じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 01日 ( 1 )


2017年 08月 01日

夏のハンドメイド in 海外 2017 - 12色の花のくす玉を作る

2015年の夏にこちらで(↓)


夏のハンドメイド in 海外 - 12色の花のくす玉を作る
http://japolska.exblog.jp/23316186/



香港から取り寄せた折り紙を使って12色の花のくす玉を作り、
それが大変楽しかったというお話をさせて頂きました。



去年は和の刺繍にはまりまくっていたので、
あまりこちらのくす玉を作ることは無かったのですが、
今年はなぜかまたこのくす玉作りが自分の中で大ブームになり、
5月からの7月までの約3ヶ月間でこれだけの花のくす玉を作ってしまいました。



e0070787_23460561.jpg



えーその数合計30個。





明らかに作りすぎです(笑)。




しかしながら、地下室に1人引きこもって、
夜中遅くまでデスクライトの下で黙々やる、
ちまちま作業の何と心弾む楽しきことよ(T_T)!!!←古文解釈風。




また更に喜ばしい事に、仕上がるくす玉が増えるに従って、
手前味噌ながらも自らの技術が少しづつ向上していったらしく、
くす玉1個の作成に費やす時間が短くなる手ごたえを感じるにつれ、





「こ、これが”家内制手工業”というものか・・・
( ̄ー ̄)<ニヤリ。」




と、この歳になって、中学歴史で習った大事なキーワードを、
自らの手や目、または脳で体験して学びなおす、といった、
素敵なおまけももれなく付いてきてくれました。
おかげで私にとっては復習も兼ねた、非常に実りの多いひと時となってくれました。




※ちなみにWikipediaでの”家内制手工業”の定義はこちら(↓)。



*******

家内制手工業(かないせいしゅこうぎょう)は、工業の一形態。生産者(とその家族)は、生産に必要な資本を直接所有している。
実際の作業の中心は職人による「手仕事」であり、生産に道具が必要である場合も、その取り扱いに熟練を要するのが一般的である。

*******


e0070787_23501729.jpg



花のくす玉作りの何が楽しいかって、もうこれについては語り始めたらきりがないので省略しますが、
私が何よりもこれを作る際にこだわっていて、そして作っている最中にも最高に興奮する部分は、
上記写真の黄色の○の中をご覧頂けると分かりやすいと思いますが、
1つの花を作るのに5枚の折り紙を使用し、合計折り紙60枚を費やし全部で12色の花の部分を作り上げた後、
そのバラバラの花をまとめて丸いくす玉状に形を整える為に、
それぞれの花の花びらの先っぽにほんのちょっぴり糊をつけ(イコールそれぞれの花で合計5箇所に糊が使用されることになる)
別々の花の花びら3つ分を1つに繋げる様にそれぞれを貼り合わせ、
それを何度も繰り返しながら12個の花全部を立体的に組み立てていき、
最後にくす玉状になるように仕上げていく作業をしていかなくてはならないのですが、
この黄色の○の中の部分をいかにしてきっちりぴっちり美しく貼り合わせ、尚且つシャープに尖らせられるように形成することに、
私は至上の喜びと類稀なる達成感を感じるようになってしまいました(笑)!!!



それはある意味、この尖った部分の全てに、
2017年度の私の夏の青春の全てを注いだと言っても、
過言ではないかもしれません(笑)!!! 






しかしこの作業も、暗い室内で永遠と無言で1人でやっていたら、
どこに出しても恥ずかしくない究極の暗いヒキコモリ-ナに認定される事は不回避なので、←つーかもう遅いw





「この作業をちまちまと地道にこなしながらも、
同時に己を
゚*。☆キラキラ☆。*゚と輝かせるような
そんな都合のよい新しい何かを見つけることは可能だろうか。」





という何とも 図々しい 前向きな 目論見 期待 を胸に抱いて色々と模索した結果、
今年は花のくす玉作成の際にこちらにお世話になる事にしました。



e0070787_00042790.jpg




それは2010年に中国で製作された”三国志 Three Kingdoms”全話を観る事でした!!!



私は三国志が大好きで、毎年この季節になると、
横山光輝氏著の「三国志」の漫画を基本に、様々な媒体を使って三国志の世界にどっぷりはまっているのですが、
今年は上記作品を、音は中国語で聞き、内容は英語の字幕を使って理解をしつつ、
また上記のの花のくす玉作成をしながら、毎日少しづつ観ていきました。
いやもうこれは大変素晴らしいの一言で、私は今だにこの作品の世界観から離れる事ができない有様です!!! 
(↑)己をキラキラ輝かせるどころか実はオタクモード全開バリバリで自らギラギラと萌えまくっているちとアブナイ状態を作り出したとも言います(笑)。



ちなみにこの作品に出てくる役者さんたちは、皆さん誰もが超美形!!!で、
尚且つそれぞれの役にものすごく合っている上、
物語自体もシンプルで分かりやすく、また映像も非常に美しく仕上がっているので、



「こ・・・こんなに素晴らしい作品が、7年も前に作られていたなんて!!!
私はこの7年間、一体何をボケボケと過ごしていたんだー!!!」




と、自分の見過ごし振りを大変後悔したくらいです(苦笑)。




それでは最後に夏らしい短歌をば!



「本物の花火の代わりに花くす玉、
アーンド、三国志を見て目の保養♪ 
(≧▽≦)< それにつけても孔明先生大好き!(字余り)」




何はともあれ、2017年度の夏も、
楽しいインドアの趣味と共に静かに過ぎ去ろうとしています。
というか、早く秋になってくれないかな・・・。

[PR]

by japolska | 2017-08-01 09:50 | ハンドメイド | Comments(0)