じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:世界のテーブルから( 143 )


2017年 11月 04日

寒い季節のおうちでの手作りおやつ

e0070787_23285873.jpg


こちらアメリカのケンタッキー州・ルイビルでも、
だいぶ紅葉が進み、本格的な秋の季節に投入しました。


寒くなってくると体がカロリーを求めるせいか、
温かい飲み物や甘いお菓子が恋しくなってきました。


という訳で、今回は、夏の間に作って、
冷蔵庫の中で少しづつ熟成させていった、
自家製ダークフルーツケーキにナイフを入れてみました。



*******

上記写真のダークフルーツケーキを作ってみたお話はこちら(↓)

底値激安!卵Mサイズ(@$0.59)10ダース購入!消費方法その2

http://japolska.exblog.jp/25981552/

ダークフルーツの具材の仕込みの様子はこちら(↓)

熟成を重ねたダークフルーツケーキ

http://japolska.exblog.jp/22133466/


*******




いつもなら焼き上がり後は、より深く熟成を促すために、
週1のペースでラム酒をかける作業もあったのですが、
実は何度もラム酒を掛けるとそれだけコスト増になるので(T_T)、
今回は1~2回だけ振りかけただけで止めておきました。
でもその後は、ラップやアルミホイル、ビニール袋で何重にも覆って、
とにかく水分が全く外に出ないように完全密閉して冷蔵庫の奥にしまっておきました。


それで出来上がったのが上記写真のケーキです。
この方法だとケーキのふんわり感を残したまま、
お酒の風味がたっぷり味わえる濃厚なケーキに仕上がりました。
今回はこの他にも、ナッツとラズベリーのドライフルーツが載ったポーランドのチョコレートも添えてみました。


ちなみに右に移っているのは、クリーム系のリキュールを入れたミルクティーです。
LUPICIAのキャラメル&ラムの茶葉と牛乳、そしてリキュールを混ぜてからミルクウォーマーで温めてみました。
これだと砂糖を入れなくても十分甘いし、アルコール分ですぐに体がぽかぽかと暖かくなります。
また砂糖半分で作った甘さを控えたダークフルーツケーキにも非常によく合いました。

[PR]

by japolska | 2017-11-04 10:27 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 10月 28日

鶏・豚・牛・アメリカ野牛のミンチ肉を使って2種類のミートボールを作ってみたお話 購入編

e0070787_23033326.jpg


先日スーパーを2件はしごしたら、
(我が家的には)ちょっと質のいいミンチ肉各種が安く売られていたので購入してみました。


e0070787_23050973.jpg



その中に今回Bison(アメリカ野牛)というミンチ肉もありました。
個人的には野生のバッファロー的なものを想像してしまいましたが、
調べてみるとどうやら人間の手によって精肉用に養殖されているようです。
肉食文化のアメリカらしいユニークな食材だと思いました。


今回はこれらの鶏・豚・牛・アメリカ野牛の4種類のミンチ肉を使って、
和風/洋風の2種類のミートボールを作ってみました。
これらのミートボールを作るきっかけになった本や実際の調理の方法等は、
また後日ご紹介させて頂きます。

[PR]

by japolska | 2017-10-28 11:02 | 世界のテーブルから | Comments(2)
2017年 10月 17日

休日の朝のコーヒーに入れるリキュール

e0070787_23040380.jpg


近所のスーパーの酒店舗に寄ってみたら、
上記写真のコーヒーリキュールの残り1本が半額で売られていたので、
「これはチャンス!」とばかりに大喜びで購入してみました。←こういうシチュエーションは大好物です!


KAHLUA(カルア)はカルアミルクというカクテルで有名なコーヒーリキュールですが、
こちらの商品には既にMUDSLIDE(マッドスライド)というカクテル名が付いていて、
なんとペットボトルに入れられていました。
調べてみると通常のガラスボトルのKAHLUA(カルア)よりも若干アルコール度数が低いようでした。



e0070787_23102394.jpg


早速日曜日の朝のコーヒーに入れて飲んでみました。
個人的には普通のKAHLUA(カルア)と味はそう変わらないように感じられましたが、
このリキュールを入れると普段のコーヒーの味が格段にグレードアップしました(笑)。
これから寒くなる季節にぴったりのアイテムだと思いました。


[PR]

by japolska | 2017-10-17 08:03 | 世界のテーブルから | Comments(4)
2017年 09月 14日

鶏肉激安!チキンのニンニク&フレッシュハーブ&無農薬グレープフルーツの皮の砂糖煮&塩レモンのオーブン焼きを作ってみたお話

e0070787_22251579.jpg



近所のスーパーで鶏肉がセールで安く売られていたので大量購入しました。
私が選んだ皮付きの手羽&胸肉は全部で約6キロ弱で合計価格がUSD$11.65。
そしてたまたま肉類をUSD$10以上購入すればUSD$2引きになるクーポンがあったのでもちろん使用(笑)。
上記鶏肉の最終価格はUSD$9.65になりました!やったー!



e0070787_22321724.jpg



早速ホクホク顔で家に戻り、どんな味付けをして調理しようかと、
冷蔵庫&冷凍庫の中身と相談しつつ色々と検討した結果、
冷蔵庫の片隅で長い間保管されていてついに芽を出し始めてしまったニンニクと、←コストコで袋買いしたもの。2人だとなかなか減らないんですよ・・・
冷凍庫でずっと出番を待っていた大量のハーブ類があったので、
これらを使って鶏肉のオーブン焼を作る事にしました。



余談ですが私は、上記写真にあるような、
フレッシュなハーブ類に大変惹かれる傾向があり、
近所のスーパーに足を運ぶと、必ずフレッシュハーブのコーナーに立ち寄り、
普段の食卓であまり使わないようなユニークなハーブが半額になっていると、
贅沢品で割高の食材とは分かっているのですが、ついつい手を伸ばして買ってしまうのです・・・。



個人的分析ですが、おそらくこのような「生のハーブ類」を購入することで、
少し先の自分の料理人生&我が家の食卓で、
今までに感じたことがないような、
衝撃的な感動や鮮烈な味が得られるかもしれない
という、
憧れのような希望のような、はたまた自分の中の夢を叶える様な、
そういった心の中から湧き上がってくる熱い思いを沈静化させているのかもしれません。



e0070787_22464499.jpg



今回は自家製の塩レモンと無農薬グレープフルーツの皮の砂糖煮も細かく刻んで加えてみる事にしました。



というのも、先日丸ごと鶏肉のハーブ焼きを作った際、こちらの2つも加えてみたのですが、
ニンニクとハーブの香ばしさに、グレープフルーツの皮の砂糖煮の甘みや渋み、
そして塩レモンからの酸味や塩気が非常に鶏肉に合っていて、
まるでレストランで提供される料理のように大変美味しく仕上がったので、
今回の鶏肉軍団にも少しだけ加えてみることにしました。



e0070787_22513153.jpg



焼く前の味付け済みの鶏肉軍団です。
これらの皿に入りきらなかった分の胸肉2つ分は別に冷凍しました。



e0070787_22530512.jpg




焼きあがった鶏肉軍団の様子です。



実は夫は鶏肉の皮が苦手なのですが、
皮の部分がパリパリに焼けていて脂が抜けていれば喜んで食べるので、
最初から400Fの高温で一気に焼くことにし、
焦げ付き始めたら上にアルミホイルを載せて焦げを防ぐようにしました。



殆どの鶏肉は冷凍保存をして後日再加熱して食べる予定なので、
鶏肉の皮はパリパリになる程度だけれど、あまり焼きすぎない程度に仕上げました。
これくらいだと解凍後またオーブンで焼いても、また別の味わいとして頂けるのではないかと思いました。



全ての鶏肉をオーブンで焼いた後、その日に食べる分を別にして、
荒熱が取れてから2つづつラップで小分けしてみたら、
14日分の平日の夕飯のストックができました。わーい!
これで平日の夕飯のおかずの悩みが1つ減りました(笑)。



ちなみに全ての材料費を大まかに計算してみると、
おそらく全部で約$15くらいで済んだのではないでしょうか。
これで大人2人が15回分堪能できる夕飯のおかずに変身したので、
大雑把な計算ですが、1人1回あたりのチキン料理費は約@USD$0.50になりました。
これは外食に比べてかなり安上がりになったと思います!!!




(↑)・・・という、個人的には非常に感動的な話を、
我が家のポーランド人に対しては当日の夕飯時に、
そして日本にいる私の弟にはメールで、めちゃくちゃ熱く語ったんですが、




我が家のポーランド人の反応 ⇒ 私と目を合わせずに一言「(君にとって)よかったね。」



日本にいる弟の反応 ⇒ 完全無視










でした・・・(遠い目)。








「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
←しばし無言。









えーと、、、、







。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 < 男性の方々はこういう話、興味ございませんか(号泣)!?








という訳で、私がこのブログに色々と料理の話を掲載する理由は、





私の身近な人々が、私の感動話を、
誰も真剣に聞いてくれないからです(T_T)!!!





[PR]

by japolska | 2017-09-14 09:22 | 世界のテーブルから | Comments(2)
2017年 09月 11日

休日の朝のコーヒーに入れる特別なクリーム

e0070787_22383186.jpg



こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルも、
だいぶ秋の気配がやってきていて、
朝晩は軽い上着が必要な位に肌寒く感じられるようになってきました。


温かい飲み物が美味しく感じられるこの季節、
休日の朝のコーヒーに入れるクリームに、
ちょっとした工夫を凝らしてみました。




e0070787_22415062.jpg



とは言っても酒専門店で安売りしていたのを買ってきただけなんですけどね(笑)。
上記写真のクリームのリキュールをコーヒーに入れてみました。


少量のアルコールのおかげで体がぽかぽかと暖かくなり、
朝からゆったりとしたとてもいい気持ちになれました。

[PR]

by japolska | 2017-09-11 09:37 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 08月 17日

アメリカの野生のきのことポーランドの瓶入りきのこ

e0070787_23262666.jpg



アメリカ・ケンタッキー州ルイビルでは、
ここ数日どんよりとした日が続いています。



昨日の夕方、近所の森を散策していたら、
こんな見事なきのこを発見しました。



あまりにもそのお姿がご立派だったので、
ちょっと興奮しつつバシバシと写真を撮っていたら、
同行していた我が家のポーランド人に、




( •̀∀•́ ) ☆ドヤ <「そのきのこは食べられません!」





ドヤ顔で注意されてしまいました。




o(*≧д≦)o < そんなの分かっとるわ!!!







それとも何ですかねそんなに私はこういうのを見境なく食卓に並べて色々ヤラカシそうですかね・・・(遠い目)。




「・・・・・・・・・・・。」
 ←己の今までの生き方を走馬灯ってみること約10秒。




ま、なにはともあれ、気を取り直して♪
 ←立ち直りが早い典型B型です!ダイジョブ生きてる気にすんな!






それにしても、こちらは自然が大変豊かなせいか、場所によっては、
たまにその生え方に全く迷いがない、
ものすごく貫禄や威厳のあるきのこ様方が、
雨後の晴れ間にいらっしゃる時があります





そういうきのこ様方が食べられない、というのは、
個人的には非常に残念で悲しい事実だとは思っています(T_T)。



e0070787_23314400.jpg




かくいうポーランド人も、日本人に負けず劣らず、
きのこ大好きな国民性でいらっしゃいます。



上記写真は我が家のポーランド人が、
ポーランド出張の際に現地で買い求めてきたきのこの酢漬けです。
ラベルに書かれている”KURKI"という単語が気になっていたので調べてみたら、
以下のサイトで、ポーランド語で”アンズタケ”という紹介がされていました。



JAPOLAND (ヤッポランド) ポーランド情報センター

http://japoland.pl/blog/ポーランドのキノコ類




ポーランドの情報は手に入りにくいので、
こういうウェブサイトは本当にありがたいです!



e0070787_23391501.jpg



早速この日の夕食の付け合わせとして頂いてみました。
食べてみると香り高く歯ごたえもあるとても美味しいきのこでした。
(先日購入した卓上ピッチャーも、ドレッシング入れとして大活躍中です!)



日本ではあまりアンズタケというのはあまり馴染みがありませんが、
Wikipediaで調べてみると、世界中で非常に重宝されているきのこだそうです。



ちなみに味や利用方法に関しては、このように紹介されていました(↓)。
うーん、どれもすごく美味しそうです!!!
特にアンズタケシャーベットというのがユニークで大変興味をそそられました。


*******

アンズのような香りと胡椒のようなピリッとした味で、鶏卵、カレー、鶏肉、豚肉、仔牛肉などと良く合い、ピザのトッピングやシチュー、マリネ、フライ、クレープの具などに用いられる。伝統的には鹿肉と合わせて食べられる。他にもアンズタケシャーベットなどのデザートにされることも多々ある。

*******

[PR]

by japolska | 2017-08-17 09:25 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 08月 15日

底値激安!卵Mサイズ(@$0.59)10ダース購入!消費方法その2

先日、卵のMパックサイズを@$0.59で10パック(=120個)入手したので、
その内の3個を使って、久しぶりにダークフルーツケーキを作ってみる事にしました。



e0070787_22112287.jpg



少し前にKrogerというスーパーマーケットの見切り品コーナーで、
殻付のへーゼルナッツが1袋@$0.50で売られていたので、その場にあった6袋全部購入(笑)。


その代わりに砂糖が切れていたので、今回はココナッツシュガーという、
ちょっとお高めでユニークな砂糖を買ってみることにしました。



e0070787_22145695.jpg




卵3つに対して、バターと小麦粉がそれぞれ120gと砂糖を60g、
そして小匙一杯のベーキングパウダー使用してまずケーキ生地を作りました。
今回は既に相当の甘さを持つ具を沢山入れるので、
砂糖の量は通常の半分に減らしました。


今回入れてみたのは、2013年に仕込んだドライフルーツの洋酒(ダークラム)漬けに、
去年仕込んだ野生の桑の実とローズヒップの砂糖煮、
上記紹介のへーゼルナッツに胡桃を加えたものと、
冷凍庫で保存しておいた無農薬グレープフルーツの皮の砂糖煮、
あとは、いつもカレーにかけて楽しんでいるココナッツフレークと、
こちらも昨年Williams Sonomaで購入したシナモンを削ったものを加えてみました。


*******

ドライフルーツの洋酒漬けを仕込んだ際の記事はこちら(↓)

熟成を重ねたダークフルーツケーキ

http://japolska.exblog.jp/22133466/

野生の桑の実とローズヒップの砂糖煮を作った際の記事はこちら(↓)

収穫した野生の桑の実を使ってジャムを作る
http://japolska.exblog.jp/24472874/

*******


e0070787_02231879.jpg



全部の材料を混ぜてみると、
ココナッツシュガーとドライフルーツの洋酒(ダークラム)漬けのおかげか、
全体的にうっすらとブラウン色の生地になりました。



e0070787_02243039.jpg



型に流し込んでみた写真です。
手のひらに楽々乗るくらいの小さめのパウンドケーキ型ちょうど3個分になりました。
170度で約30分程度焼き、竹串を刺して何も付いてこなくなったら焼き上がりです。



e0070787_02253822.jpg



こちらが焼きあがった様子です。
見た目は何だかチョコチップが入ったチョコレートケーキみたいです。



e0070787_02265615.jpg





焼きあがったケーキは、乾燥を防ぐために、
ラップとアルミホイルでぴっちりと何重にも包んで、
週1のペースで上記写真のダークラム酒を振りかけ、
のんびり時間をかけて中の奥まで熟成させていきます。



e0070787_02292269.jpg



そういえば、今私が大変はまっている、
信濃川日出雄氏著の”山と食欲と私 3巻”の中で、
「山へ登る際の自分だけのオリジナル行動食」
というコンセプトについてのお話が紹介されていました。



e0070787_02315347.jpg




上記描写の中でもあるように、登山家の三浦雄一郎氏は、
30種類程の具材を入れて焼きあげた”命のパウンドケーキ”というものを山にご持参されていたそうです。
一体どんな材料を使われていたのでしょう。そのレシピに興味深々です。


なにはともあれ、今のところ私は山に登る予定はないのですが(汗)、
我が家のスイーツ用の保存食の歴史が全部詰まったスペシャルバージョンのこのケーキを、
これから先の数週間の間に、毎週ダークラムを振りかけながら少しづつ熟成させていき、
温かい飲み物が恋しくなる寒い季節になったら、庭先に椅子でも出して座り、
生姜とウィスキーが入った”大人のココア”と一緒に頂くことにしようと思っています。



【追記】
三浦雄一郎氏の”命のパウンドケーキ”のレシピはこちら(↓)で確認できます。

NHKグレーテルのかまど : http://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/101.html

使われている材料が非常にユニークで栄養満点のケーキ!ぜひ食べてみたいです!


[PR]

by japolska | 2017-08-15 09:16 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 07月 27日

綿貫芳子著”オリオリスープ(3巻)”の「トマトとピーマンの塩ラーメン」を作って食べる!

e0070787_23152578.jpg



職場の同僚から新鮮なピーマンを頂きました(※M子さんありがとう!)
冷蔵庫には完熟トマト、食品棚には塩ラーメンの買い置きがあったので、
綿貫芳子氏著の”オリオリスープ(3巻)”で紹介されていて以前から気になっていた、
トマトピーマン塩ラーメンを作ってみる事にしました。



e0070787_23193684.jpg



この漫画の主人公は、上記表紙に描かれている、
本の装丁家の原田織エという女性です。


彼女はスープなどの「汁物」をこよなく愛していて、
マイペースで仕事を片付ける傍ら、
色々な人や食材との出会いを通じて、
ユニークで美味しい「汁物料理」を心から楽しむ毎日を送っています。


私はこの作品の大大大ファンで、
新刊が出る度に光速で購入しては、
何度も何度も読み返しています(笑)。



e0070787_23273197.jpg



今回私が作ってみたのはこの料理です。
「夏にぴったりの爽やかなヌードル」ということだったので、
この蒸し熱くて夏バテしそうな季節にちょうどいいメニューだと思いました。



e0070787_23294114.jpg



実際にレシピに沿って調理してみたのがこちらです。


作り方はとても簡単でした。
まず細長く刻んだピーマンを鍋に入れごま油で炒め、
その後鍋に水を注ぎ、沸騰したら麺を投入。
麺が固めに仕上がったら、スープを溶かして器に盛り、
最後に角切りのトマトと白胡麻を載せれば完成です。


早速夕飯のメインとして食べてみたんですが、
それ程苦くない肉厚ピーマンのサクサク感がすごく心地よく、
また完熟トマトの甘みと酸味が塩ラーメンに意外に合っていてとても美味しかったです。


いつもはこんなインスタントラーメンには、
キャベツやもやし、人参や白菜など、
色々な野菜をてんこ盛り入れていたのですが、
”塩ラーメンにピーマンとトマト”という想定外の組み合わせが、
今までに経験のない爽快感溢れる鮮烈な味をもたらしてくれたので、
まるでどこかの東南アジアの屋台でその地元名物の麺料理を注文したような気分になりました。
さらに工夫を加えるなら、添付スープの量を気持ちちょっと減らして、
レモン汁やナンプラーを入れてもいけるかもしれない、とも思いました。


こちらアメリカのケンタッキー州ルイビルも、
まだまだ夏真っ盛りですので、
新鮮な夏野菜をこんな風に工夫して食べながら、
毎日元気に過ごしていけたらと思っています。


[PR]

by japolska | 2017-07-27 08:13 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 07月 06日

BUFFALO TRACE DISTILLERY(バッファロートレース蒸留所)のBOURBON CREAM

e0070787_23155589.jpg


以前こちらで(↓)、


BUFFALO TRACE DISTILLERY(バッファロートレース蒸留所)へ行く(アメリカ・ケンタッキー州フランクフォート)

http://japolska.exblog.jp/25673075/


アメリカ・ケンタッキー州内にあるバーボンの蒸留所へ出向き、
そこで工場見学及び色々なスピリッツの試飲をしてきたお話を紹介させて頂きました。


その蒸留所で試飲したお酒の中で、
BOURBON CREAMというが1本があったのですが、
これが思いがけず今我が家で大活躍をしています。


このお酒は名前の通り、バーボン風味のクリーム状のリキュールなのですが、
実際に味を確認してみると、甘くて濃厚ながらもさらりとした乳脂肪の味の中に、
しっかりとバーボン特有の香りや苦味、そして渋みが生きているといった具合で、
これをアイスクリームにかけて食べると、
そのアイスクリームがびっくりするぐらい極上の大人のスイーツに変身してくれることが判明しましたので、
この夏は色々なフレーバーのアイスクリームを購入しては、
どのアイスクリームが一番このリキュールに合うか検証している最中です。←そして確実に太る道を歩んでおります(笑)。



e0070787_23472658.jpg


どのフレーバーのアイスクリームも、
このリキュールと合ってとても美味しかったのですが、
個人的に一番好きだった組み合わせは、
上記写真内にあるtalentiというメーカーのSicilian Pistachio(シシリア産のピスタチオ)です。


薄いグリーンの色と控えめなピスタチオの香ばしさと甘さが、
クリーム色で深い味わいのバーボン風味のリキュールとよく合って、
今の季節にぴったりの上質なデザートになってくれました。


最初の写真のBOURBON CREAMは、
ケンタッキー州の酒屋で約@$20位で購入できます。
ただ、生産量がそれ程多くないのか、はたまた人気商品なのか、
私が購入したKrogerのお酒のコーナーでは、
1人1本しか買えないようになっていました。


こちらの商品が、自分の中では、
今年の上半期に買って一番良かったものです。

[PR]

by japolska | 2017-07-06 09:31 | 世界のテーブルから | Comments(0)
2017年 06月 14日

アメリカで塩レモンを作ってみる 実食編2

e0070787_22520202.jpg



自家製塩レモンを使ったパスタ料理第2弾~♪


先日近所のスーパーへ行ったら、見切り品のコーナーで、
可愛らしいビンに入ったイタリア産のバジルペーストを発見しました。


e0070787_23032404.jpg



価格が元値の半額にまで値引きされていたので、
早速味試しに1瓶購入してみました。



e0070787_23042475.jpg



使用したパスタは、これもイタリア産で、
去年の夏の終わりに1袋@$0.50までに値引きされていたのをまとめ買いしてあったものを使用。
このブランドのパスタはもちもちしていて個人的には大好きです。



e0070787_23075898.jpg



自家製塩レモンの接近写真です。
こうしてみると何かの塩辛みたいですね。
つーか、塩を入れすぎたので本当に塩辛い事は大変塩辛いです(笑)。



e0070787_23093841.jpg



上記パスタを茹で上げた後、前述のバジルペーストと塩レモンを加え、
皿に盛り付けてから庭のバジルの葉と挽きたて黒胡椒を載せたジェノベーゼパスタです。
小鉢に入っているのはミニトマトと色々ピクルスの簡単サラダです。



e0070787_23115813.jpg



今回は”OPEN KIMONO"という白ワインと一緒に頂きました。
ラベルがすごく綺麗で、値段もお手頃でした。



e0070787_23125201.jpg



裏ラベルを読むと、柔らかいピーチのアロマが楽しめるとのこと。
確かに甘い桃の香りと風味がして、でもさっぱりとして呑みやすかったです。
よく冷えたこのワインはジェノベーゼのパスタともとてもよく合いました。




e0070787_23143083.jpg



前述のバジルペーストがあまりにも味が濃くて美味しかったので、
次の日また同じスーパーに駆け込み、
棚に残っていた商品を全部購入して来てしまいました(笑)。
最初に購入した分も入れると、全部で21瓶




明らかに買いすぎです(T_T)。






自分の気に入った長期保存可能な食材が破格で売られていると、
その場にある物全てを買わないと気が済まないのは、
本当に本当に私の悪い習慣だと思います・・・でも・・・、




後悔は1ミリもしていません(笑)!!!

(↑)気にしたら負けです(笑)!!!





でも普段はCostcoで大きなプラスチックボトルに入ったバジルペーストを購入しては、
途中で駄目にしてしまうパターンも何度かあったので(そもそも2人の生活だとそれ程消費できなかった)
今回は小さい瓶に小分けした商品だし、何と言ってもバジルの比率が高く味がとても私好みだったので、
冷蔵庫でしっかり保管しつつ、また可愛いらしい瓶のリサイクルも含め、
最後まできっちり消費していきたいと思います。←と、今自分に言いきかせています(笑)!!!

[PR]

by japolska | 2017-06-14 09:50 | 世界のテーブルから | Comments(2)