じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 09日 ( 1 )


2017年 08月 09日

ポーランドに関する本を読む 17

e0070787_02293731.jpg



伊丹敬之氏著”ポーランドからの手紙;1989”読了しました。
こちらは一橋大学商学部教授が、1989年のポーランドに1週間ほど滞在した際に、
色々な組織に属するポーランド人に接触した体験談を掲載したレポートです。


1989年のポーランドといえば、共産党支配から脱出し民主化の道を歩み出し、
計画経済システムから市場経済システムへと移行したちょうど転換期に当たり、
人々が経済的にも心理的にも大きく変化した、ある意味激動の年だったそうです。


社会の仕組みや経済が根底から混ぜ返され始め、
共産主義から資本主義への”ビックジャンプ”が求められた時代のポーランドで、
作者の伊丹氏は、1週間のポーランド滞在の中で出会った、
”変化に積極的に対応していこうという若い人々”と、
”変化に戸惑いを見せ既存恩恵に未練を残す年配の人々”に対し、
「この質問をすると場の空気が一変するだろうな」という事を重々分かっていながらも、
両グループに対してかなり核心を突いた質問を投げかけていきます。


それらに対するポーランド側の反応や答えがすごく興味深く、
また文面からも伺える伊丹氏の少年のような率直さに、
まるで適温のミネラルウォーターを飲むかのようにすらすら読み進める事ができました。
およそ30年ほど前に書かれた内容ですが、ちっとも古臭さはなく、
今現在の私にも考えさせられるような”実質”を突いた内容で大変よかったです。


すごく印象に残っているのは、伊丹氏がポーランド滞在時に目にした、
デパートでのポーランド女性によるウォッカの大量買いの場面です。
その女性は月収の2倍の金額を使ってウォッカを20本程購入していたそうです。
なぜ彼女がそんなにもウォッカを買っていたかというと、
このウォッカは自宅で飲むためのものではなく、
”価値保存の手段”として買われていたのだとか。


当時のポーランドでは異常な位にインフレが激しく、
人々は信用できない自国の通貨・ズロチを、そのまま現金として貯金することはせず、
後日少しでも価値が上がるようなものに変えるのに必死だったとのことで、
その中でも不思議な事に、戦後一貫して、ウォッカだけはインフレ抵抗力があり、
常にウォッカ1瓶が約1ドル相当の値段をコンスタントに維持してきたそうです。


この時代、物と自由に溢れる日本という国に生まれた私は16歳。
ささやかな金額ながらも、対外通貨価値が高くそして安定している日本円を使い、
楽しくそして能天気な高校生活を送ってきた事を思いだしてみると、
地球の反対側でこんな事が起こっていようとは、
その当時は少しも想像すらできませんでしたし、
この先もよっぽどの事が起こらない限り、
実感して深く理解するといったことはできないかもしれません。
(不謹慎ですが今ある自分の状況に感謝をせずにはいられません。)


しかし、国中の人々が安心して暮らせる安定した社会とは何か、
そして、お金とは一体何か、また、人間の本当の幸せとは何か、
そういったことを一旦立ち止まって考えさせてくれるような、
私にとっては大変貴重な1冊でした。この本に出会えた事に感謝です。


最後にこの作者は、今回ポーランドで出会った人に長い手紙を書いているのですが、
この手紙が作者の心から書かれたもので、私はその内容を読んで涙が出ました(T_T)。
内容的にはウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏の言葉に負けないものだと思いました。

[PR]

by japolska | 2017-08-09 09:14 | Wonderful Books | Comments(0)