じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 28日

鶏・豚・牛・アメリカ野牛のミンチ肉を使って2種類のミートボールを作ってみたお話 購入編

e0070787_23033326.jpg


先日スーパーを2件はしごしたら、
(我が家的には)ちょっと質のいいミンチ肉各種が安く売られていたので購入してみました。


e0070787_23050973.jpg



その中に今回Bison(アメリカ野牛)というミンチ肉もありました。
個人的には野生のバッファロー的なものを想像してしまいましたが、
調べてみるとどうやら人間の手によって精肉用に養殖されているようです。
肉食文化のアメリカらしいユニークな食材だと思いました。


今回はこれらの鶏・豚・牛・アメリカ野牛の4種類のミンチ肉を使って、
和風/洋風の2種類のミートボールを作ってみました。
これらのミートボールを作るきっかけになった本や実際の調理の方法等は、
また後日ご紹介させて頂きます。

[PR]

by japolska | 2017-10-28 11:02 | 世界のテーブルから | Comments(2)
Commented by melocoton1 at 2017-10-28 16:52
こんにちは。
先日はコメントありがとうございました!

アメリカにお住まいなんですね。 
ハンドルネームから、ポーランドにお住まいだと勘違いしてました 笑。

Bisonのミンチってどんな味なのかちょっとワクワクです。

Commented by japolska at 2017-10-31 03:58
> melocoton1様

書き込みありがとうございます!

えー肝心のBisonのミンチの味ですが、色々な肉と混ぜてしまったので、残念ながらイマイチちょっと分かりませんでした・・・(涙)。
確かに事前にちょぴっとでも焼いて味見しておけばよかったです。次回は焼いて食べて報告します(笑)!


<< 木にひっかかった風船      はまっている漫画 桜井海先生著... >>