じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 27日

初めての朝食記念日

ここ数日の夫の急激な変化に、微妙についていけてない私。

なんと今朝は、夫が朝食を用意してくれました。
結婚3年目にして、初めての出来事でした。

冷凍のピザをオーブンで焼くだけだったけど、
きちんと取り皿もフォークも出してありました。
しかも大きくていい取り皿(※私達は現在寮住まい。備え付けの皿は本当に適当なのしかないのです)を、
私のほうへ用意してくれるという気の配りよう。

「朝ごはんだよ」と呼ばれたときは、泣きたい位に嬉しかった。
私にとって、最高のホスピタリティでした。
[PR]

# by japolska | 2006-02-27 21:09 | 日本 | Comments(6)
2006年 02月 26日

インド人のセーター 完成

インド人の彼女が編んでいたセーター(ベスト)が完成しました。

e0070787_22125262.jpg
写真ではちょっと分かりづらくて申し訳ないのですが、
とても可愛い桜色で、手作りの暖かさが伝わってくるような素敵な作品に仕上がりました。
とは言っても、私があまり教えることはなかったんですけどね(汗)。

なぜなら今月頭から私が仕事を始めてしまい、昼間家にいなくなってしまったので、
時間を持て余してしまった彼女は、反対隣に住んでいるルーマニア人の奥さんに色々と詳しく教わったそうです。
企画:日本、製作:インド、指揮:ルーマニアの3カ国共同制作作品という感じでしょうか(笑)。
なにはともあれ、生まれて初めてのセーターに、彼女はとても嬉しそうでした。よかったです。
[PR]

# by japolska | 2006-02-26 22:24 | ハンドメイド | Comments(5)
2006年 02月 26日

春告花一輪

春を告げる花、「梅」がこちら福岡でも咲きました。

e0070787_18115215.jpg
写真は、今住んでいる寮の一角に咲いた、薄い桃色の一輪です。とてもきれい。

私は、梅の花は、桜の花より好きです。
春を教えてくれる花だし、気品もあり香りも素敵だし、
(そのくせ遠くから見るとポップコーンのようにも見えるお茶目さもなんとも愛らしい)
なんといっても後になる果実は、日本人になくてはならない美味な一品だし(笑)。
「もし花になれるなら、何になりたい?」という質問をされたなら、
迷わず私は「梅!」と答えるでしょう。



週末は、特にどこに遠出をすることもなく普通に過ごしました。
目覚ましを無視した大寝坊。食料品や生活必需品を買い、掃除洗濯、少しの読書。

しかし少しだけ、我が家に変化が起きました。
昨日、ソファーにかけただけの夫の部屋着をハンガーにかけようとしたところ、
夫から思いがけない一言が。

「自分でハンガーにかけるよ。」

「えっ・・・」とつぶやき、一瞬何が起こったかと呆然とする私。
それに続き、夫から更に驚くべき発言が、私の心を貫いていきました。

「いつも僕が家の中をちらかしてごめんなさい。」

・・・私の心の中の葛藤が、彼に通じてしまったのでしょうか。
それとも、私の態度から、何かを感じ取ったのでしょうか。
その言葉を聞いて私は、びっくりするのと嬉しい気持ちが混ざったような不思議な感情が湧き上がり、
と同時に、同時に少しだけ反省をしました。

「上手に自分の気持ち(要求)を言葉で伝えるようになりたい」

譲歩をされて、初めて自分を振り返り、そして学ぶことって多いですね。
相手の素直な気持ち、そして一歩譲ってくれる相手の配慮に対し、
いつでも敏感な自分でありたいと思います。

2006年春、新しい土地福岡で、少しだけ自分自身成長したと思いたいjapolskaでした。
[PR]

# by japolska | 2006-02-26 18:28 | 日本 | Comments(0)
2006年 02月 25日

ポーランド人の性格

ただ今明け方の4時を回ったところ。
寝ていたのですが、パソコンを使っている夫の方から話し声が聞こえてきたので(PC電話をしていた)、
何となく目が覚めてしまいました。
まあ、寝たのもすごく早かったので(夜8時頃。夕飯食べたら眠くなってしまった・・・(笑))、
いつもと同じ睡眠時間を取った体の自然な反応という感じでしたが。

起きていても別にやることもないので、
たまった洗濯物を共同ランドリーで洗い、
流しに残っていた夕食の後片付けをして、
お茶をして、ひと息。

しばらくして、電話を切った夫は、
自分のせいで私を起こしてしまったと思い込み、
なぜだかとても罪悪感を感じたらしく、
何度も何度も私にあやまってきました。

私はぜんっぜん気にしていないんですけどね。
むしろ早起きできて嬉しいくらいだし。
結局こちらから何度も笑顔で「キミのせいじゃないよ。大丈夫だよ。」と言って、
やっと落ち着きました。

以前から思っていたことなのですが。
ポーランド人は、割と「相手にどう思われているか気になるタイプ」が多いような気がしました。

私が今まで出会ったポーランド人を見て感じた彼らの性格は、
「真面目、素朴、忍耐強い、誠実、人見知りの傾向、きめ細かい配慮」という感じで、
(↑もちろん私がただ出会ってないだけで、例外も多数あるでしょうが)
明るくオープンなイメージのある欧米人の性格より、
むしろ私達日本人の性格に近いのではないか、と思えるくらいなのです。

その理由として、これは私の勝手な解釈なのですが、
宗教的要素(約90%が敬虔なカソリック教徒。いじらしいくらいに真面目。)、
歴史的要素(他国からの幾度とない侵略→相手の出方を深く読む必要性があった。)、
そして地理的要素(厳寒地。なので自立と助け合いが必要。)の3つの要素が絡まって、
彼らに影響を与えたのではないか、と思っています。

追伸:なんかやってみました(↓)。
人気blogランキング
[PR]

# by japolska | 2006-02-25 05:22 | ポーランド | Comments(2)
2006年 02月 23日

Beautiful night in Paris

あなたを素敵なパリの夜へとご案内します。【注意】音楽が出ます。

Cliquez sur la flèche en bas à droite pour faire défiler Paris sous vos yeux...

[PR]

# by japolska | 2006-02-23 21:16 | その他海外 | Comments(6)
2006年 02月 22日

やっぱり猫が好き!

cats_worldさまから、とても素敵なサイトを教えて頂きました。
鼻血が出るくらい素晴らしかったので(笑)、急遽こちらにご紹介させて頂きたいと思います。

ぬこ、夢の中へ(フルバージョン)

それと、私からお勧め漫画を1冊。

e0070787_2305792.jpg

「ちびとぼく」 1~6巻(以下続刊) 竹書房
めちゃめちゃ「素」で生きているメス猫・ちびと、彼女を溺愛する飼い主・ケンヂくん、
そしてそれをとりまく人達との4コマ漫画。
とにかく可愛くて笑えます。猫漫画の最高峰の1つと言っていいでしょう。
[PR]

# by japolska | 2006-02-22 23:05 | Wonderful Books | Comments(6)
2006年 02月 22日

共働きの限界点

なんかいっぱいいっぱいだなぁ。

仕事を始めてから、帰宅後の時間のかなりの部分が家事に当てられているような気がしてならない今日この頃。
そのせいか、気持ち的にゆっくりまったりとした時間を作る事が難しくなってきました。
(今日はたまたま夫が出張なのでかなりのんびりできています。ゆっくりインターネットができて嬉しい♪)
私はそんなに器用な方ではないと思うのですが・・・なんか、こまごまと、いろいろなことをなんとなくやってしまう。
部屋がほぼ一部屋しかなく、ちまちまと片付けないとすぐに散らかってしまうし、
洋服類もそれ程多くは持ってきていないので、まめに洗濯をする必要があるからかもしれませんが。

夫は家事には手を出さない人。言えばやってくれるけど、進んで料理や洗濯をしてくれるタイプの人ではありません。
その代わり、家の中がどんな状態でも文句は言ってこない。
これがいいのか悪いのか分からないけれど(まあ、少なくとも楽なほうだとは思うけれど)、
せめてもう一歩、こちらから何も言わなくても家事に対して踏み出して欲しい気持ちが私の中にあるのも事実です。
今は仕事が簡単で時間通りに終わる内容だし(しかも短期)、
家事は嫌いではないのでまだこなせていますが、
これがもっと忙しく責任ある仕事になってしまうと果たしてどうなってしまうのだろうと、
正直少し重い気持ちにもなったりもします(苦笑)。

まあ、世の中には働きながら家事をし、お子さんを育てている人もいるし、
何でもすべてひとりでやらなくてはならない人達がいる事を考えると、
自分自身、不器用で短気でこらえ性のないなぁ、とは思うのですが(汗)。

お互い好きな仕事があって、家事もうまく分担して、
2人の生活も個人の人生も楽しみながら、
いろいろな面で支えあえるようになりたい、とは思ってはいるんですけどね。

ちなみに今まで出会ったポーランド人の女性は、
共働き+家事完璧は当たり前のようでした。
(夫の家系の女性軍もそうらしい。→ だから夫は家事に手を出さない。→ なるほど私納得。)
その上私の母ももれずにそういう女性のタイプ。しかも今でもよく夫に尽くすように言ってくる始末。

もー自分自身、どうやっていい状態に持っていけたらいいのか分からない状態です。
とりあえずは、今回の経験を通し、自分の限界点を見極めることにしたいと思います。
[PR]

# by japolska | 2006-02-22 22:30 | 雑談 | Comments(4)
2006年 02月 19日

「井上陽水公園」故郷に開園

歌手の井上陽水氏(57)にちなんだ公園が、
高校まで過ごした福岡県田川郡糸田町に3月中旬、開園するそうです。

大の井上陽水ファンの私。
しかも同じ福岡県にあると知り、かなり興味深々です。

ちなみに私の好きな曲は「リバーサイドホテル」、「タイランド ファンタジア 」、
「Final Love Song」と「決められたリズム」。
夫は「ワインレッドの心」と「なぜか上海」がお気に入り。

井上陽水、好きな方いらっしゃいますか?
よかったらお気に入りの曲を教えてください。
[PR]

# by japolska | 2006-02-19 21:01 | 日本 | Comments(6)
2006年 02月 17日

会話のセンス 欧米とアジア

きょうは、だんながぱーちぃでおそくなるというので、
しょくばちかくのラーメンやでゆうはんをすませ、
よるおそくまでひたすらふるほんやめぐりにじかんをついやしていました。

あぱーとにもどってくると、でいりぐちちかくのてれびるーむに、
ときどきはなしをするとってもやさしいかんこくじんのひとがいたので、
へやにもどり、びーるをりょうてにたずね、
いっしょにのみながらいろいろなことをしゃべっていました。

そのとちゅうに、だんながもどってきたので、
さいどあたらしいびーるをもって、3にんでかんぱいしました。

ここでかんじたことは、やはりおうべいそだちのおっとと、
あじあしゅっしんの2りとでは、
やっぱりかいわの「ノリ」というものがちがうなぁ、ということでした。

かいわのながれかた、というか、ふりかたがちがうというか、なんというか。

うまくことばにはいえないのですが、
おうべいのかいわは「じぶんのことをはなす。ひとつのことをすぐにふかくほりさげる。」
ことにつよくおもむきをおき、
あじあのかいわは「たにんにじょうずにふる。あいてのはんのうをきにしてことば(かいわ)をえらぶ。」
ようなきがしました。

それでも、ビールだいすきな3にんだったので、たのしいきんようびのよるだったです。

おさけがはいっているので、そろそろしつれいします。

みなさんも、すてきなしゅうまつをおすごしください。
[PR]

# by japolska | 2006-02-17 23:59 | 日本 | Comments(4)
2006年 02月 16日

アメリカのクレジットカード

信じられない事なのですが。

現在私達には、夫名義でアメリカのAmerican Expre〇sカードで若干のカードローンがあるのですが、
ここ3ヶ月で異常なくらいAnnual Percentage Rate(年間利子率)が上昇しているのです。

請求書を見るとその数字は以下の通りです。

2005年11月分・・・11.00%
2005年12月分・・・19.99%
2006年01月分・・・29.24%(!!!)

理由は、去年発生したハリケーンの被害の補填の為、だそうです。

・・・それが私達に何の関係があると言うのでしょうか?
その補填を、なぜ私達が支払わなくてはならないのでしょうか?

私達に断りなく、勝手にこんなことをしないで頂きたい。

今、カード会社にクレームをしている最中です。
何か動きがありましたらお知らせします。

追伸:アメリカのクレジットカードを持たれている方は十分にご注意ください。
[PR]

# by japolska | 2006-02-16 17:54 | アメリカ | Comments(4)