興味がない模様です。
以前職場で食べるためのサンドイッチでも作ろうかと申し出てみたのですが(実際作った)、
さりげなく断られてしまいました。うーん、さみしい。
寒い国ポーランド出身なので、冷たくなった食べ物にはあまり食指が動かないのでしょうか。
でも、私が毎朝ちまちまお弁当を詰める姿を見るのは楽しいのだそうです。

最近のお気に入りの「おうちのごはん」系統の本をご紹介します。


e0070787_2222487.jpg朝食365日 西川治 マガジンハウス
毎日の朝食内容と簡単な調理法、そして短いエッセイ文で綴られている1冊。
ちょっと池波正太郎+村上春樹氏のような雰囲気の文章。
読み手を気にしない淡々とした日記風の文章がシンプルでとても読みやすかった。
面白かったのは、日本食だけでなく、作者本人がアメリカに滞在し、
そこでの朝食もきちんと紹介してくれていること。
写真は一切ないのですが、どれもとてもおいしそう。
私にとっては何度読んでも飽きない本になりそうです。


e0070787_22355643.jpg
お弁当いただきます! 平野恵理子 誠文堂新光社
お弁当に関しての楽しいエッセイが満載。
小さい頃のお弁当の思い出や各地の駅弁、
お弁当アイテムのこだわりや世界のお弁当情報などなどが、
作者の手書きのイラストと共に書かれていて、とても楽しい一冊。
本当にお弁当が大好きなんだなぁ、と、読んでいるこっちが目を細めてしまうくらい(笑)。
女性にお勧めの本です。






みなさんの好きなお弁当のおかずはなんですか?
よかったら教えてください!
[PR]

# by japolska | 2006-03-08 22:44 | Wonderful Books | Comments(4)
2006年 03月 07日

買ってしまいました!

若い頃(とは言っても、まだ若いつもりだけど!!)持っていた本やCDを、
少しづつまた買い戻す日々が続く今日この頃。

本日、すっごく探していた1枚を、やっと手に入れることが出来ました!!

e0070787_21181154.jpg「あぶない刑事」オリジナルサウンドトラック総集編
今少しづつレンタルで見ているテレビシリーズ「あぶない刑事」の初期に発売されたサウンドトラック。
当時明けても暮れても「あぶない刑事」が大好きで、このCDを買ってよく聞き込んだものです。
なんと1987年6月3日発売のCD。いつの間にか手元に無くなってしまい、
中古CD屋さんでいつも探してはいたのですが見つからなかった。
オークションでは見かけるのですが、何となくやりとりするのが不安で二の足を踏んでいました。
しかし先週末ふとアマゾンを覗いてみたら、中古でもなく個人販売でもなく、
普通に新品として売られていたので、びっくりしつつも即購入してしまいました(笑)!!
さっきパソコンで流してみたら、約20年前と同じ音楽で、ものすごく懐かしかった。
体中の細胞の核すべてが花開いていくような感じでした(笑)。


このCDは代引き手数料込みで3,019円。約10年探し回っていた事を考えれば安いです!
ドライブの時に思い切り聞くつもりです。うーん、やっぱりユウジ、大好きだー(笑)!!

やっぱり青春時代を一緒に過した音楽や本ってずっと心に残りますね。
今買い戻している本やCDは、もう一生手放さない。心からそう思います。
[PR]

# by japolska | 2006-03-07 21:26 | 日本 | Comments(2)