じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 09日

面白かった本 6 塩川桐子氏著 ”差配さん”(※ネタばれ有り)

e0070787_00084077.jpg



今回も日本から沢山の日本語の本をこちらに持ってきました。
早速興味をそそられる本からどんどん読み進めています。

2018年度に入ってから最初に感動した本がこちら、
塩川桐子氏著の”差配さん”です。

こちらは江戸時代の下町を舞台に、
上記表紙絵にある面倒見のいいオスのトラ猫・差配さんと中心に、
市井の人々やその周りに存在する猫達の間に繰り広げられる、
ほのぼのとした心温まる人情話の短編作品集です。

どのお話もしみじみ味わい深くてとても私好みなのですが、
特に私が気に入ったのは”乙女の祈り”というお話でした。

このお話の主人公は、自分の可愛さを自覚していて(笑)、
あわよくばお金持ちの家にもらわれて玉の輿を狙っている、
お伽羅ちゃんという三毛猫の雌の子猫なのですが、
あと少しで彼女の夢が叶う!というまさにその時、
思いも寄らないどんでん返しが起こってしまい、
残念ながら玉の輿の話は水の泡になってしまいます。

その代わりにその話が流れた直後に、
山の中で蚕を飼う貧しい小百姓が現れ、
「ぜひ一緒に来て欲しい」とお願いされます。

最初はあまりのオファーの変わりぶりに、
ただただ目を丸くして驚くだけのお伽羅ちゃんでしたが、
ふと、以前に差配さんからもらったアドバイスの、

「お前は城をもらうより自分で造る方が性に合っている」

という言葉を思い出し、最終的には覚悟を決め、
その小百姓のお願いを受け、一緒に山の中に行く事を決心します。

そして実際に小百姓の家に住んでみると、
彼女に与えられたネズミ捕りという仕事に生きがいを感じる事ができ、
また小百姓夫婦からも大変に可愛がられ、
結果的には非常に自分に合った素晴らしい猫生を送る事ができた、という内容でした。

このお話の特筆すべき点は、江戸情緒が溢れる塩川先生の絵や、
もちろんこのお話の内容自体もすごく素敵なのですが、
主人公のお伽羅ちゃんが、玉の輿に乗れるはずだったお金持ちのお嬢さんの手から置いていかれ、
その後に貧しい小百姓の元に行く事を決めるまでの彼女の気持ちの変化や表情がものすごく上手に描かれていて、
私はこのお話を何度も読んで、その度に何故だか涙が止まりませんでした(T_T)。


e0070787_00414531.jpg



ちなみにこちらが裏表紙です。
下のほうにお伽羅ちゃんの絵が掲載されています。
おしゃまだけど素直で賢い本当に可愛らしい子猫でした。
この本は猫好き及び江戸人情話が好きな方に特にお勧めです。


[PR]

# by japolska | 2018-01-09 09:07 | Wonderful Books | Comments(0)
2018年 01月 06日

アメリカ・ケンタッキー州ルイビル空港内にいた鳥

e0070787_01232030.jpg


明けましておめでとうございます。
2018年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

去年の12月から今年の年始にかけて、
日本へ里帰りをしてきました。
しばらくはその事について書いていこうと思います。

上記写真は出発時にルイビル国際空港内で撮った1枚です。
この鳥は餌を探していた様で、誰か何かを食べてはいないか、
きょろきょろしながらこまめに探していました。


[PR]

# by japolska | 2018-01-06 09:21 | アメリカ | Comments(0)
2017年 12月 02日

デトロイト空港内にある噴水

e0070787_00284732.jpg



去年の写真で恐縮ですが。


私はデトロイト空港内にあるデルタ便の日本行きの登場口近くにある噴水が好きで、
この空港を利用できる機会がある度に、いつも待ち時間にはこの噴水の近くで、
まるで生き物のように空を舞う細長い水の動きや、
この噴水に立ち寄っては楽しそうに見ていく人たちをぼんやり眺めながら、
椅子に座ってぼーっと何も考えないのんびりした時間を過ごしています。



e0070787_00321741.jpg



この噴水には、どこから入り込んできたのか、
空港内で巣をつくりお住まいになられている雀たちが立ち寄り、
ごくごく水を飲んだり水浴びをしたりしています。
彼らの姿を見るとなんだかとても癒されます。


本年度のブログの更新は今日で最後になります。
お時間を割いてこちらに立ち寄ってくださった全ての皆様に、
心から厚くお礼を申し上げます。


[PR]

# by japolska | 2017-12-02 08:28 | アメリカ | Comments(0)
2017年 11月 30日

クレープ焼き器を購入して使ってみたお話

e0070787_23143048.jpg



久しぶりにクレープが食べたくなったので、
アメリカのアマゾンで上記写真のクレープ焼き器を購入してみました。



e0070787_23153015.jpg


今回はフランスの主食になるようなクレープを目指してみました。
某有名レシピサイトを参考にして作った蕎麦粉が入ったクレープ生地に、
中に入れる具材として、サラダ野菜やツナマヨ、
茹でて殻を剥いた海老に細切りにしたポテトパンケーキ、
そしてチーズとほうれん草が入ったソーセージを焼いたものなどを用意してみました。


e0070787_23180609.jpg



まずはスイッチを入れたクレープ焼き器の上に、
薄くバターを馴染ませてからクレープ生地を広げて・・・



e0070787_23183862.jpg



表面が乾いてきたら、竹串で端を持ち上げ、
そっと裏返して両面を焼きます。
焼色がマーブル模様でとっても綺麗で感動しました!
この模様があるとすごく”クレープ”という感じがしますね!



e0070787_23193725.jpg



そして焼きあがった生地をお皿に乗せて、
好きな具材を好きなだけ載せたら・・・



e0070787_23204581.jpg




ぱたぱた畳んで、ぽんっ、と裏返して、出来上がりです!



e0070787_23210887.jpg



ナイフを入れてみると、柔らかい生地に包まれた具材が、
ひょっこり顔を出してくれて何だかすごく楽しいです。
食べ口が軽い割に意外にお腹に溜まるし、エンターテイメント性は抜群なので、
1日家でのんびりできる休日のブランチにちょうどよかったです。


[PR]

# by japolska | 2017-11-30 10:13 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 11月 29日

りすの形をしたナットクラッカーを購入し使ってみたお話

e0070787_00122765.jpg



先日、近所のスーパーで、へーゼルナッツが一袋@$0.50で売られていたので、
その場にあった6袋全部購入しました。



e0070787_00140742.jpg



ただ、我が家には木の実を割るナットクラッカーがなかったので、
私は使用していない肉叩き器と古いまな板を使って割っていました。


しかし我が家のポーランド人はこの方法を好まず、
今回ナットクラッカーなるものを購入する事になりました。




e0070787_00163490.jpg



最初私はアメリカのアマゾンにあった、
上記のポーランド製のナットクラッカーを購入しようと思っていたのですが、
小さい頃、家庭で同様の製品を持っていて使ってみたことがある夫曰く、
このネジを廻すようにして木の実に圧力をかけて割っていくタイプのナットクラッカーは、
例え見た目がよくても手首に負担が掛かるようなシロモノで、
最初は楽しく使えても次第に使わなくなっていくのは確実、との事なので、
梃子の要領でもっと簡単に割る事ができる他の製品を探す事にしました。



e0070787_00215552.jpg



という訳で今回購入したナットクラッカーはこちらです。
夫がポーランドから購入してこちらまで持って来ました。
どうやらイタリア製のようです。




e0070787_00225527.jpg



開けてみると、尾の長い銀色の可愛らしいりす様のお姿が!!!




e0070787_00242445.jpg



使い方は、ますりすの尻尾を持ち上げてりすを立たせ、
台の金属部分にあるくぼみに木の実を置きます。




e0070787_00251726.jpg



そして尻尾を下に下げ、りすの前足部分を木の実に当て・・・



e0070787_00254974.jpg

「えいやっ!!!」
と静かに割ります(笑)。



e0070787_00261333.jpg



割った直後の様子はこんな感じです。



e0070787_00263888.jpg



堅かった外殻が簡単に割れました!!!
さすが木の実に関してはプロフェッショナルのりす様、
いい仕事をなさってくれました!!!



e0070787_00271733.jpg



ということで、こちらのりす様と皮付き木の実は、
我が家のコーヒーテーブルに無事に駐在されることとあいなりました。
家でゆっくり過ごす際の小さな楽しみがまたひとつ増えたので嬉しいです。


[PR]

# by japolska | 2017-11-29 09:10 | ポーランド | Comments(0)
2017年 11月 23日

衣類乾燥機用のウールボールを購入して使ってみたお話

e0070787_00451586.jpg


先日、アメリカのアマゾンにて、
衣類乾燥機用のウールボールが安く売られていたので購入してみました。

何でもこちらを使用すると、洗濯物が通常よりも速く乾き、
また皺やよじれなども減らしてくれて綺麗に仕上がるのだとか。


e0070787_00471271.jpg



こちらが届いたウールボールの外観です。
羊の絵が描かれてあるとても愛らしい袋に入っていました。

こちらを購入したアマゾンのウェブサイトでは、
ニュージーランドからの輸入品で、
全てが自然素材で作られているエコ商品として紹介されており、
またレビューも数多く、その殆どが絶賛だったので、
否応なしにも使う前から期待値は高まりました(笑)。



e0070787_00500774.jpg



中には上記写真のようなボールが全部で6個入っていました。
こちらの商品は$25以上注文すると送料が無料になるとの事だったので、
今回はこちらの商品を3袋分オーダーしました。

実際に使ってみての感想は・・・うーん、、、
正直に言うと、これで本当に電気代の節約になっているかは微妙でした。
まあ、まだ1度しか使用していないので、
体感的にはまだそんなに分からないだけなのかもしれませんが、
個人的にはこれを使うとあっという間に乾いてしまう、と勝手に思っていたので、
実際に使用してみると、自分が思ったより早く乾く訳ではない、という現実にぶつかったため、
使ってみた第一印象としては、あんまりぱっとしない感が残ってしまったのかもしれません。

ただ、これを使用すると、Tシャツ等の100%綿の衣類に皺が寄りにくい、ということはしっかり確認できました。
また、このボールを乾燥機に入れると、まるで白い子猫が元気に室内ではしゃぎまくっているかのようにドラム内で跳ねるので(笑)、
それをアイロンでもかけながら時々ぼーっと眺めているのは、私にとっては何だか楽しく、またほのぼのした癒しも感じられました。


e0070787_00593609.jpg


今回購入した合計18個のウールボールは、
10年程前にサムズクラブで購入したボディソープ等が入っていた籠に入れられて、
現在我が家の洗濯室にデコレーションも兼ねて上記写真のように置かれています。
何だかこれだけでも、ちょっとだけ生活にプラスアルファの楽しい要素が加わった様で嬉しいです。

[PR]

# by japolska | 2017-11-23 09:44 | アメリカ | Comments(0)
2017年 11月 22日

アメリカ・ケンタッキー州ルイビルの初冬の空

e0070787_00465454.jpg


昨日の夕方、スーパーでの買い物を終えて外に出たら、
頭上にこんな綺麗な空が広がっていました!
飛行機雲の線がなかなか消えなかったので、
上空の空気はかなり冷たいものなのだと想像しました。

こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルも、
紅葉が終わりつつあり、冬景色に近づいています。
明け方の気温も0度近くになり、先日は霜が降りました。


[PR]

# by japolska | 2017-11-22 10:50 | アメリカ | Comments(0)
2017年 11月 21日

アメリカ・ケンタッキー州ルイビルで日本語の古本が購入できる古本市に行ったお話

e0070787_00200554.jpg




先週の土曜日、アメリカ・ケンタッキー州ルイビルにある、
グレータールイビル日本語補習校で開催された、
日本語の古本が購入できる古本市に行ってきました。



こちらの古本市は、グレータールイビル日本語補習校のファンドレイジングの一環として、
同校の父母会の皆様が主催となって、数年前から年に1度のペースで開催されている行事なのですが、
日本語の紙の本が大好き&いつも新しい本からの素晴らしい感動を求め続けて止まない私にとって、この古本市は、
1年の中でとっても心待ちにしている&何よりも楽しみにしているイベントなのです!!!



e0070787_00391767.jpg



という訳でこの日は、財布の中にお小遣いを現金として持っていき、
諸事情により1時間弱という非常に短い時間でラウンジに並べられた、
まぶしいくらいに美しい日本語の古本の山から自分にとってのお宝を丹念に探索(笑)。
私にとってこの1時間は、正直今年に入って一番心がときめいた、大変充実した時間でした(笑)。



今回は上記の本やCDを入手しました。わーいやったー(笑)!!!
まずはとても美味しそうなケーキやお洒落な野菜料理のレシピが掲載された料理本が2冊。
これらの本は両方とも中身を見た瞬間「惚れた!買いだ!」ということで速攻で購入決定(笑)。
そして私の大好きな井上陽水氏のCD2枚と、最近日本の女性ボーカルにはまっている夫へ高橋真梨子氏のCDもゲット。
しかし帰宅後これらのCDは全部音楽大好きな夫に問答無用で奪われました(笑)。



有吉佐和子氏著の”鬼怒川”は、以前に読んだ同氏著の”非色”が大変面白く、
この作者の本がもっと読みたいな、とずっと思っていたので迷わず入手。
幸田文氏の文庫本3冊は、今ちょうど同氏著の”台所のおと”を読んでいる最中で、
この作品の内容及び作者の文体が私にとってものすごく印象的だったので、
ぜひ他の作品も読んでみようと思い購入を決めました。



その他に、城山三郎氏の”男たちの好日”は、裏表紙のあらすじを読んでみると、
今年私が大変感動した百田尚樹氏著”海賊とよばれた男”にストーリーが似ている様だったので、
「また同じような感動を得られるかも!」という目論見で選び(笑)、
窪美澄氏著の”アニバーサリー”は、これまた裏表紙のあらすじを読んでみると、
それぞれの事情を抱えもつ世代の違う2人の女性が、3/11の震災によって出会い、
そこからまた彼女達の新しい生き方が始まる、といった内容で、
先日読んでとても面白かった篠田節子氏著”女たちのジハード”を彷彿させてくれたので、
この本も興味深々で手にとって、いそいそと会計まで持っていきました(笑)。



お会計を済ませたあと、購入済みの本やCDは、
クリスマス仕様のとても可愛らしい紙袋に入れてもらえたので、
まるで自分への一足早いクリスマスプレゼントのようで、
何だか心がすごくほっこりと満たされました。





ちなみに上記古本やCDの購入合計金額は$16でした。





こここここんな金額でこんなに素晴らしいお買い物ができるなんて(号泣)!!!





改めて関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます(T_T)!!!
いつも素晴らしいイベントを本当にありがとうございます!!!






こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルも、だいぶ寒くなってきて、
建物の中にいる時間がより多くなる季節となってきましたが、
今年の冬は暖かい部屋の中でこれらの本を大事に読みつつ、
体も心もぽかぽかの冬を過ごしていけたらと思います。

[PR]

# by japolska | 2017-11-21 09:18 | アメリカ | Comments(0)
2017年 11月 18日

ポーランドの鰯の缶詰

e0070787_01234210.jpg


夫のポーランド土産の鰯の缶詰です。
下の缶はトマトと一緒に味付けされていました。

焼いたバゲットに載せて食べたんですが、
魚の生臭みというものが全くなく、
むしろあっさりとした濃厚なチーズに近い感じで、←矛盾しているがこれしか表現方法が見つからない・・・
酒呑みにはたまらなく美味しく感じられる味でした(笑)。

ポーランド人は基本的に魚介類が苦手な人が多いので、
おそらく加工の際に徹底して魚臭さを取り除いたのかもしれません。


[PR]

# by japolska | 2017-11-18 09:22 | ポーランド | Comments(0)
2017年 11月 17日

北国の人たちに関する本を読む 33 mamalife

e0070787_03260610.jpg


【お詫び】今回フォントがおかしくてすみません・・・(涙)。


ローラ・インガルス・ワイルダー著”農場の少年”読了しました。
これは西部開拓時代の、比較的裕福な農場を経営している家族の中の、
一番年下の男の子・アルマンゾを主人公に描かれた物語で、
私はこの本を某図書室から無料でお借りする事ができました。←関係者の皆様いつもありがとうございます(T_T)!!!




個人的な感想を一言で表わすと、


今年読んだ本の中で一番感銘を受けた作品(T_T)(T_T)(T_T)!!!



でした(笑)。




昔から世界中で読み継がれている有名な作品なので内容の記述は省きますが、私の中では、




「自分が死んだ時1冊だけあの世に持っていけるならどの本がいい?」と問われたら、
髪の毛一本分も迷わず選ぶ本・工藤久代氏著”ワルシャワ貧乏物語”と、
「自分の人生の中で絶対に読まなくてはならなかった唯一無二の作品」である、
パール・バック著の”大地”の間に入れて、本棚の一番目に付く場所にしまって置きたい程の内容




でした(笑)。



今回この本はお借りしてきたものですが、
自宅でもいつでも手に取って読めるように、
ぜひとも自分用に1冊購入したいと思っています。


[PR]

# by japolska | 2017-11-17 09:25 | Wonderful Books | Comments(0)