じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ( 169 )


2017年 09月 20日

紅葉が始まりました(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_22280558.jpg


こちらアメリカ・ケンタッキー州ルイビルも、
少しづつですが紅葉が始まりました。

こちらの紅葉は非常に色が濃くまた鮮やかので、
私は毎年この秋の季節を楽しみにしています。


[PR]

by japolska | 2017-09-20 09:30 | アメリカ | Comments(0)
2017年 09月 19日

電力会社からの誤請求 in アメリカ

e0070787_23385457.jpg




私が現在住んでいるアメリカ・ケンタッキー州ルイビルでは、
電気はLG&Eという電力会社から購入していて、
毎月の使用量及び請求書は、その月の月末から次月の初めに郵便で届くシステムになっています。



先日も8月分の使用量及び請求書が郵送されてきたので、
いつもの通り開けて中身を確認してみたのですが・・・、




e0070787_23351033.jpg






Σ(*´・ω・ノ)ノ  < ・・・・・・・え?






なぜか使用量が、8月だけ異常に高いんです(汗)!!!





そして恐る恐るその請求金額を確認してみると・・・、






e0070787_23445650.jpg







工工エエェェΣ(゜ロ゜ノ)ノェェエエ工工






なななななんと、我が家の電気代の歴代最高値をはじき出しているではありませんか(T_T)!!! ←もうオバチャン心臓止まるかと思いましたよ(笑)!!






こけつまろびつしつつ、慌てて我が家のポーランド人(夫)に請求書を見せ、





・今年は冷夏だったので、通年よりクーラーを使う頻度が少なかった事。

・夫が出張中の4月下旬から8/7までは私1人だったので、殆どエアコンを入れずに基本的にはずっと地下室にこもっていて、その間の電気代は極端に安くなっている事。←このことについて私は夫に褒めて欲しかったのですが華麗にスルーされました・・・(涙)。

・夫が戻ってきた8/7からクーラーを入れて過ごしてきたが、どう考えても冬場のピーク時よりも電気代がかかっているのはおかしい事。

・もしかしたら検針員の読み間違いか、そうでなかったら、何らかの形で電気が盗まれている可能性がある事。←後者は先日読んだ小説にそういう場面が出てきたのでそれを思い出したため。つーかワタクシ本に影響されすぎ(苦笑)。





を話したら、彼はその場ですごい勢いで電力会社に電話をかけて現状況を説明&抗議(この日は月曜日だった)
電力会社からは「1~2日の間に再度検針員をお伺いさせて確認させる」との返事が。





そして待つこと2日。水曜日の夕方に私がふと外を見たら、
電力会社の車が止まっていて、ちょうど検針員が降りてきたところだったので、
夫にそれを伝えたら、彼はすごい勢いで検針員の元へ。





やはり確認してみると、検針員の数字の読み間違えだったので、
「改めて訂正した請求書を送ります。」ということでこの場は収束。





そして後日送られてきた請求書を確認してみると・・・、






e0070787_00070467.jpg





あんなに高かった8月の使用量は、約3分の1にまで減少(T_T)!!!





e0070787_00103373.jpg





そして請求金額も訂正され、振込期限日も延長されて、この誤請求騒動は幕を閉じました。
(↑)それでもこの電気代はまだまだ高いなぁ・・・と思っている自分もいます(苦笑)。夫には「暑い季節は涼しい地下室に避難」という発想がそもそもないので・・・それとも私がセコすぎ(汗)?





この訂正された請求書が届いたのはその週の土曜日だったので、
1週間もしない内に全ての問題が解決しました。
さすがアメリカの大手企業の一流のカスタマーサービスです!!!




それにしても・・・明らかにおかしい請求書が届いてから、
ポーランド出身の夫は、セコビッチの私以上にこの状況を重く見て(苦笑)、
何度も何度も電力会社に電話してその後の訂正プロセスを確認していました。






この思いがけない反応に私は興味を覚え、おそるおそる、





「ポーランドではこういう場合、アメリカと同じようにすんなり解決するのか?」







と質問してみたところ、夫は顔をしかめてこう教えてくれました。





「自分はポーランドを離れてだいぶ経つから、現在のポーランドのカスタマーサービスに関してはよく知らないけれど、
少なくとも自分が生まれ育った40年前位までは、こんな風に何度も何度もこちらから確認していかないとダメだった。
基本的にみんな責任感がなく、たらいまわしは当たり前の上、ただただ時間ばかりが掛かり、最終的にはうやむやにされて、結局こちらが泣き寝入りする事が多かった。また解決するのに数ヶ月掛かるのはは当たり前だった。
だから途中経過も毎日しつこいくらいに確認し、今現在の責任の所在位置はどこでどんな状況になっているのか、僕はきっちり知っておかないと安心できない。」





うーん、、、なるほど・・・確かにそれなら納得がいきますね・・・。
なにはともあれ、今回の事で改めて、私が知らなかったポーランドの一面を発見することができました。



[PR]

by japolska | 2017-09-19 09:16 | アメリカ | Comments(0)
2017年 09月 09日

アメリカで洋服用のスチーマーなる物を購入して使ってみたお話

e0070787_22360875.jpg



私自身はこういう商品が存在する事を全く知らず、
実際に購入したのは我が家のポーランド人の夫なのですが、
先日、洋服の皺を伸ばすスチーマーなる物を買ってみました。



購入までの経緯と理由は、着たきり雀の私と違ってお洒落ラブ♪洋服命!の夫は、
いつも自分の外出用のシャツやパンツはクリーニング店に出していたのですが、←ズボラな私にはとても任せられないらしい(苦笑)
最近クリーニング店からの仕上がりに満足がいかなくなったらしく、





「これ以上余計なコストを満足できないものに掛ける位だったら自分でやるわい!」




と思い立ち、ネットや友人経由で色々と解決策を模索。
そして自分にはアイロンよりもスチーマーが使いやすそうだ、との結論に達し、
さらにインターネットによる商品検索を続けた結果、上記のスチーマーが気に入り、
製造元に直接電話をしてみたところ、送料無料にプラス10%引きにしてくれるとの事だったので、
間髪入れずその場で購入を決定したそうです(笑)。




e0070787_22472849.jpg



製造元はこちらの会社です。
たくさんの商品の中からなぜ上記写真の品を選んだかというと、
スチームを当てる部分が金属で出来ていて耐久性に優れているからだそうです。




e0070787_22511706.jpg



実際に夫がスチーマーを使ってシャツの皺を伸ばしているところです。



このスチーマーという製品は、外観的には、従来の掃除機を細長くしたようなものを、
まるで点滴のようにそれを縦にひっかけるといったような構造をしているのですが、
下の台に水を入れるケースがあるので、そこに水を入れてからスイッチを入れると、
ちょうど掃除機の吸い込み部分に当たるところから熱い蒸気が勢い良く出てきます。
この部分を布に当ててゆっくり動かすと皺が伸びて洋服がピーンとなる、といった原理になっている模様です。




e0070787_22544961.jpg



しばらく夫の使う様子を見ていたのですが、
基本的に蒸気なので、アイロンのように布を焦がす心配もなく、
またハンガーに洋服を引っ掛けたまま楽に皺を伸ばす事ができ、
また割と厚い生地の洋服の皺もすんなり1回で無くなるので、
アイロンよりもずっと時間を節約できるかも、というのが私の第一印象でした。



ただ、襟や袖口など、細かい部分へのお手入れは、
やはり慣れないとなかなか難しいようでしたが、
実際に使った夫自身は、アイロンよりも楽しく作業が出来たようで大満足していました。



何はともあれ、これで我が家のこの先の家計は大幅に助かるので、
私としても本当に心から嬉しいです(T_T)。←もう全てがこれにつきます(笑)。

[PR]

by japolska | 2017-09-09 09:34 | アメリカ | Comments(0)
2017年 09月 07日

隣の家から入ってきたボールなどを返す方法 in アメリカ

e0070787_23483771.jpg



私の家の周りに住む隣人の方々は、
ほぼ全てのご家庭においてお子様かペットがいらっしゃるので、
我が家の庭には時々、上記の写真のように、
ボールやフリスビーなどの遊び道具が入ってくることがあります。



e0070787_23505954.jpg



普段はそのままそれぞれのご家庭の庭に、
見つける度に、ぽんっ、と投げ返しているのですが、
先日ふと思いついて、家で大量に作ってもてあまし気味の、
上記写真のような簡単な折り紙のくす玉をおまけにつけてみる事にしました。



e0070787_23530383.jpg



ビニール袋に件のボールと折り紙くす玉を入れて、
そのまま隣のお宅の庭に投げ込みました(笑)。



これに関しての先方からのリアクションはまだないです(笑)。



[PR]

by japolska | 2017-09-07 10:47 | アメリカ | Comments(0)
2017年 09月 06日

【観覧注意】踵の角質を簡単に削ってくれる電動軽石(?)を購入してみたお話

【観覧注意】


今回の記事の中には、


・齢50を過ぎた人間の
長年手入れをサボった踵部分
・その踵部分を削る様子
・その踵部分を削った粉



が出てきます。



上記内容を読まれてもまだ興味があるマニアの方のみこの先にお進みください。
[PR]

by japolska | 2017-09-06 09:53 | アメリカ | Comments(0)
2017年 08月 26日

建物の出入り口付近に作られた動物の巣

e0070787_23430042.jpg


ある建物の出入り口のコンクリートと土の間に作られた動物の巣です。


確実にどなたかがお住まいになられていると思うのですが、
確認しようにも手前の植え込みの棘が邪魔で、
覗くどころか近づくことすら出来ません(T_T)。


完璧なセキュリティに脱帽です(笑)。


[PR]

by japolska | 2017-08-26 10:41 | アメリカ | Comments(0)
2017年 08月 22日

丸々と太った種の鞘(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_23234170.jpg




某駐車場の植え込みに、マメ科の植物からできたものでしょうか、
ビックリするほど丸々と太った種の鞘を発見しました!






このような種の鞘に代表されるような、例えば、




枝をしならせる程たわわに実った見事な木の実






とか、





水の中にのんびりとその姿を揺蕩わせるでっかい魚の群れ






とか、





愛らしい巣に幾つも横たわっているコロコロとした卵たち






など、




なんというか、”自然からのかけがえのない恵み”のようなものに私は非常に弱く、
そういったものを身近に見つけてしまうと、





自分の本能の奥底に潜んでいるオタクマインド←あの部分にふさわしい呼び方は私の中ではこれしか見つかりませぬ・・・涙)が満足するまで観察しないと気が済みません(笑)。←おそらくどこかに「あわよくば我が家の食卓に・・・」という下心があるからでしょう(笑)。




e0070787_23363975.jpg



ちなみに上記の種の鞘を開けてみたんですが、
その立派な外殻と比較してみても意外なほどに小さな種がほんのちょっとだけ、
これまた何の保護壁もなく、そのままぽんっ、と入っていました。
個人的には空豆のような中身を期待していたのでちょっと肩透かしでした(笑)。


でもこんな小さな種が、人間の背丈と同じくらいまで育って、
しかもこんな固くてしっかりした種の殻を作り出すまでの知恵を持っているなんて、
植物とはいえ本当にすごい、と素直に思いました。

[PR]

by japolska | 2017-08-22 09:20 | アメリカ | Comments(0)
2017年 08月 19日

アメリカで赤ワインを大人買いしたお話 ハンティング編 その5

昨日、久しぶりに近所のKrogerの酒店舗へ足を運んだら、
8/23~8/26の4日間でまたワイン6本以上購入で20%引きのキャンペーンを行うという店頭掲示を発見!
結構頻繁にセールを開催してくれているみたいです。いやー酒好きにとってはたまりませんね(笑)!
ちなみにこの期間は、スピリッツ類は5本購入すると5%引きになるらしいです。
なぜワインとスピリッツの間に15%もの差をつけるのか!? もう謎です。


e0070787_22463668.jpg



前回の同様のセールで購入したワイン軍団です。
その数驚くなかれ何と98本(笑)!思い切りました(笑)!
おかげでワタクシのヘソクリがごそっと無くなりました(T_T)!
でも1度はこういう事をしてみたかったので、悔いはないです!


ちなみに記念にそれぞれのワインの詳細を調べてこちらにアップしようと、
先日からちまちま頑張っていたんですが、あまりにも手間なので止めました(苦笑)。


という訳で、Krogerの酒店舗で開催されたワイン20%引きのセールにプラス、
Chaseのクレジットカードでの期間限定の5%リワード分を合わせて、
実質合計25%引きの恩恵が得られる事で実現した今回のワインの大量購入ですが、




実際に私が全部で何ドル分のワインを買ったのか。
↑今回は確かにかなり散財したが、これはそう大した問題ではない。



そして店舗での20%の値引き分とクレジットカードでの5%のリワード分を合わせたら、
最終的に結局合計何ドル分お得だったのか。

↑ボトムパートはここですよ、ここ(笑)!



心の整理が付きましたらこちらにアップさせて頂こうと思っています。


[PR]

by japolska | 2017-08-19 09:43 | アメリカ | Comments(0)
2017年 08月 11日

職場の外にいた猫

e0070787_00445296.jpg

職場の外で見かけた猫です。



(≧∇≦)キャー♪かわえー!!!



世界で一番美しくそして可愛いい動物は猫様一択です!!!

[PR]

by japolska | 2017-08-11 09:47 | アメリカ | Comments(0)
2017年 08月 08日

我が家の裏庭に来るウサギ(アメリカ・ケンタッキー州ルイビル)

e0070787_00371784.jpg



我が家の裏庭に来るウサギたちです。



我が家の裏庭は、住んでいる私達が大変ズボラなため、
芝生より雑草の量の方がはるかに多いので、←雑草が枯れると緑が無くなるので怖くて除草剤が撒けないレベル
ウサギたちの格好の餌場となっているのですが、



いらっしゃるウサギのお客様の数は年々増える一方です(T_T)!!!





ちなみに彼らの存在を無視して、芝刈り機で裏庭を手入れすると、
いらっしゃったウサギの団体様から、




「なんて事をしてくれるんだ・・・。」




的な冷たい視線で見られることうけあいです(苦笑)。




でもまあ可愛いいからいいか~♪




なにはともあれ、いつか芝生を敷きなおし、
除草剤が撒ける日がくるといいですね・・・(遠い目)。←色々人間として失格です。



[PR]

by japolska | 2017-08-08 09:36 | アメリカ | Comments(0)