じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 10日

一人ぼっちだった野良猫のトラちゃんに友達ができました

e0070787_23262591.jpg

去年の1月にこちらで(↓)、

http://japolska.exblog.jp/25227673/

埼玉の実家にやってくる野良猫のトラちゃんの話題をご紹介させて頂きましたが、
約1年振りの里帰り時にも、同じ場所で再び彼に逢うことができました。

久しぶりに見るトラちゃんのお姿は以前とそれ程変わらないように見えましたが、
今回決定的に違ったことは、いつも一匹狼(猫?)で行動していた彼に、
なんと一緒に餌を食べるお友達ができていたことでした。

母曰く、そのお友達が来るようになったのは去年の春くらいからで、
当初トラちゃんは時たま現れるようになった新猫に対して完全に敵認定をしていて、
「オレ様の縄張りに入ってくんな!」とばかりに、
餌場で相手を見かける度にかなりの勢いで追い返していたのですが、
割とごく最近少しづつ仲良くなってきたらしく、
今では餌場前でお互い頭をこすり付けたり一緒に餌を食べるようになった、とのことでした。

ただ、特に普段から一緒に行動しているような様子は見られず、
餌場にて積極的に頭をこすり付けてくるのは新猫の方だけらしいので、
新猫の粘り強さにトラちゃんが根負けして、
もうあるがままをそのまま受け入れた、という感じでしょうか。←よくある”あきらめの極地”ですね。

ちなみに余談ですが、母はもう一匹の猫に名前をつけておらず、
常に「もう一匹」とか「もう片方の猫」とか呼んでいます(笑)。
というのも、警戒心がトラちゃんより強くてすぐに逃げてしまう上、←なので上記写真が撮れたのは奇跡に近い。
お尻あたりの黒い模様のせいか、未だに性別が判断しかねており、
どんな名前をつけていいかどうか分からない模様です。
(個人的にはこの迫力ある顔からして雄ではないかと想像しております。)

何はともあれ、どんな形であっても、
”仲良き事は美しきかな”なので、
この2匹がこれからも仲良くまた幸せである事を願います。
[PR]

by japolska | 2018-01-10 09:24 | 日本 | Comments(0)


<< 海無し埼玉県で美味しい海の幸を...      面白かった本 6 塩川桐子氏著... >>