カテゴリ:ポーランド( 68 )


2017年 03月 22日

ポーランドからのチョコレートのお土産  2

e0070787_02343848.jpg



夫がポーランド短期出張から戻ってきました。


以前こちらで(↓)、

http://japolska.exblog.jp/24396580/

日本の抹茶キットカットに負けずとも劣らない、
ポーランドの美味しいチョコがけウエハースのお菓子のことを紹介させて頂きましたが、
それに新しいバージョンが発売された模様なので、こちらに紹介させて頂きます。



e0070787_02364967.jpg


こちらが上記箱から出した状態の新製品です。
基本的に味は以前紹介したウエハース菓子と殆ど同じなのですが、
今回の代物には表面にホワイトチョコレートで、
何とも素朴で愛らしい絵とぼってりした可憐な文字が施されていました。



夫曰く、上記写真内に書かれている文字は、英訳すると、
Greeting from Poland(ポーランドからのご挨拶)”という意味になるそうです。
また一緒に描かれているイラストは、ワルシャワにある有名な建物を表しているのだとか。



・・・えーと、すみません、夫はちゃんとその建物の名前を口にしてくれていたのですが、



(๑¯﹃¯๑)<前回のウエハースお菓子よりホワイトチョコの分だけ、
今までと違った味が楽しめ、より一層美味しく食べられるはず!!!





ということで頭がいっぱいになったワタクシのちっこい脳みそには残念ながらインプットされませんでした(苦笑)。



ちなみに味は相変わらずとても美味しかったです。
あっさりビター&軽いけど密度の濃いサクサク感に、
更にホワイトチョコの優しい風味が加わり、とても贅沢な一品でした。
こちらのシリーズのお菓子はワルシャワ空港の免税店で購入できるそうです。


[PR]

by japolska | 2017-03-22 09:34 | ポーランド | Comments(0)
2017年 01月 14日

ポーランドのスープ・ズッパ・グジボヴァを作る

e0070787_01261889.jpg


先日、ロシアのスープ・ボルシチを作った時に参考に読んだ冊子の中に、
ポーランドのスープ・ズッパ・グジボヴァ(キノコのクリームスープ)が掲載されていました。



なので、念の為ポーランド人の夫に、


「ズッパ・グジボヴァを知っているか?」


と訊いてみたところ、

o(≧◇≦)o<「おおおおおーーー!ズッパ・グジボヴァーーー!」



と、大変激しい反応が見られたので、
材料も殆ど全て冷蔵庫にあったので作ってみる事にしました。



e0070787_01311774.jpg

e0070787_01323648.jpg


主な材料は、マッシュルーム、玉葱、バター、ブイヨン、チーズ、薄力粉に牛乳です。
冊子の中にはエリンギを使用すると書いてあったのですが、
残念ながらなかったので、代わりに乾燥しいたけを使用しました。


e0070787_01351148.jpg


まずは鍋でみじん切りにした玉葱をバターで炒めます。
もうこの時点で大変美味しそうな匂いが台所に漂ってきます(笑)。


e0070787_01364948.jpg


玉葱がしんなりしたら、輪切りにしたマッシュルームを加え、
しんなりするまで炒めます。


e0070787_01373961.jpg


マッシュルームのかさが減ったら、この時点で薄力粉を投入します。
おそらくこの薄力粉はとろみ付けだと思うのですが、
私はいつも仕上げに入れていたので、この時点で入れるというアイデアが目から鱗でした。


e0070787_01385468.jpg


小麦粉は調理の途中で入れたほうが、
だまにならなくていいみたいです。
とても良い発見でした。


e0070787_01393764.jpg


薄力粉がなじんだら、水とブイヨンを投入し、
一旦沸騰するまでかき混ぜながら温めます。
この時点で乾燥しいたけをそのまま加えました。


e0070787_01411125.jpg


沸騰したら牛乳を加え、チーズもたっぷり加えます。
かき混ぜつつ更に温めて、チーズが完全に溶けたら完成です。
私はこの後、あら引きの胡椒と塩も少し加えました。



e0070787_01421521.jpg



こちらが昨夜の夫の夕食です。
ポーランド人が大好きな固いパンと、
あとは栄養のバランスをとるために、
冷蔵庫の中の残り物を別皿に綺麗に並べてみました(笑)。



e0070787_01432844.jpg


スープのアップ写真です。
最後に飾り付けで冷凍のパセリを載せましたが、
もしあったらディルの方がポーランドのスープにより近くなると思います。

夫が食べた感想は、すごくポーランドの味がするのでぜひまた作って欲しいとの事。
ポーランド人が大好きなキノコにたっぷりの乳製品が使われているのが彼の心の琴線に触れた模様です。




[PR]

by japolska | 2017-01-14 08:23 | ポーランド | Comments(0)
2017年 01月 11日

ポーランド式防犯方法の記事

ポーランド式防犯方法を紹介した記事を発見。
内容があまりにもキュートだったので、
備忘録としてこちらにURLを保存しておきます。

「イギリス、アメリカ、そしてポーランドでは・・・防犯の方法が決定的に違う」一目で分かる比較画像

http://labaq.com/archives/51879010.html

[PR]

by japolska | 2017-01-11 08:56 | ポーランド | Comments(0)
2016年 08月 05日

ポーランドからのお土産 ワイン用のチョコレート編

e0070787_00175284.jpg


夫のポーランドからのお土産です。
ワインを呑みながら食べるためのチョコレートだそうです。
甘くて濃いデザートワインにとかに合うのかな?というのが最初の印象です。


e0070787_00203667.jpg


開けてみると、1口サイズの可愛らしいチョコレートが4種類、お行儀よく並んでいました。
食べてみるとあまり甘くないチョコレートで、それぞれにスパイスや塩の結晶が入っていました。


正直、これを食べながらワインを呑む・・・というのは、
私にとってはちょっと想像ができなかったのですが、
コンセプト的には、なかなかお洒落で優雅なアイデアだなぁ、と思いました。


でもまあ個人的には、ヨーロッパなら旨いチーズや美味しい焼き菓子が沢山あるんだから、
それとワインを合わせればいいじゃん!チョコレートに合うのはやっぱりコーヒーだよ!
というのが素直な感想ですが・・・、


それよりも何よりも私の心の中をかき乱している事は、
ワイン嫌いの夫が、ワイン大好物な私を差し置いて、
(例え夫がお土産を買ってきてくれた張本人という恩恵を差し引いても、)
先にこっそりこのチョコレートをつまみ食いしていた事実の方が、
ワタクシ的には色々と大問題なのでありました。


※上記写真の左上2つ分のチョコレートが無いのが動かぬ証拠でごさいます(笑)。

[PR]

by japolska | 2016-08-05 06:16 | ポーランド | Comments(0)
2016年 07月 29日

ポーランドからのお土産 ジャム入りチョコかけシナモン風味ケーキ編

e0070787_03450614.jpg


夫のポーランドからのお土産、ジャム入りチョコがけシナモン風味ケーキです。
細長い棒状の、ちょっと固い市販のお菓子です。


e0070787_03455373.jpg



中には甘酸っぱいアプリコットのようなプラムのようなジャムが挟んであり、
ケーキ部分の生地にはシナモン風味が施されていました。
トッピングのチョコも甘ったるくなく大人の味です。
こういう組み合わせはすっごくヨーロッパって感じがしますね~。

私はシナモン(ニッキ)だったら、どちらかというと八つ橋の様に牛皮と粒あんを組み合わせて、
熱くて濃い緑茶と一緒に頂きたい方なのですが、
夫は上記ケーキの味の組み合わせがすごく気に入っているようで、
いそいそと熱いミルクティーを入れつつ、殆どひとりで食べてしまいました(笑)。

やっぱり小さい頃に刷り込まれた「100%美味しいと感じる味」というのは、
その人の味覚の基礎となって、歳をとってもずっと続いていくもんなんだなぁ、と、
何だかしみじみ思ってしまいました。





[PR]

by japolska | 2016-07-29 06:43 | ポーランド | Comments(0)
2016年 07月 26日

ポーランドからのお土産 蜂蜜のお酒編

e0070787_04514475.jpg

夫がポーランドで購入してきた蜂蜜のお酒です。
アルコール度数は16%。甘くて飲みやすいです。
甘いお酒が好きな人に喜ばれそうなお土産だと思いました。



[PR]

by japolska | 2016-07-26 04:53 | ポーランド | Comments(0)
2016年 07月 21日

ポーランドからのお土産 チョコレート編

以前こちらで(↓)


http://japolska.exblog.jp/24396580/


日本に抹茶味のキットカットに勝るとも劣らない美味しさを持つという、
ポーランドのウェハースタイプのチョコレートのご紹介をさせて頂きましたが、


今回、ポーランド出張から戻ってきた夫が、
同じチョコレートを購入してきてくれたのですが、
パッケージが変わっていたので、改めてご紹介させて頂こうと思います。


e0070787_23083000.jpg




こちらが新しいパッケージです。
箱の角の部分が取れ、以前よりかなりスタイリッシュになりました!
高級感がでてお土産になかなかよさそうです! ←私はメーカーの廻し者か(笑)?
ちなみに中身は全く一緒です。


購入した夫曰く、
「空港で探したんだけど2つしか残ってなくて。慌てて2つともゲットしてきたよ!」
とのこと。←えらいよくやった(T_T)!
久しぶりに食べましたが、やはりめちゃくちゃ美味しいです。
前回は1個じゃ足りませんでしたが、今回も2個じゃとてもじゃないけど足りないです(笑)←人間とは欲深い生き物ですね・・・。


どうやらポーランド人にとっても、争奪戦必死の人気商品の模様なので、
もしポーランドでこちらのパッケージを見かけたら即買いをお勧めします!


[PR]

by japolska | 2016-07-21 06:05 | ポーランド | Comments(0)
2016年 07月 19日

ポーランドからのお土産 コーヒー編

e0070787_08554174.jpg



夫がポーランド出張から戻ってきました。
数日前、メールで私にどんなお土産が欲しいか訊ねてきてくれたので、
今回はちょうど我が家で切らしてしまっていたインスタントコーヒーをお願いしました。



もちろんこちらアメリカのケンタッキー州でもインスタントコーヒーは簡単に買えるのですが、
ポーランドではどんなインスタントコーヒーが売られているのかちょっと気になったので、
実益半分興味半分で今回リクエストしてみました。



ポーランドではコーヒーの事をKawa(カヴァ)といいます。
夫からの話によると、ポーランドも日本と同じように、どちらかというとお茶文化のようで、
お茶の中でも紅茶、特に果物やハーブをを使ったフレーバーティーなどは沢山売られているのですが、
逆にコーヒーの選択肢に関してはだいぶ限られてしまっているのこと。
なので夫はポーランドを訪れる際にはいつも、ポーランドに住むコーヒー好きの友人や同僚たちの為に、
アメリカのスーパーで色々なフレーバーのついたコーヒーを沢山買っては荷物に詰めて持っていっています。
夫曰く、アメリカで売っているようなフレーバーコーヒーは、ポーランドでは絶対に手に入らないので、
毎回コーヒー好きのポーランド人達に大変喜ばれる、外れのない鉄板のお土産なのだそうです。



で、上記写真が今回夫が購入したコーヒーです。
一番左のが普通のインスタントコーヒー。
で、真ん中のコーヒーは小麦、右のコーヒーはナッツからできた(?)、
いわゆるカフェインフリーのコーヒーもどき、だそうです。
日本でも、カフェインフリーのコーヒーを求められる方やナチュラルライフに興味がある方でしたら、
タンポポの根を乾燥させて細かくしたものを炒ってお湯を注ぐと、
コーヒーの風味がする「タンポポコーヒー」というものができるのをご存知かもしれませんが、
この2つのコーヒーも、定義としてはだいたいこれと似たようなもののようです。



とりあえず、左のコーヒーの味は想像できるのでひとまず置いといて(笑)、
私はこの残り2つのコーヒーの味がとても気になったので、
まずはより興味がある、一番右のナッツからできたコーヒーを実際に飲んでみました。



夫が説明書を読むと、”沸騰したお湯に粉を入れ、数分茹でて火を止めてから上澄みを飲む”、とのことだったので、
その通りに作ってカップに注ぎ、まずはそのままの味を確認するためにブラックで試飲してみました。



えーすみません、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、
実飲してみた素直な感想&レポートとしては、
見た目の色は灰色で、ぶっちゃけどうひいき目に見てもコーヒーのあの美しいダークブラウンからはかなり遠い色でした。
そして実際の味は、正直、日本の漢方胃腸薬とほぼ同じでした(笑)。



気まずい沈黙が流れる中で解決策を模索しようと必死の2人(笑)。
その後ひらめいた片方からの提案で「そうだ!ミルクを入れてみよう!」ということになり、
早速カップを少し大きめのに替え、たっぷりとミルクを入れカフェオレにしてみたんですが、
こうすることでやっと何とか飲めるようになりました(T_T)。
やはり純白で栄養満点の牛乳様は食品界の偉大なる救世主です(笑)。



それからは夫と、嗜好品の1種と位置付けされているコーヒーや紅茶の話をしたのですが、
ポーランドでは戦時中、何とかしてコーヒーの味を楽しもうとして、
コーヒー豆以外から似たような香りや味を出そうと試行錯誤をした結果、
このような小麦やナッツのコーヒーが生まれたそうです。
日本でも、私の実家の周辺では、甘茶蔓(あまちゃづる)という植物が沢山生えていたので、
私の父はよくそれを取ってきては、乾燥させて細かく煎じたものを私や弟に飲ませてくれました。
名前の通りそのお茶はほんのり甘くて、意外に美味しかったのを覚えています。



なにはともあれ、嗜好品に関しては、
人それぞれに好みがあるので、一概には言えませんが、
個人的には、真ん中と右のコーヒーもどきの商品は、
正直、普通のコーヒー愛好家にはあまりお勧めはできないな・・・と思いました。
でも、戦時中ポーランドではどのようなコーヒーもどきの飲料が飲まれていたかちょっと経験してみたい方や、
カフェイン抜きの健康的な、でもコーヒーに近いような飲み物を求められている方にとっては、
上記写真のようなパッケージの商品を入手されると、むしろ逆に楽しめるのかもしれません。



引き続き、ポーランドからのお土産を紹介していこうと思います。



[PR]

by japolska | 2016-07-19 09:47 | ポーランド | Comments(0)
2016年 05月 21日

ポーランドからのチョコレートのお土産

以前こちらで(↓)、

http://japolska.exblog.jp/21795934/

ポーランドのプラム入りのチョコレートがとても美味しい!
という記事を紹介させて頂きましたが、



このチョコレートにも勝るとも劣らない好敵手が現れましたので、
こちらにご紹介させて頂きます!


e0070787_02302942.jpg


とは言っても、前述のプラム入りチョコレートと製造元は同じなのですが(笑)。
こちらは円型のウェハースにチョコレートをかけた一品です。


e0070787_02303553.jpg


中を開けるとこんな感じです。
パッケージから見ても、色々と手がかかっている印象です。


e0070787_02303992.jpg


内装を開いてみると、表には可愛らしいデコレーションが!
中のシールによると1つ1つ手作業でこの模様は施されたみたいです。


e0070787_02304366.jpg

中身はこんな感じです。
周りのチョコレートは甘すぎず、でも苦くも酸っぱくもないといったちょうど良い大人の味に仕上がっていて、
中のウェハースの方も層が多く、またそのウェハース自体も絶妙にしっとり&でもサクサクで大変素晴らしい出来栄えです。
正直、私の人生の中で一番美味しかったウェハースチョコレートです。
(個人的には日本で買う抹茶のキットカットより好きかも・・・。)
紅茶にもコーヒーにも緑茶にもよく合う、日本人好みのお菓子だと思います。


ポーランドからのお土産にこれ以上のものは無いと、
現時点での私のイチオシです!
(つーか私がもっと食べたいw!1個じゃぜんぜん足りませぬー!)


[PR]

by japolska | 2016-05-21 05:30 | ポーランド | Comments(0)
2014年 07月 20日

ポーランドからのお土産

先日、夫がポーランド出張から戻ってきました。

毎回ものすごい量のポーランド食材を購入し、
航空会社に荷物の追加料金を払わずいかに1つでも多くの食材を梱包するかに命をかけるといった、
もう既にプロの輸入業者と化している夫の今回の目玉商品はこちらです(笑)。

e0070787_13212826.jpg

まずは蜂蜜の大瓶。
もーラベルが可愛すぎてワタクシ撃沈です(笑)。

e0070787_13231373.jpg

マスタードと酢漬けのきのこたち。
きのこが入っているビンの形もきのこです(笑)。ものすごく可愛い。
ふたは上質な木製でしっかりしているので、使い終わった後オフィスで再利用してもおちゃめではないかと思います。

e0070787_13251574.jpg

そして大量のチョコレート群。
まだ封を開けていないんですが、かなりの量です。
これらのほとんどはいつの間にか甘党の夫の胃袋の中に、
しかも私がいない間にするするっと消えていきます(笑)。


[PR]

by japolska | 2014-07-20 13:32 | ポーランド | Comments(0)