カテゴリ:韓国( 2 )


2006年 12月 17日

似ている発音 between 韓国 and 日本

e0070787_105040.jpg


そういえば、昨日ESLのパーティの時に、
韓国からの人たちと話をする機会があったんですけどね。

一緒におしゃべりをしていた日本人の方が、
”Textbook”という単語を一生懸命相手に分からせようとしていたのですが、
どうしてもそれが相手に伝わらない、といった出来事がありました。







それを聞いていて、私が他の韓国人の人に、


「なんかうまく伝わらないみたいだから、助け舟を出そうと思うんだけど・・・。
Textbookって、韓国語で何ていうの?」


と聞いてみたところ、




・・・キョウカショ




との答えが返ってきたではありませんか!!



どうやら、”Textbook=教科書(きょうかしょ)”は、韓国でも同じ発音をするらしいのです!
いやー、初めて知った衝撃的な事実でした。



後から色々話を聞いてみると、「旅館(りょかん)」「図書館(としょかん)」「オムライス」など、
日本語とかぶる発音の単語が結構あるみたいで、
どうやらそれは中国からの影響を受けていたからのようです(※でもオムライスは違うと思います・汗)
そして、韓国語のドラマを沢山見ていた日本人の方いわく、
「韓国のドラマや映画を見ていると、あれ、これは日本語と似てないか?と思うような単語が沢山あった。」
とのことでした。



すっごく面白かったです。
もし他に、韓国語や中国語に共通する発音を持つ単語をご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ教えてくださいませ!


e0070787_5534836.gif
(←)のんびり参加しています。気が向いたらクリックして頂ければ嬉しいです。
[PR]

by japolska | 2006-12-17 09:56 | 韓国 | Comments(12)
2006年 05月 27日

韓国・釜山へ行ってきました

e0070787_1042650.jpge0070787_10422179.jpg









e0070787_10423184.jpge0070787_10424070.jpg








5/17~19の3日間、韓国の釜山へ行ってきました。
福岡・博多港より、高速船ビートルを使って約3時間。
博多港ー釜山港の往復船舶代+1級ホテル2泊のフリーツアーで、1人@21,000円。
JR九州で申し込みました。

JR九州で申し込んだ理由は、駅の申し込み窓口がアパートから近かったのもあるのですが(笑)、
旅行会社の都合で「免税店」や「お土産キムチ店」に強制的に連れて行かれる案内人付きパックツアーだけでなく、
自分で好きに船の便やホテルを選べるといったかなり自由が利くフリープランもきちんと用意されていて、
しかも他の旅行会社と比べても遜色なくお得な値段だったから。
調べてみると、もし個人で行ったら、高速船ビートルが往復で1人@26,000円、
私達が泊まったホテルは1泊1人@9,190円かかるらしいので、
こうして比べてみてもかなりお買い得な内容だったと思います。
韓国に行くなら断然、ツアーがお勧めです。

釜山の第一印象は「商売熱心なおじちゃんおばちゃんが元気な港町」でした。
おしゃれで若者向けの大都市・ソウルと比べると、
色々な物がごちゃ混ぜになっていて、下町を思わせるとても庶民的な雰囲気。
それもそのはず。釜山港近くには新鮮な魚介類を売るチャガルヂ市場があり、
少し歩くと、上野のアメ横のような場所、国際市場が広がっていて、
安くてお手軽な日用品系の品物を買うには、とても楽しい場所でした。
ブランド品は・・・あちこちの露店で、「コピー」なるものが売られていました(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記写真の左からの説明です(↓)。

①釜山地域の全体地図龍頭山公園という、釜山港近くの高台の公園にあった案内図を撮ってきました。
日本とそんなに変わらない街並みでしたが、ハングル語が韓国の雰囲気を強くかもし出してくれていました。
街にはハングル語だけでなく、沢山の日本語表記も見られるので、思ったより歩きやすかったです。
お店内のメニューにも日本語が並んでいるので、注文にも困りませんでした。

②国際市場内の焼肉店:1日目の夕飯です。
適当に日本語で説明があったお店に入ってみたのですが、正直、日本に比べて格別安い、と言った印象はあまりなかったです。
食べ方は、焼いた肉をサンチェという葉に乗せ、好みでゴマの葉、スライスした生ニンニク、唐辛子味噌などを乗せて、くるくるっと巻いていただきます。
お店の人は初心者丸出しの私達を気にかけてくれ、ずっと私達の為に肉を焼いて配ってくれました。
色々なお店で見られたこの韓国流配慮は、どことなくほのかに懐かしい「古き良き日本のお母さんの優しさ」を感じさせてくれました。

③チャガルヂ市場側の新東亜水産物総合市場:ここでは買った魚介類を頼めばその場で刺身にしてくれ、すぐに食べることができます。
しかし何も知らないままここで日本語をしゃべるお店の人に捕まってしまったら結構ボラれるかも・・・(←経験者は語る・涙)。
まずは予算を決めてお店側に伝えてから、魚を選ぶときに上手に交渉することをお勧めします。

④龍頭山公園・釜山タワーからの釜山港の景色:高台の一番上に立つ釜山タワーからの眺めはなかなかよかったです。
1人3,500ウォン(約400円)。福岡タワーの半額。韓国人も多数登っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一番おいしかったのは、写真に撮るのをすっかり忘れてしまったのですが(汗)、
済州家」というところで食べた「あわび粥」と「ウニスープ」でした。
あっさりしていて、けれどコクがあって、胃にすごく優しい感じ。
日本でこういうの食べた事なかったのでちょっと衝撃でした。
釜山のこのエリア周辺を見るだけなら、フェニックスホテルに宿泊すれば、
徒歩でも2泊3日もあればかなり効率よく回れるので(1人だったら1泊2日でもOKかも)、
短い休暇でも十分に韓国の旅を堪能できると思います。

・・・って、なんか怪しい韓国観光社の回し者が書いた記事みたいになってしまったなぁ(笑)。
[PR]

by japolska | 2006-05-27 11:10 | 韓国 | Comments(8)