じゃポルスカ楽描帳

japolska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 07日

底値激安!卵Mサイズ(@$0.59)10ダース購入!消費方法その1

e0070787_23350279.jpg



スーパーへ立ち寄ったら、Mサイズの卵のパック(1箱12個入り)が、
私が今まで経験した中では最安値の@$0.59で売られていたので、
思わず売り場にあった全てのパックを購入してしまいました。
※消費期限が5日後に迫っていたための半見切り品としての値引きだった模様。




えー、相も変わらず、




「好みの食材が底値だと、店頭ある分全て購入しないと気が済まない」






という セコい病気 ハンターの習性 は 全く治っておりません で。





ちなみに今回の心の中の葛藤を絵に表わすとこんな感じでした(↓)。




e0070787_23551531.jpg




※ちなみに大抵、というか、殆ど、というか、ほぼ99%の確率で、
今のところ本能のド圧勝となっております。




はいそれでは気を取り直して、この合計120個の卵を、
我が家ではどのようにして消費していく予定か、
週末の私の卵との格闘ぶりと共に紹介させて頂きたいと思います。



e0070787_00011073.jpg



卵120個中、9ダースに相当する108個分は、
出汁巻き卵と薄焼き卵をに変身させました。
これは両方とも、上記写真のように小分けに作ってから、
それぞれラップにくるんで冷凍保存しておきます。



丸い形の出汁巻き卵は、大体1本で卵7個分くらいなので、
これを平日の5日間で、夕飯時に2人で少しづつ消費していけば、
1人平均@3.5個の消費になるので、これだと卵の取りすぎにはならないかな、と思っています。



薄焼き卵は、例えば、なんちゃってちらし寿司などを作った時に、
錦糸卵としてお寿司本体の上に細切りにして散らすと綺麗ですし、
ごはんにケチャップを合えて皿に盛り、その上に薄焼き卵を載せれば、
小さな簡易オムライスにもなるので結構便利です。



余談ですが一番最初の卵のパックの写真を撮ったのは、日曜日の朝の4時←行楽弁当でも作る気ですか?
そして全ての厚焼き卵と薄焼き卵を作り終えたのは、同日曜日の午前10時半でした。



あともう1パックの卵の消費ノルマが残っておりますが、
それはまた次回に紹介させて頂きます。

[PR]

by japolska | 2017-08-07 09:32 | 海外和食事情 | Comments(0)


<< 我が家の裏庭に来るウサギ(アメ...      アメリカで三升漬けを作る ”神... >>